もつ鍋もどき鍋で家飲み。

公開日: : 最終更新日:2017/07/02 家飯, 食べること ,

もつ鍋もどき鍋

寒い。

2016年の夏は始まったばかりなのに早くも終焉を迎えつつあるようなこの寒さ。

いや、寒いは言い過ぎなのだけど、表がそんなに暑くないのに店内とか車内が通常の夏モード温度になっていることが多くて凍える。

というわけで鍋を投入します。夏の鍋、いいねえ。



もつ鍋もどき鍋で晩酌

もつ鍋もどき鍋

  • ぬか漬け
  • 油揚げの甘辛煮
  • もつ鍋風豚鍋

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは茄子、キャベツ、にんじん、オクラ。豆腐と合わせようかと思っていたのだけどよくよく考えれば油揚げが残っていたわ、ということでそのままポリポリ。

油揚げの甘辛煮

油揚げの甘辛煮

こちらは先日の残り物。うどんにでもしようかなと思っていたのだけど結局つまみになる。今日は柚子胡椒を添えて。

もつ鍋風豚鍋

もつ鍋風豚鍋

肝心のモツ類は入ってないけどモツ鍋の出汁っぽい味付けのもどき鍋。もちろんこのスープで正規のモツ鍋にしてもOKです。昆布出汁と鶏ガラスープを合わせて酒、塩、みりん、しょうゆ、にんにくスライス、唐辛子で調味したスープで豚肉、キャベツ、もやし、ニラ、春雨を順に入れて煮ます。唐辛子の量で辛さ調節可能、今回は思いがけず辛くなりました。

いつにも増して写真が雑なのは早く食べたくてソワソワしている証です。

夏の鍋、というと辛い鍋を冷房のきいた部屋でハフハフやるイメージですが、夜はあまりにも涼しかったので冷房いらず。結構辛口にしたのでビールが進んでしまいます。いかんですな。

鍋にしたのは寒いから、でもあるけどキャベツ消費のためでもあって。キャベツだけの鍋にするつもりがにんにくも1カケだけ残っていたのでもつ鍋もどき鍋になったのでした。

これでめでたく冷蔵庫はキレイに空っぽに。めでたしめでたし。

さて、いつもならば家を空ける時は冷蔵庫の電源を落としてしまうのだけど、今回はぬか床があるのでどうしようかなと思案中。

いや、そもそもぬか床って冷蔵庫に入れるものじゃないので常温で置いておけばいいんだけどそうなると日々混ぜなきゃいけなくなるしなあ。共用の大きな冷蔵庫に入れていくという手もあるけど、匂いが気になるかななんて細かいことを考えたりもして。

いずれにしてもしばらく放置してしまうのでしっかり水分を抜いておくことにします。戻ってくるまで無事でいてくれればいいのですが。

というわけでこれにて家飲みライフともしばしのお別れであります。

 




関連記事

蕪と塩豚のしょうが煮

晩酌メニュー 蕪と塩豚のしょうが煮、セロリとザーサイ奴。

予定通りの温かいもの。 そして蕪祭り。 ビジュアルがなんだか真冬の食卓、熱燗での

記事を読む

梅納豆おろしうどん

休肝日のメニュー 梅納豆おろしうどん。

休肝日、とか言ってますが、休ませたいのは肝臓じゃなくて腰。ぎっくり腰のおかげで久しぶりに4日

記事を読む

141115d2

家飲み献立 鶏すき。

目論見どおり白菜の外葉を干せて満足の土曜日。 天気のいい日に野菜がカラッと干しあがった

記事を読む

肉じゃが献立

はちみつ肉じゃが、生白菜の梅おかか和え献立。

先日塩味ポテトサラダにした赤いじゃがいも。 豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風、ねぎ油風味

記事を読む

141006d2

家飲み献立 10/6 さんまのワイン蒸しワタソース。

台風一過。 午後にはカラッと晴れた東京ですが、夜にはまた風が強くなりました。 明日は

記事を読む

きつね納豆献立

きつね納豆、大根と豆苗のしょうがスープ献立。

本体ニューヨーク満喫中につき連日晩酌記事にて失礼します。 今回の旅の食関連に関してもま

記事を読む

181022_ienomi_1

埼玉の酒 帝松 社長の酒 吟醸酒で晩酌 秋刀魚の梅昆布蒸し。

先日埼玉・川越へ出かけておりまして、自分土産に日本酒を購入してまいりました。 蔵造りの

記事を読む

新橋ときそば

食の好みが合わない人こそ大切だという話。

とりあえずパフェを食べようという近年稀に見る提案に面食らいながらも、おとなしく受け入れる。し

記事を読む

豚肉とごぼうの柳川

豚肉とごぼうの柳川風、かぼちゃとわかめの味噌汁献立。

ごぼうって、面倒な野菜だと思っていました。 他の野菜と比較すれば一目瞭然、相当量の泥が

記事を読む

肉じゃが

肉じゃが、青梗菜のオイル蒸し。

いい天気だし昼酒しに出掛けようかな、と考えていた日曜日。 ならばどこへ向かおうか、とあ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

chiangmai16
友達はみんなお金持ちだから、何もよろこんでくれない。

わかりやすい酒瓶を担いで友人の誕生日を祝いに行く。 「わ

煎り焼き豆腐献立
煎り焼き豆腐、春菊の酒粕味噌汁献立。

魚類つまみの登場頻度が落ちている気がする今日この頃。 最

NY_upsndmid_16
ハラハラする質問力。

酒を飲みながら、スーパースターの引退会見を眺める深夜。結構長い

カリッとした毎日。白湯。
足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒が

里芋のねぎ油炒め
里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさ

→もっと見る

PAGE TOP ↑