砂肝とわけぎの炒めもの、三つ葉ときのこのおひたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

砂肝とわけぎの炒めもの、三つ葉ときのこのおひたし献立。

砂肝って、冷凍できるんですね。

まあ、普通に考えたら肉だし、鶏だし、冷凍できるのも当然といえば当然なのですが、これまでの人生で肝類を冷凍するチャンスが巡ってこなかったもので、特段砂肝冷凍問題を考察したことはありませんでした。買いおき・作りおきもしないし。

料理に時間をかけないための、作りおき以外の方法。

しかし今回は訳あって、ゆでた状態にて砂肝を冷凍。厳かに解凍したのち、晩酌つまみに使用します。

砂肝とわけぎの炒めもの、三つ葉ときのこのおひたし献立

砂肝とわけぎの炒めもの、三つ葉ときのこのおひたし献立。

  • 小松菜とにんじんの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 三つ葉ときのこのおひたし
  • 砂肝とわけぎの炒めもの

小松菜とにんじんの味噌汁

小松菜とにんじんの味噌汁

小松菜、京にんじん、油揚げ、白ねぎの入った野菜たっぷり具沢山味噌汁。出汁は昆布と鰹節。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日の漬ものは大根のぬか漬け。かなり酸っぱくなった古漬けなので、塩ぬきしてから大葉の千切りとごまをまぶして。

三つ葉ときのこのおひたし

三つ葉ときのこのおひたし

さっとゆでた三つ葉と舞茸を出汁しょうゆで和えたもの。

砂肝とわけぎの炒めもの

砂肝とわけぎの炒めもの

フライパンに油をひき、山の部分に切り込みを入れて一口大に切った砂肝を入れて炒めます。色が変わったらざく切りにしたわけぎを加え、塩、胡椒、酒を加えてわけぎがしんなりする程度に炒めうつわに盛り、レモンを添えます。

率直な感想としては、そりゃ生から調理するほうが旨いよね、でも案外まともに食べられるのね、という感じ。今回はゆでた状態で冷凍していたものを使いましたが、本来は生の状態から冷凍したほうがいいのだろうか。酒は純米酒をひやで。

日本酒にあうおつまみレシピ

いつもは1パック入手したら半分は今回のような塩炒めに。

砂肝の葱塩炒め、蕪の梅サラダ献立。

そしてもう半分はにらと一緒にポン酢で漬けるパターンが多いです。もちろん、ゆで汁をスープとして消費することも忘れない。

セロリと卵の炒めもの、砂肝のポン酢漬け献立。

カレーライスの翌日のカレーうどん並みのワンパターン展開ではありますが、年に一度あるかどうかの頻度なので、さすがにまだ飽きてはおりません。

今後も冷凍のチャンスはなかなか巡ってこないだろうけど、一応冷凍もアリですよ、という実体験に基づく知見を得られただけでもよしとしましょうよ。

40代のおひとりさま生活




関連記事

一人暮らしの家飲みメニュー 7/31 暑い日。辛いヤムウンセンとビール。

今って真夏?真夏なの?   久しぶりに迎える日本の夏。 東南アジア各国のほうが過ご

記事を読む

豚汁献立

豚汁、鮭のポテトサラダ献立。

その昔、料理は全くできないという年下の友人が 「豚汁だけは作れる」 と豪語してお

記事を読む

家飲み献立 11/8 砂肝の葱塩和え、塩辛クリームチーズ他全5品。

恐れていたことがとうとうやってきたのかもしれません。 冬?もう、冬なの?? 11月っ

記事を読む

さばと白菜のしょうが煮

さばと白菜のしょうが煮、ひらたけとちぢみほうれん草の和えもの献立。

年明け以降無駄に忙しぶっているので、ゆっくり晩酌する時間がなかなか取れませんでした。

記事を読む

とうもろこしの唐揚げ、甘長の焼き浸し献立

とうもろこしの唐揚げ、甘長唐辛子の焼き浸しで晩酌。

わあい夏だ、ビールだ、ビール! そんな私の心の叫びが聞こえてきそうなとうもろこし画像。

記事を読む

あさりと白ねぎライム塩

あさりと白ねぎライム塩、ベトナムなます献立。

ちょうど旅の食記録を書いている最中に、ベトナムで仕入れた調味料を使った献立の順番が回ってきて

記事を読む

鯖水煮缶 献立

家飲み献立 5/27 鯖と玉ねぎのサラダ、小松菜のオイル蒸し。

毎晩食事の時にはさー、ビールだ!と冷たく冷やしたヤツをぷしゅっと開けるのが日課なのですが、こ

記事を読む

納豆入り油揚げ

家飲み献立 2/10 きつね納豆、トマトと卵のスープ。

読みたい本がたくさんあるし、行きたいところあちこちあるし、いい仕事がしたいし、もちろん生きるため

記事を読む

切り昆布と豚肉の炒め煮献立

切り昆布と豚肉の炒め煮献立、キャベツの梅和え献立。

ここしばらく、お久しぶり食材が続いているような気がする晩酌献立。 えびとかぼちゃのタル

記事を読む

家飲みメニュー 8/4 酒肴ちょこちょこ盛り。

先ほど器に関する記事を書きましたが、今使っている揃いの器は思いっきり酒呑み仕様の肴サイズだという

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつ

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

カメラ片手の銀杏狩りと、ひとり酒。東京散歩・墨田区

新しいカメラを購入したので、久しぶりに撮影散歩に出かけました

→もっと見る

PAGE TOP ↑