ヤーコンつくねおろし添え、キャベツとえのきのわさび和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること




ヤーコンつくねおろし添え

ヤーコンメニュー第二弾です。

ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

きんぴらもいいけど、このシャクシャク感は、ひき肉料理のアクセントに使うのがよいのではと考えました。

合挽きでハンバーグ、豚ミンチで肉団子もよさそうだけれど今日はつくね。鶏ももひき肉のつくねをさっぱりポン酢でいただきます。

ヤーコンつくねおろし添え、キャベツとえのきのわさび和え献立

ヤーコンつくねおろし添え、キャベツとえのきのわさび和え献立

  • 菜の花の味噌汁
  • 奈良漬
  • キャベツとえのきのわさび和え
  • ヤーコンつくねおろし添え

菜の花の味噌汁

菜の花の味噌汁

昆布と鰹節でとった出汁であらかじめゆでておいたたっぷりの菜の花と油揚げを煮て、味噌を溶きいれます。

奈良漬

本日の漬ものは、奈良漬。

キャベツとえのきのわさび和え

キャベツとえのきのわさび和え

ゆでたキャベツとえのきをざく切りにして、塩、わさび、ごま油で和えたもの。

ヤーコンつくね おろし添え

ヤーコンつくね

鶏ももひき肉に塩、胡椒、しょうゆ、酒、味噌、片栗粉を加えてまぜ、みじん切りにして水にさらしておいたヤーコンの水を切って加えます。小判形に形成して油をひいたフライパンで両面焼いたらうつわに盛り、大根おろしと千切りの大葉を添えてポン酢でいただきます。

今日はたっぷりの大根おろしを添えたのでポン酢を追加しましたが、下味がついているのでこのままでも食べられます。れんこんつくねよりもシャクシャク感がやわらかめ、さらに果実のような甘味も加わるので、子供ウケも良さそうです。私はもちろん、酒のつまみといたしました。

日本酒にあうおつまみレシピ

材料を刻んで、こねて、成形する。この手順がなんだか億劫なひき肉料理に全然手を出さない時期もあったのですが、食べるとやっぱり旨いな、こねた甲斐があったなと思うのです。

とはいえ、こねないで済むならそれはそれでありがたい。ちょっと肉っ気が欲しい炒めものに加えるやり口もいいですね。

エンサイとひき肉の炒めもの、なすと島オクラの焼きびたし献立。

あとは、ゆでてサラダに入れたり、オムレツにまとめるってのもいいやり口。

ヤムウンセン、ひき肉とトマトの卵炒め献立。

こうして振り返ってみると、なんだかんだ使ってますね、ひき肉。これからも引き続きお世話になることでしょう。

最低限の調味料8つ。




関連記事

ねぎと揚げの味噌炒め

ねぎと油揚げの味噌炒め、ぬか漬けとしらすのおろし和え献立。

家にあるものだけで完成する「飲めるつまみ」って、案外多い。 近頃の地味献立連打で益々そ

記事を読む

カヴァで家飲み 白菜ステーキ、アボカドのグラタン。

そろそろ冷やすかな。 1本だけ残っていたカヴァを夕方頃にそっと冷蔵庫にオン。冷たい泡で

記事を読む

油揚げと葱のしょうが炒め

家飲み献立 2/3 春雨入り白菜とツナのあっさり煮、油揚げと葱のしょうが炒め。

  2月3日は節分でしたね。 帰りにいつものスーパーに寄ってびっくり。

記事を読む

きのこ鍋で晩酌。

寒ッ! なにこれ、すっかり春気分だったのにこの裏切り者! と悪態をつきたくもなる

記事を読む

蒸し鶏となすのサラダ

蒸し鶏となすのサラダ、焼きピーマン献立。

便宜上、蒸し鶏となすのサラダとしましたが、なすも蒸しています。さらに、なすとほぼ同量のトマト

記事を読む

一鶴(いっかく)で骨付鳥にかぶりつく 高松弾丸日帰りの旅 その4。

日帰りの旅に関わらずなぜか長々と書いてしまった高松旅行記。 関連 神戸からジャンボフェ

記事を読む

佐賀の酒 天吹

佐賀の酒 天吹 純米吟醸 ひまわり 生で晩酌、いわしの梅蒲焼き。

こんにちは九州、どうぞよろしくお願いします。 牛歩に次ぐ牛歩でのろのろと駒を進めてきた

記事を読む

蒸し鶏とタアサイの柚子胡椒おひたし、新玉ねぎの卵炒めで晩酌。

たのしいたのしい休肝日明けの火曜日。 ふと過去記事をチェックしてみると、休肝日システム導入

記事を読む

焼きかぶ、蒸し鶏と青菜のわさび和え献立

焼きかぶ、蒸し鶏と三つ葉のわさび和え献立。

見かけたらついつい買ってしまうのだけれど、大ぶりのものが2つ3つあると思いの外持て余してしま

記事を読む

福井の酒 一乃谷 山廃仕込特別純米酒

福井の酒 一乃谷 山廃仕込特別純米酒で晩酌 きのこあんかけ豆腐、青菜炒め。

北陸地方コンプリート! 北海道、東北、関東、甲信越、北陸、と来ましたよ。 関連

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
残酷な真実と、壁の血のり。

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだとい

マスクを外す、その日が怖い。

「オンラインミーティングなのに、マスクつけてる女の子いるよね、あれ、

もうどうでもいいわという投げやりな態度で。

奥さん、6月です。そろそろ開いてる店も増えてきたので、修理に出すタ

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

→もっと見る

PAGE TOP ↑