考え方がコロコロ変わる迷惑な人。

公開日: : ミニマルライフ, 生き方と考え方

cebu-diary-06-2

長らくブログを続けていると、過去の記事にもコメントをいただくことがあります。先日も2014年に書いた記事への質問を頂戴しました。

40代独身女性の生き方、失うモノがない人生。

ありがたいことですね。

2014年。なんだか遠い昔のことのように感じるのは私だけでしょうか。

考え方がコロコロ変わる迷惑な人

ny_dt_34

ご質問内容は

だいぶ前になりますが、この時書かれていた記事、今現在、変化や考え直したことはありますか?

というもの。

個人ブログでの戯言とはいえ、一度世に放ってしまった言葉は発信者の揺るぎない意見であると認識されがちなインターネット社会。5年近くの歳月が流れれば、生き方も考え方も変わる可能性はあるよね。という前提での質問に思えて、勝手にやさしさを感じてしまいました。

これを機に改めて読み直してみたところ、まだブログを書き慣れておらず、芸風が定まってないなあとは思うものの、根本的な考え方は驚くほどに変わっていませんでした。

変化も成長もナシ、か。そう考えるとやや物悲しいですが、「身軽でいたい」は私にとって結構重要なファクターなのだなと改めて思った次第。

でも、全部が全部変わらないわけじゃないし、変わっちゃいけないとも思わない。考え方がコロコロ変わるのは迷惑とされるケースが多く、特に社内での

「上司の言うことがコロコロ変わって振り回されるのが迷惑だ」

という若手社員の嘆きはもはやデフォルト設定となっていますが、それはそれとして、人間の考え方や気分なんてカジュアルに変わるし、それで構わないと思っています。

不自由を受け入れてこそ、得られる幸せ

1812_kinugawa_19

最近になって守るべきものができた友人は、今まで感じたことのなかった自分の弱さに気付かされたという。

方向性の違いによる別れ、最後まで思い続ける尊さについて。

仕事中や外出中も猫のことが心配で常にお留守番カメラ映像をスマホでチェックしているし、猫がいなくなる系の創作物を見ると、いずれやってくるその日を想像して確実に泣いてしまうそうな。

別の友人はスタイリストという仕事柄、洋服やものに愛着がありすぎて捨てることができないらしい。単純にものが増えて困るし、執着しているみたいでイヤだというけれど、全方位に薄情な私から見ればそれもなんとなく、愛。

モノがなく、愛もない部屋で。

あんたも犬飼えば?好きなんでしょ?と言われるけれど、自由至上主義の私にはまだその覚悟がない。

自分じゃ何もできない小さな家族のせいで気軽に家を空けられなくなったり、ものが増えすぎて部屋が狭くなったり。そんな「不自由を受け入れてこそ得られる幸せ」がこの世にあることも私は知っているけれど、冒頭の記事を書いてから5年が経過しようとしている今でも、やはり身軽さ重視で生きているのです。

この考えが永遠に変わらないかどうかなんて、今でも全然わからないけれど。

 




関連記事

お手入れ上手になりたくて。

前回熱を出したのははていつのことだったかしら、と考えてみても思い出せない。 何において

記事を読む

MacBook Air '11

Macbook Air 11インチに買い換えて1年が経過した。

気付けばパソコンを新調してから1年が経過していました。 関連 MacBook Air

記事を読む

今では全く共感できないSATC。

懐かしのドラマ「SEX and the CITY」がプライムに来ていたので思わず全話見直して

記事を読む

今日捨てたもの 11/3 大人買いの学び。

お久しぶりの捨て記事です。 基本的に手放したもの、新たに入手したものに関しては自分の備忘録

記事を読む

2018年、買ってよかったものベスト3。

年始恒例、買ってよかったものベスト3、いきましょう。 開始当初は「買った」よりも「捨て

記事を読む

いつもの服でつくるこなれた感じのコーディネイト。

By: francois karm[/caption] 今回の旅は旅用の新しいアイテムを増や

記事を読む

メイクはするのに、白髪は染めない理由。

人に会う機会が激減してから早1ヶ月。気付けば白髪がどっと増えていました。 突然強いられたおこもり生

記事を読む

生活系YouTuberおじさん、おばさんに思うこと。

天気がイマイチよくないし、特に出かける用事もない。で、1日中ゴロゴロだらだらと過ごしていた

記事を読む

フィンランド映画 「365日のシンプルライフ」に興味あり。

これ、観に行こう。 ヘルシンキ在住・26歳のペトリは、彼女にフラれたことをきっかけに、モノ

記事を読む

2019年、買ってよかったものベスト3。

年明けには前年の買い物を振り返り「1年間で買ってよかったものベスト3」を選定しています。

記事を読む

Comment

  1. meme より:

    そう、インターネットに残っている、すごーく古い発言を見つけてきて「言ってることが違う。ダブルスタンダードだー!」なんて避難しているのを見かけたりすると、そりゃないよねえ、と思います。crispy-lifeさんが今回書かれた例もそうだと思いますが、基幹となるところは案外変わらないかもしれませんね。でも、それ以外の部分は変わるのがふつうかな~と。時間の流れや環境の変化とかに逆らって、頑なに変わるまいとするほうが、むしろヤバい気もしたり(しなかったり)。
    ていうか、古い友達には過去の痛発言を握られているので頭があがりません。もうあんなこと言わないから勘弁してくれ~という気持ちがほとばしり出て、コメントしてみました。
    ところで、インターネット上の記事って掲載日時が分からないものがわりと多くて、その辺、なんとかならないものかしらと思うことがあるんですよね。相反する内容の記事、どっちが新説なんだろう?と困ること多し。その点、ブログはいいですね!日付ばっちり。

    • crispy-life より:

      memeさん

      >古い友達には過去の痛発言を握られているので頭があがりません。

      !!

      私、ブログ読者さんに思いっきり痛発言握られてる…! 今はまだかろうじて覚えてますが、この先も書き続けたらおそらく初期の記事内容は忘れていくだろうし、ああ恥ずかしい。

      いや、大丈夫。考え方コロコロ変わりますって公言しちゃったもんね(開き直り)

  2. meme より:

    ×避難⇒◎非難(すみません)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑