あまりにも充実したおこもり生活。

公開日: : これからの働きかた




初めての在宅勤務に、戸惑っている。そんな人も多いのではないでしょうか。

急遽フルリモートに切り替えた取引先の方々などの様子を伺っていると、何かしら問題が生じているようで、しかしそれぞれに意見が違っていて面白いです。

いや、面白がるような状況ではないのは百も承知ですけども、普段同じ仕事をしていて、同じ時に、同じ変化を強いられた人たちでも、それぞれの生活が異なれば感想が違うのは当然なのだなと改めて感じた次第。

それぞれがそれぞれの方法で工夫しながら、なんとかやっているのだ。

案外しんどい在宅仕事

ちょこちょこ話を聞いていて最も多いのは「ずっと家にいるのが思った以上にしんどい」という意見。特に平時はアクティブに動きまくり、人に会いまくる営業的な仕事をしている人や社交的な人は、動けないこと自体にストレスを感じているようです。

また、家族がいる、特に小さなお子さんがいる方は、家では全然仕事に集中できない、子供の世話をしながら仕事もこなすのはもう無理、という声も。自分専用の仕事部屋がない場合も多いし、家族だって、家に仕事を持ち込まれることに慣れていない。これは確かに大変でしょう。

満員電車乗りたくないし、パソコンさえあれば家で仕事できるんだから、自分もリモート勤務してみたいな〜と、在宅勤務に肯定的だった人でさえ、実際に経験してみると思ったほどいいものじゃなかった、会社に行きたい、となるケースもあるようです。

確かに、そもそも仕事をすることを想定していない自宅は勝手が違いすぎて、普段オフィスで行なっている通常業務をこなすのは難しい。デスクがない、椅子がない、ネット環境も整っていない、さてどうすれば。みたいなところからスタートするのは結構大変ですからね。

あまりにも充実したおこもり生活

そんな中、異なる意見も。

まず通勤にかかる時間がなくなり、普段オフィスにいる時に発生する雑務、例えば誰かに呼び止められるとか、電話に出るとか、ちょっとした会議とか、そういうものがなくなって、自由に使える時間が増えたのがめっちゃうれしい。平日に掃除洗濯などの家事ができるの素晴らしいし、何より普段は面倒で一切やらなかった自炊ができて健康的かつ経済的。睡眠時間も増えて、すごく充実しています、楽しいです!

などと別に聞いてもないのにウッキウキの連絡をしてくるところからしてよろこびに満ち溢れており微笑ましい。

この人がたまたま環境の変化を面白がる、あんまり孤独感を感じないタイプであることも要因だけれど、自宅は帰って寝るだけの場所、みたいな仕事中心の生活をしている一人暮らしの若い人は、自分の暮らしに目を向ける行為すら新鮮に感じるのかもしれません。

一人暮らしの休日、10連休の憂鬱。

なんにせよ、全然ありがたくないこの出来事をきっかけに、考え方、暮らし方、働き方を大きく変える人、変えざるを得ない人が多数出てくるのでしょう。事態が落ち着いたらすっかり元に戻る、ということは、多分ない。

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図

さて、わたくしはといえば、幸いなことに暮らしぶりはあまり変わっていません。

もともと自宅やカフェなどで仕事をするスタイルだったので、改めてワークスペースを整える必要もなく、不自由も特になし。強いて言えば、オンラインミーティングに慣れなくて困ったな、くらいでしょうか。

フリーランス、はじめてのオンライン新規営業。

しゃべり云々以前の問題として、モニターに映る自分の顔にギョッとする。別に私の顔がどうなっていようが仕事にはまったく影響はないし、相手方も当然気にしちゃいないのだけれど、自分の顔が悍ましいのは、嫌なもんだねえ。相変わらず、人に会わない生活でも、化粧はしてるのにねえ。

ノーメイクは、やめました。

暮らしぶりは変わらないといいつつ、仕事自体はストップしたり延期になったりしているので影響はゼロではないけれど、まあ、それはこの際仕方ない。どうにかするしかあるまいて、どうせ不安定な人生だと観念して踊っています。ホイホイ。




関連記事

活動時間を増やす 自分に最適な睡眠時間を知る方法。

お勤めもしていないくせに時間が足りない問題を抱えておりましたが、解決しました。 関連

記事を読む

休みの日に連絡しても絶対に反応しない後輩。

たのしいたのしい年末年始休暇も終了し、世間はすっかり通常モードに戻りましたね。もちろん私も戻

記事を読む

自分のスケールを悟る頃。

先日久しぶりの友人と食事をしました。 久しぶりって、3年ぶりとかそれ位。 お互い

記事を読む

ブログというツールの可能性と発展。

奥さん、師走です。 寒いのが苦手なので冬場は日本を脱走してどこか暖かい場所で過ごしたい

記事を読む

放置するか、克服するか、それとも。

最近なぜか就職、転職に関する相談を受けることが増えました。 わたくし、その昔採用業務に

記事を読む

50代で起業、異業種への転身。

そういえば、あの人は今どうしているのだろう。 ふとそんなことが頭を過って名前を検索して

記事を読む

お金のためだけに働いて悪いか。

お金のためだけに働く。 個人的にはその行為が悪いことだとはとんと思いません。もちろん、

記事を読む

散らかった部屋に隠された真実。

仕事の書類整理と保管方法を変えたいと考えていました。 関連 ごっそり捨てて、お金まわり

記事を読む

お金の「見えない不安」を取り除くには。

感情の見える化にはまんまと失敗しましたが、家計の見える化は、なぜか継続しています。 人生初の「

記事を読む

会社員の立場のままで、自由に生きられる時代の恐怖。

世は大副業時代。いや、「複業」時代。 社員が副業に取り組むことを認める企業が増えたため

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
残酷な真実と、壁の血のり。

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだとい

マスクを外す、その日が怖い。

「オンラインミーティングなのに、マスクつけてる女の子いるよね、あれ、

もうどうでもいいわという投げやりな態度で。

奥さん、6月です。そろそろ開いてる店も増えてきたので、修理に出すタ

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

→もっと見る

PAGE TOP ↑