抜歯で休肝日の晩ご飯 餃子入り野菜スープとぬか漬け。

公開日: : 最終更新日:2018/12/09 家飯, 親知らず抜歯, 食べること

休肝日の晩ご飯

以前も何度か休肝日のメニューについて書いたことがありました。

関連 休肝日の鶏出汁こんにゃく麺。

ここ2年間は週に一度は休肝日を取っていて、夕食は食べたり食べなかったり。当然、休肝日のメニューは多数存在するのですが、特に面白くもないかしらと思って最近はあまり書いておりませんでした。

久しぶりに休肝日メニューを写真に撮ってみたらやっぱり面白みはゼロだったのですが、これも親知らず抜歯記録のうちってことで残しておきましょう。

休肝日ご飯 餃子入り野菜スープとぬか漬け

餃子入り野菜スープ

  • ぬか漬け
  • 餃子入り野菜スープ

ぬか漬け

ぬか漬け

休肝日もやっぱりぬか漬け。本日はなす、オクラ、キャベツの3種。

餃子入り野菜スープ

餃子入り野菜スープ

鶏がらスープに生餃子を入れて茹で、火が通ったら千切りのキャベツを加え、最後にねぎを散らして完成。つけダレとして黒酢にごま油としょうがの千切りを入れたものを添えました。

まだまだ万全ではないのでがっつり肉料理はキツい。ひき肉ならどうにかなるかなとスープにしてみたところ、ニラの風味が溶け出したスープが絡んだキャベツが美味。このまま食べても十分な味付けなので、つけダレは時々味を変えてリズムをつける役割といったところでしょうか。

本日ももちろん炭酸水で凌ぎますが、ビールあたりを合わせたほうが心踊るに違いありません。

スープに入れた餃子はもちろん先日の残りもの。

関連 ニラ餃子、ぬか漬けで家飲み。

焼きか茹でかの違いだけで、餃子とぬか漬けという組み合わせ自体は全く同じですね。抜歯を見据えて餃子を準備していたわけではないのだけれど、結果的にいいタイミングで仕込んでいたと言えましょう。

気合が足りない休肝日の晩ご飯

しかし気合が足りませんね。酒飲みが酒を飲まない日の夕食というものはどうしてこうもやる気が満ちないのでしょうか。などと自分が酒飲みの世界標準みたいな言い方をしていますが、私だけですかね。

じゃあ普段の献立はものすごく気合を入れて作っているのかといえば全然そんなこともない。しかしどうにも熱量が足りていない様が絵面からひしひしと感じとれる気がしてなりません。

今回久しぶりに長期間(たったの1週間だけど)酒を抜いてみて、するんと痩せたし、目覚めはいいしでこれはこれでアリだな、とは思っています。

関連 食べない生活 お腹ぶよぶよ大作戦。

この断酒(たったの1週間だけど)経験がきっかけとなって、今後私はライフスタイルを変えるのか、変えないのか。それはまだ私にもわからないのでした。

 




関連記事

ワインで家飲み 9/26 チキンのハーブロースト、セロリのサラダ。

今週はちょっと呑みすぎたかなあ。 と少々自覚があるので幾分控えめに済ませようと考えた土

記事を読む

加賀鳶山廃純米ひやおろし勢

石川の酒・加賀鳶 山廃純米ひやおろし 勢で晩酌 秋鮭とれんこんの黒酢照焼き。

お久しぶりの日本酒全国ツアーです。 今回は石川県にやってまいりました。 勝手に日

記事を読む

えのき卵焼き

えのき卵焼き、湯豆腐献立。

数年前、えのきブームが巻き起こりました。あくまでも私の中で、の話ですが。 手羽先とキャ

記事を読む

なめこ豆腐 レシピ

塩豚と玉ねぎの大葉炒め、なめこ豆腐。

最近生活のリズムがいい感じになってきました。 英会話レッスン予約を早朝に入れて、PCを

記事を読む

鯖大根

鯖大根、小松菜のおひたし献立。

本日は余り鯖で。 鯖納豆、さつまいもと半熟卵の温サラダ献立。 おろし和えにしよう

記事を読む

白菜の黒酢炒め献立

白菜の黒酢炒め、えのきと水菜の梅和え献立。

冬場の何がありがたいって、白菜ですよね。 白菜が、安くて、甘くて、旨い。その点において

記事を読む

きつね納豆献立

きつね納豆、大根と豆苗のしょうがスープ献立。

本体ニューヨーク満喫中につき連日晩酌記事にて失礼します。 今回の旅の食関連に関してもま

記事を読む

蒸し鶏梅肉タレ

家飲み献立 5/14 鶏もも梅肉だれ、焼き茄子。

年がら年中ビールを飲むのが好きなのですが、冬の間は冷え性対策としてビール絶ちしていました。

記事を読む

レンコン肉巻きの梅蒸し、せりのおひたし献立。

レンコンは好きでよく使うけれどすりおろしてどうこう、は最近やっていないなあとふと思う。

記事を読む

一人晩酌レシピ 9/11 蕪と豚のしょうが炒め、三つ葉のごまポン酢和え。

毎日家で食べている割に、我が家は調味料があんまり揃っていません。 というか、何しろ料理

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑