生ハムとマッシュルームのバケットグラタン、ナッツサラダで白ワイン。

公開日: : 家飯, 食べること ,

バケットグラタンとサラダ

グラタンとサラダでワイン。

となれば当然グラタンがメインのように見えるけれど本日に限っては、気持ちの上では、サラダがメイン。

サラダを山盛り食べたくて、そのサポートにグラタン焼いた、くらいの感覚。

よって、グラタンの中身は余っていたバケットというジャンクさです。残り物一掃セールです。

生ハムとマッシュルームのバケットグラタン、ナッツサラダで白ワイン

生ハムとマッシュルームのバケットグラタン、ナッツサラダで白ワイン

  • ナッツ入りサラダ
  • 生ハムとマッシュルームのバケットグラタン

ナッツサラダ

ナッツサラダ

千切りにしたにんじんと紫大根、同じ長さに切りそろえた水菜を水にさらします。オリーブオイル、レモン汁、塩、胡椒、ツナをあわせたドレッシングで水をよく切った野菜を和え、最後に刻んだ素焼きアーモンドとくるみ、粉チーズを合わせたら完成。

生ハムとマッシュルームのバケットグラタン

生ハムとマッシュルームのバケットグラタン

薄切りの玉ねぎをオリーブオイルで炒めたら、薄切りにしたマッシュルームを加え塩、胡椒してさらに炒めます。全体にしんなりしたら豆乳を加えて軽く煮詰め、一口大に切ったバケットを敷いたグラタン皿に流し入れチーズをのせてオーブンへ。焦げ目がついたら生ハムをちぎってのせて完成。

使用したのは以前ワインのつまみにしようと買っておいて結局食べずに冷凍庫行きとなっていたガーリックフィセル。芋か魚か肉か、とグラタンの土台(?)を考えていて、ああ、あれ入れるか、となったのでした。ちなみに生ハムもちょろっとだけ残っていたのを流用。塩気、塩気、塩気、そしてワイン。あかんやつ、悪魔のささやき。

ワインを飲む日のおつまみ

そうなんです。今日のメインはサラダなんです。

これまたうまい具合に赤、紫、緑の野菜が余っていたのでこれらを慎重に刻んで、シャクシャクお野菜にカリッとフィルインしてくる瞬間が楽しいナッツを多めに配合。シンプルすぎるドレッシングにツナとチーズでコクプラス、という、絶対的に好きなパターンのサラダを、山盛り食べる。それが本日のテーマなのでした。

野菜を刻む。この工程をクリアできれば辿り着けるお野菜天国。大根と水菜はいいとして、固いにんじんを細く刻むのは正直面倒なのだけど、この手のサラダにはやっぱり千切りがいいのでたまには頑張りましょう、という気持ちで挑みました。

しっかりこってり悪魔グラタン焼いておいてアレですが、サラダだけで白ワインと十分戦えたかな、という気持ちがしないでもない。

山盛り食べるといいつつ頃合いのうつわがないものでちんまりと盛りつけてはおりますが、ちゃんとおかわりしましたからね。大丈夫、ご心配には及びません。

 




関連記事

ピーマンの卵炒め

ピーマンの卵炒め、つるむらさきのおひたし献立。

ピーマンって妙な形状の野菜だから、どこからどう手出しするか結構迷いますね。 丸ごと食べ

記事を読む

じゃがいもカルボナーラ

じゃがいものカルボナーラ、ピミエント・デ・パドロンで白ワイン。

一人暮らしで手軽に食事を済ませたい時の筆頭メニューはパスタ。 パスタ、なんですが。

記事を読む

だし巻き染おろし、分葱と揚げのぬた 家飲みおつまみ。

キャベツがあるから今日は魚と一緒に蒸すか。 そう考えて魚に強い店に意気揚々と向かうも残

記事を読む

塩漬け手羽焼き、水出し煮干し出汁のわかめ煮で晩酌。

とても好きな和食の店があるのですが、住まいから遠いので近頃はなかなか行けていません。

記事を読む

家飲み献立 11/17 すき煮、キャベツの生姜蒸し、そして一升瓶。

さて、突然ですが、久しぶりに一升瓶を買いました。 わーい。 いやあ、酒飲みとしては、

記事を読む

砂肝の葱ダレ和え

家飲み献立 2/4 砂肝の葱ダレ和え、三つ葉のサラダ。

昨夜見るぞ!と宣言していた満月ですが、残念ながら見れませんでした。 うぅ。 曇り

記事を読む

晩酌 おつまみ 秋刀魚の生姜蒸し、焼きレンコン。

この秋秋刀魚も3匹目。 日本人が食べる秋刀魚の量は平均すると3匹程度らしいのですが、あれ?な

記事を読む

にらと豚のしょうが炒め

にらと豚のしょうが炒め、きのこスープ献立。

素材の切り方によって、出来上がりの料理は味わいも食感も変わってくる。 ピーマンの塩炒め

記事を読む

砂糖なし肉じゃが

砂糖なし肉じゃが、ほうれん草とトマトのからし和えで晩酌。

ガーッと煮てカジュアルに煮崩れた甘い肉じゃがは大好きです。 が、その昔とある和食の店で

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエで赤ワイン。

もうそろそろ本格的に春がやってくるけれど、そういやこの冬食べてなかったな。 とふと思い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑