えのきと三つ葉の卵とじ、わかめと玉ねぎの味噌汁献立。

公開日: : 家飯, 食べること

えのきと三つ葉の卵とじ献立

今年は酒量を減らす宣言をしたところですが。

新年に考える今年の食計画。

晩酌献立は今年も細々と続いていきます。

こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

えのきと三つ葉の卵とじ、わかめと玉ねぎの味噌汁で晩酌

えのきと三つ葉の卵とじ、わかめと玉ねぎの味噌汁で晩酌

  • わかめと玉ねぎの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 塩肉じゃが
  • えのきと三つ葉の卵とじ

わかめと玉ねぎの味噌汁

わかめと玉ねぎの味噌汁

わかめと玉ねぎの味噌汁、出汁は昆布。いつものように、玉ねぎはあまり火を通しすぎすにシャキッとした食感を残しました。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは白菜とあやめ雪。あやめ雪は小蕪の一種で、皮がうっすら紫に色づいています。

塩肉じゃが

塩肉じゃが

塩肉じゃがは先日の残り物。

えのきと三つ葉の卵とじ

えのきと三つ葉の卵とじ

昆布出汁でえのきと短冊に切った油揚げを煮てみりん、塩、しょうゆで味付けします。ざく切りにした三つ葉を散らし、溶き卵を加えてふんわりと火を通したら完成。出汁の味付けは薄めの汁だく状態にていただきます。

ちょっとちょっとアナタね、「先日の残り物」って肉じゃが思いっきり年またいじゃってんじゃないの、そんなもの食べてたら腹壊すよ?と心配されそうな献立ですが、大丈夫です。時差があります。つまりは、年末の晩酌記録です。ってそんなことはどうでもいいですね。12月にしてはかなり暖かい日だったので、純米生原酒をひやで。

日本酒にあうおつまみレシピ

年末年始は家族で地獄鍋(量的な意味で地獄)をつついたり、友人知人らと外食でご馳走を食べたりと贅沢三昧でした。地元にてちゃっかりはしご酒も楽しんだしね。

神戸で酒を飲むならば ’19。

それはたいそう楽しく、そして間違いなく旨いのだけれど、宴がしばらく続くとなぜか無性に恋しくなる我が粗食晩酌。野菜だらけの地味献立がやたらと食べたくなる私はどうかしているのでしょうか。もうそういう体になってしまったのでしょうか。

ブログ開設当初と比べて明らかにレパートリーも調理工数も減少気味ではありますが、これも心境と体の変化による自然現象なのでしょう。と時の流れを素直に受け止めながら、今年も晩酌という最高のリラックスタイムを楽しみまくりたいと思います。

 




関連記事

半熟茹で卵の上手な作り方 8/20 半熟煮卵の晩酌おつまみ。

今日は朝一で健康診断。 よって、昨夜は早めに夕食を済ませ、当然今朝は朝食抜き。

記事を読む

カヴァで家飲み 11/3 秋鮭と春菊のグラタン。

最近すっかり春菊づいている我が家の食卓。 ひと束買ったら、一人暮らしはとても1日では消

記事を読む

茹でるだけのレバーパテに赤の泡。

ここ数日、外は暖かいのに部屋は寒いという状況に納得できずブーたれていた私。 が、こんな

記事を読む

晩酌メニュー

晩酌献立 5/19 ゴーヤチャンプルー、キムチ奴。

基本的に食材のストックは持たない主義ですが、スーパーで思わぬ出会いがあった時にはそれなりに迷

記事を読む

秋の献立

秋刀魚の梅煮、蕪の温サラダ。

ついに来た! そろそろかなー、もう少し待つかなー、と、9月に入った辺りから鮮魚売り場をそわそわ

記事を読む

イカゲソ黒七味炒め

イカゲソ黒七味炒め、キャベツと人参の温サラダ献立。

珍しく食べたいものがわからないという感覚に陥る。 朝起きた瞬間から今宵の晩酌について考

記事を読む

かぶの味噌汁 ぬか漬け セロリの白和え にんじんしりしり

にんじんとツナの卵炒め、セロリの白和え献立。

毎度ぬか漬けでお世話になっているにんじんですが、たまに山盛り食べたくなります。 しかし

記事を読む

海老とそら豆の塩炒め

海老とそら豆の塩炒め、にらのからし和え献立。

毎度好物が多くで恐縮ですが、そら豆が好きです。 好きだけれどあまり登場しない理由は、量

記事を読む

焼き野菜、出し巻き。

今日あたりは随分人出が少なくなりそうだな、と思っていたのだけど、ご近所の店は思いの他混雑して

記事を読む

手羽元のレモン煮献立

手羽元のレモン煮、水菜とにんじんのサラダで白ワイン。

近頃、ワインを飲む日のメインはめっきりサラダです。 生ハムとマッシュルームのバケットグ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑