エンサイとひき肉の炒めもの、なすと島オクラの焼きびたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

エンサイの炒め献立

エンサイってなんじゃらほい。

馴染みのない青菜だけれど、その姿形はよく知っている。調べてみるとやはり、空芯菜、あさがお菜、ヨウサイと呼ばれている茎が空洞になっているタイプのアレでした。地域によって呼び方が異なるんですかね。

カレイの煮付け、空芯菜のおひたしで晩酌。

沖縄でよく栽培されているというからてっきりエンサイが沖縄での通り名かと思ったら、沖縄ではウンチェーバーとかウンチェーと呼ばれているらしいです。難しい。

エンサイとひき肉の炒めもの、なすと島オクラの焼きびたし献立

エンサイの塩炒め献立

  • 大根の味噌汁
  • ぬか漬け
  • かぼちゃの塩煮
  • なすと島オクラの焼きびたし
  • エンサイとひき肉の炒めもの

大根の味噌汁

大根の味噌汁

大きめに切った大根とねぎの味噌汁。出汁は珍しくティーバッグタイプの出汁。

ぬか漬け

ぬか漬け

切れ端ばかりでコロコロしている本日のぬか漬けはにんじん、セロリ、ピーマン。

かぼちゃの塩煮

かぼちゃの塩煮

種を取って一口大に切ったかぼちゃを鍋に入れ塩をまぶしてしばらくおいたら弱火にかけて、蒸し煮に。水分が出なくて焦げ付くようなら少量の水を足すべし。

なすと島オクラの焼きびたし

なすと島オクラの焼きびたし

食べやすいように細かく切れ目を入れたなすと島オクラに油をまとわせてフライパンで焼きます。焼けたら鍋で温めた出汁にドボンとつけてさっと煮てそのまま冷まし、うつわに盛っておろししょうがを添えます。

エンサイとひき肉の炒めもの

エンサイとひき肉炒め

フライパンに油をひき豚ひき肉と唐辛子を炒め、塩、胡椒で味付けします。肉の色が変わったらエンサイの茎部分、葉部分を時間差で投入し炒め合わせ、最後にしょうゆをざっとまわしかけたら完成。

夏野菜の焼きびたしに、辛味のきいた青菜の炒めもの。これはビールを添えるしかありませんね。

ビールのおつまみ

いつもは狂ったように煮干しを煮出している私ですが、本日はめずらしくパック出汁を使いました。以前店頭でもらったお試しパックがあったのを思い出してチェックしてみたら、賞味期限が迫っていたのでね。こりゃ使わなきゃもったいないなと思いましてね。

張り切って煮出してみてビックリ。こういうティーバック型の出汁パックって、最初から味ついてたっけ?一切の味付け不要だったけ??

夏野菜の焼き浸し献立

思いの他しっかり塩味があったので、焼きびたしに使ったのは出汁パックを煮出しただけのもの。調味料は一切加えず。というか、必要ない。

改めて表示を見返してみると、やっぱり塩とか砂糖とかしょうゆなんかも予め入っておりました。ヒャー、便利だねえ。

ってことはこれ、味噌汁には使えないなあと思ったんだけど、パッケージの調理例には味噌汁もしっかりあがっている。結局焼きびたしも味噌汁も出汁パックで作ったら、なんというか美味しすぎました。

普段自分の無骨な味付けに慣れきっている我が舌には洗練されすぎていてやや座りが悪いというか、悪く言えば出来合いの惣菜っぽい味。よく言えばバランスの取れた味。

いやあ、慣れって怖いですね。美味しいものを美味しすぎると感じてしまうなんて、なんだか不憫ですらあります。以前茅乃舎だしを使ってたこともあったけれど、あれもこんな感じだったかなあ。

全部同じ味付けになってしまうのが苦手、そして一人では賞味期限内に使い切れないので、出汁パックとかめんつゆ、ドレッシング、なんちゃらのタレとか素の類はあまり使わないのだけれど、やっぱりこういうのって便利は便利。

要領が悪い人の料理。

好みの味が見つかったら、上手に取り入れるのもまたひとつの方法だと思います。そもそも私、手作り大正義派でもないのでね。

 




関連記事

マイ流行語大賞 2018。

先日、今年の新語・流行語大賞ノミネート語の発表がありました。 新語・流行語大賞ノミネー

記事を読む

凍り豆腐と手羽先の煮もの

凍り豆腐と手羽先の煮もの、トマトとわかめのナムル献立。

凍り豆腐といえば乾燥状態で売られているアレがポピュラーですね。 きめ細かいしっとりした

記事を読む

炊飯器はいるのかいらないのか

そのままでいいのに、手を入れるからダメになる。

白ご飯の旨さは冷めていた方がよくわかるものであり、炊きたてこそが美味いというのはむしろ思い込

記事を読む

塩手羽大根

晩酌献立 塩手羽大根、せりと柿の木茸のおひたし。

たのしいたのしい火曜の夜。 いやあ、休肝日明けはなんかこう、ヤル気が漲りますね。

記事を読む

牛肉とにんじんの塩煮献立

にんじんと牛肉の塩煮、白菜と落とし卵の味噌汁献立。

大ぶりに切ったにんじんがメインのおかず、牛肉とにんじんの塩煮。普段は脇役にまわりがちなにん

記事を読む

ニラの卵炒め献立

にらの卵炒め、蕗味噌献立。

どちらかといえば苦手な部類に入ると思い込んでいたふきのとう。2年前、久しぶりに作った蕗味噌が

記事を読む

れんこんハンバーグ、小松菜の黄身和え献立。

れんこんハンバーグ、小松菜の黄身和え献立。

丸はんぺんを焼いたのですか? という謎ビジュアルになっていますが、違います。れんこん入

記事を読む

東京駅でも買える品川名物「貝づくし」はかなり危険な駅弁だった。

さて、またまた移動です。 行き先はまたまた関西方面です。 なんだかんだと言いながらも

記事を読む

春キャベツとあさりの蒸し煮

春キャベツとあさりの蒸し煮、春菊の胡麻和えで晩ご飯。

夜中に突然目が覚めて、ふとあさりのことが脳裏を過ぎる。 あさり、あさりかあ。春めいてき

記事を読む

れんこんの黒酢炒め

白菜あんかけ豆腐、れんこん黒酢炒め献立。

寒い日にはあったかい汁ものが定番ではありますが、とろみもまた捨てがたい。 熱々のとろみ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑