砂肝の葱塩炒め、蕪の梅サラダ献立。

公開日: : 最終更新日:2017/07/02 家飯, 食べること ,

砂肝の葱塩炒め

天気のせいでしょうか、スーパーの品揃えが不作です。

毎日お世話になっているのに不作などと言うのはおこがましいのですが、なんというか決め手に欠ける品揃えで悩む。

こういう時はちょっと目先の変わったものに手を出そうかなどとも考えてしまうのですが、いやいや、迷いがあるまま調理するとロクなことにならないぞ、と思い直し再検討。手堅く砂肝で手を打ちました。

砂肝が果たして食材として手堅いかどうかは別として、この選択は結果として非常に正しかったのでした。

砂肝の葱塩炒め、蕪の梅サラダで晩酌

砂肝炒め献立

  • ぬか漬け
  • きのこスープ
  • 蕪の梅サラダ
  • 青菜の煮浸し
  • 砂肝の葱塩炒め

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは茄子とにんじんの2種盛り。

きのこスープ

きのこスープ

砂肝の茹で汁でエリンギを煮たスープ、味付けは塩胡椒のみ。茹でた砂肝は明日以降使用するため保存中です。

蕪の梅サラダ

蕪の梅サラダ

皮をむいて薄くスライスした生の蕪をオリーブオイル、酢、叩いた梅干し、千切りの大葉で和えたサラダ。

青菜の煮浸し

青菜の煮浸し

昆布出汁に塩とみりんで薄く味をつけ、ほんの少しのしょうゆで香りをつけた出汁で油揚げと青菜を煮たいつもの煮浸し。今日の青菜は蕪の葉部分です。黒七味を振って。

砂肝の葱塩炒め

砂肝の葱塩炒め

一口大に切り、厚みのある部分に切れ目を入れた砂肝は塩、胡椒、酒で下味をつけておきます。フライパンに油と潰したにんにくと唐辛子を入れ火にかけ、香りが立ったら砂肝を投入して酒を加え炒め合わせます。最後に葱を入れ、塩、胡椒で味を整えたら完成。

唐辛子が大当たりでかなり辛い炒めものになりました。砂肝のコリっとした歯応えが好きなので割と大きめに切って調理していますが、きちんと処理して薄切りにしたほうが早く火も通るし食べやすいかと思います。

にんにくと唐辛子のきいた炒めもの、ときたらやはりここはビールですね。

妙に冒険せず慣れ親しんだ砂肝にて落ち着いた晩酌献立。いつもはさっぱりとした塩焼きにすることが多いのですが、珍しくしっかり味の炒めものになったのは恐らく昨日まとめた台湾食記事に引っ張られてのことでしょう。

自分の書いたものに影響されるおめでたさよ。

が、昨日中に届く予定だった日本酒が到着せず、だったので、ビールに寄せたつまみにしておいて正解でした。計算したわけではなく、単なる偶然なのですが結果オーライ、めでたしめでたし。

 




関連記事

きのこスープ

スープを3日間食べ続けて旅行の疲れを癒す。

旅行から帰るとかなりの確率で増量します。で、増量分は帰宅後3日で落とす、というスタイルがここ

記事を読む

木須肉 レシピ

晩酌献立 きくらげと豚肉の卵炒め、春雨スープ。

炒め物って具材の取り合わせが楽しく美味しいしビールのつまみとして優秀なんですが、いかんせん外

記事を読む

遅くなった日の簡単晩ご飯 8/18 セロリ葉の卵炒め。

今日は帰りが少し遅くなってしまった。 よって、駅前のスーパーで卵だけ買っていそいそと帰宅。

記事を読む

塩豚とれんこんの蒸し焼き、キャベツの塩昆布和え。

なんだか久しぶりの家飯な気がしたけど、そうでもなかった。 週末は家を空けることが多く、

記事を読む

れんこんの黒酢炒め

白菜あんかけ豆腐、れんこん黒酢炒め献立。

寒い日にはあったかい汁ものが定番ではありますが、とろみもまた捨てがたい。 熱々のとろみ

記事を読む

焼き野菜、出し巻き。

今日あたりは随分人出が少なくなりそうだな、と思っていたのだけど、ご近所の店は思いの他混雑して

記事を読む

海老とセロリのタイ風サラダ他全5品。

妙に蒸し暑い1日だな…。 と思ったら、やっぱり夕方ザッと降りましたね。 蒸し暑い

記事を読む

鰤カマの酒蒸し献立

家飲みで体をリセット。鰤カマの酒蒸し。

一人暮らしは外食が続くと自炊するのが途端に面倒になってしまいます。 今回は冷蔵庫のコン

記事を読む

つまみを作ったり、食べたりするイベントについて。

奥さん、6月です。 というか、いきなりの暑さにもう夏が来たのかと思いましたね。いや、6

記事を読む

神亀純米

埼玉の酒 神亀 純米辛口で晩酌 蒸し鶏と青菜の生姜ポン酢、蕪のナムル。

関東地方の旅、順調に推移しております。 関連 勝手に日本酒全国ツアー いつもはこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑