痛いおばさんファッションのすすめ。

公開日: : 最終更新日:2016/11/29 ファッション




夏至上主義なもので寒いのは勘弁なのですが、ここのところ冬ものをあれこれ試すのが結構楽しいです。

あれこれ、と言っても新しいアイテムをたくさん買っちゃったから毎日が新しいコーデ(ハート)みたいな煌びやかなお話ではなく、相変わらず手持ちアイテム総動員であります。

関連 洋服が少なくなると、コーディネイトはもっと真剣になる。

でも、なんとなく40代ファッション迷子問題は収束に向かっているんじゃないかなと思えてきた今日この頃。

そのきっかけはコスプレでした。

客観的な目線が抜け落ちる

何年も箱に寝かせたままじっくり醸造させたブーツをようやく履いたのは先月のこと。

関連 40代の痛いファッション。

最近こういう合わせ方してなかったしどうなんだろうかでもハロウィン時期だからいっそコスプレと思えばいいやととんでもない理由をこしらえて街へ飛び出した(大げさ)秋の週末。これが大外しでもなく存外楽しかったのでありました。

いや、しりませんよ。自分自身があまり違和感なく楽しかっただけで、側から見ればとんでもない格好なのかもしれませんよ。おばさんは客観的な目線が抜け落ちるからこそおばさんなんだよと言われたら異論は全くありません。

が、もういいや、と。冠婚葬祭とかビジネスのマナーは別として40代の大人の女性の装いはかくあるべきとか、なんかそういうのどうでもいいかと。大体さ、40代ともなればこうしなきゃとか考えるんだったら服よりまず人生どうにかしろよっていう、ね。

もちろん若い頃と全く同じスタイルで行くつもりはないしそれが似合う訳もないしマイナーチェンジは必須。

関連 去年の自分はもういない

変わり続ける自分に合うコーディネートを考えるのは必要なんだけれど、それでも好きな服を好きなように着られる自己中な自分でいたいと考えたのでした。

痛いおばさんファッションのすすめ

ファーベストコーデ

おしゃれは自由。服やメイクなんて自分の好きにすればよし。

そんなことは誰だってわかっているのにそれでも悩んでしまうのは自分自身が街行く人のファッションやメイクをそれなりに厳しくチェックしているからなのか。カーラー+VO5でアーチ状に固められた前髪の女性を見ればなぜ2016年の今黄砂に吹かれたのかと疑問を持ち、ブーツカットに厚底ヒールの腰高スタイリング細眉女性に出会えばすかさずHey Yo!Just Chase the Chance。そしてハッと我に返り、もしや私もどこかに同じテイストが…?と不安になる。

なんか、嫌だねえ。

まあこれはさすがに極端な例だとしても、好きなように生きればいいのよ派の自分も人のファッションを意地悪にチェックしているという悲しい事実。

やれやれ。

理想と現実に大きな矛盾があるけど今更妙にいい子ぶるのもアレなのでそれなりに長く生きていればしょうもない知識が蓄積される分意地悪もまた仕方なし。と、ここは自分の性格の悪さを認めるとしてともかく、40代の女性のあるべき姿云々より自分のことだけ考える自己中でいようと妙に吹っ切れたのは先日のコスプレのおかげ、なのでした。

40代女性のファッション

というわけで細かいことあれこれ考えないで好きな服を着て出かけてみるプレイ、一度みなさんもいかがですか?楽しければその方針続行でいいし、いやーこれはもうちょっと無理だわ、と感じたら次のステップってことで。

関連 何を着ても似合わない 持ってる服を全部捨てる?

 




関連記事

付かず離れず、程よくヒールと付き合いたい。

背があまり高くないこと、デザイン的にかかとのある靴が好きなこと、何よりスタイリングのバランス

記事を読む

アンドゥメルメステールブーツ

秋のファッション計画 2015。

By: Derek Key[/caption] 健康関係に引き続き、ファッションに関するこの

記事を読む

洋服が少なくて本当によかったと思った話。

年末年始の帰省も例の鞄を使いました。 リュックサックしょって街に出ない。 抜群の

記事を読む

広がったデニムのダメージ加工を修理してみた。

プライベートではデニム着用率がかなり高いです。 当然、よく使う分だけ痛みも早くなるので

記事を読む

帽子はいくつ必要か。

帽子が欲しいです。 と、書き出して考える。以前は毎日のように帽子を着用していたけれど、

記事を読む

最小限の洋服で身軽におしゃれ、旅の持ち物リスト。

重いものを持つのがとにかくキライな私。旅の荷物はできるだけ少なく、軽く、コンパクトにまとめた

記事を読む

ブランド靴、新品未使用・箱アリの査定額、買取相場はおいくら?

By: Joe Shlabotnik[/caption] この秋冬ファッションのメインテーマ

記事を読む

靴とパンツの理想的なバランス、春はまだか。

ここ5年ほどで消耗速度がかなり早まっている。そう感じるのは、以前は定期的に買い換える習慣がな

記事を読む

服を減らし始めたファッショニスタたち。

  先日友人がSNSにUPしたポストに少々驚きました。 「今年こそはモ

記事を読む

黒シャツのコーディネイト 大人買いと褪せた色。

By: Fred Benenson[/caption] 洋服の定番カラー、黒。困った時の黒。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

砂肝とわけぎの炒めもの、三つ葉ときのこのおひたし献立。
砂肝とわけぎの炒めもの、三つ葉ときのこのおひたし献立。

砂肝って、冷凍できるんですね。 まあ、普通に考えたら肉だし、鶏だ

枝垂れ桜
これが最後の仕事になると思います。

早朝いつものカフェに行くと、さすがに営業時間短縮とのことで、閉まって

大事に扱われるのが、やたらうれしい。

少し前のことになりますが、初めてUberEatsを利用してみました。

自覚なき疲れを軽視しないで。

奥さん、4月です。 早くに桜も咲いたというのに、浮かれて花見もで

ミニマリスト主婦の冷蔵庫
持たない暮らしの備蓄。黒くて大きいあれがある。

日頃からストックを持たない人間にはなかなか難しい状態となってまいり

→もっと見る

PAGE TOP ↑