台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その4. 台南駅 台鐵素食便當。

公開日: : 最終更新日:2018/02/01 旅人への道, 食べること

tainan_73

台南での街歩きを堪能した後、ここからの経路を考える。

当初のなんとなくの予定では台南の次は一気に台東まで移動しようと考えていたのですが、もう少し南側でうろついていたいなと心変わり。

暑い暑いといいつつも、結局南が好きなのですね。

そんなわけで次の目的地に設定した高雄へ移動。その前に駅弁、駅弁です。



台湾駅弁その4. 台南駅 台鐵素食便當

tainan_lunchbox_3

今回は台南初12:30発の莒光号(急行)で高雄へ向かいます。所要時間は41分、82元(=約280円)。あっという間に到着するので今回も駅で食べてから列車に乗り込む台湾スタイルを採用します。

tainan_lunchbox_2

今回はどの駅弁を選ぶか既に決めておりました。改札外売店のショーケースに並んでいるのを確認し、お、あるな、よしよし、などと余裕をかまして切符買ったりなんだかんだしてたらいきなりダンボールを持ったお姉さんが現れて目当ての弁当をごっそりと持ち去ってしまったではありませんか。

それ、私の、私の弁当!!!

という心の叫びも虚しく空になった棚を見つめる私。いや、売店は改札内にもあったはず、と目をやると

tainan_lunchbox_1

さきほど私の弁当を盗んだ(言いがかり)お姉さんが改札内売店のショーケースに新たに並べ直しておられました。そうか、改札内側で売り切れたからこっちに移動するね〜ってことだったのか。

tainan_lunchbox_4

お姉さんへの疑惑も晴れ無事に台鐵素食便當 80元(=約280円)を入手。素食とは肉や魚を使っていないベジタリアン向けの食事のこと。素食弁当、一度は食べてみたかったんだよね。

tainan_lunchbox_6

最初は南へ向かう列車が到着する側のベンチで食べようと思っていたのだけれどご覧の混雑ぶりで断念。

tainan_lunchbox_5

結局改札側のベンチでいただくことにしました。こっちのほうが席に余裕がある。

tainan_lunchbox_10

いざオープン。

tainan_lunchbox_13

素食弁当だけあって野菜たっぷり。こちら側は塩茹でのブロッコリーと高菜、おなじみキャベツの炒めもの。

tainan_lunchbox_12

反対側にはきのこの煮物に厚揚げ、コーン多めのミックスベジタブル。

tainan_lunchbox_14

そして中央にどかんとのっかっているメインのおかずは焼き魚、ではなくて、多分豆腐で作られたものかな?皮に見立てて海苔が巻いてあるあたり芸が細かい。台湾の素食はこんな風に大豆や野菜を肉や魚っぽく加工したものがよく用いられるのだとか。派手さはないけど、色合いもなかなか。

tainan_lunchbox_9

素食弁当には台湾ビール。体に気を使ってるんだか使ってないんだかよくわからない組み合わせですが、まあいいじゃないですか。

さて素食弁当。
見た目以上にブロッコリーが大量に入っているのですが、これがしっかり目の塩味がついていて食べ応えあり。そしてなんちゃって焼き魚が意外に酒のつまみになりますね。

tainan_lunchbox_11

なんだろう、これ何かに似てるんだよなあと考えながら食べていて思い出した。ちょっとコンビーフに似てる。といってももちろん缶詰のコンビーフみたいにしょっぱくもギトギトもしていないんだけど、食べ応えという点でコンビーフを連想させる味わいです。

しかし弁当にミックスベジタブルってのは確実にテンションが下がるおかずのはず、なのですが、美味しいお米の上に乗っかった甘いコーンはなんだかとうもろこしご飯みたいで悪くない。恐るべき駅弁マジック。よく染みた厚揚げのもっちり感もいいね。

tainan_lunchbox_15

電車を眺めつつのんびり昼ごはん。こりゃ贅沢ですな。

さて食後は再びホームを移動し列車を待つことに。が、莒光号の到着まではもう少し間があるし、ホームのベンチも混んでいる。ちょうど急行待ちの普通列車が待機していたのでちょっと座らせてもらうとします。

tainan_lunchbox_17

冷房もきいてて快適。

tainan_lunchbox_18

なんだけど、この暑い中誰も普通列車の中で待機していないんですよね。なんでだろう、乗っちゃダメだったのかしら。

tainan_lunchbox_19

などと考えていると莒光号到着。

tainan_lunchbox_20

お、シートが赤ですね。

tainan_lunchbox_22

tainan_lunchbox_21

40分の短い時間、うっかり寝ちゃうと寝過ごしそうなので車窓を眺めながら。

tainan_lunchbox_26

台湾5都市目、高雄に到着しました。

tainan_lunchbox_23

tainan_lunchbox_24

あれ、なんか急に都会に来ちゃったな。

tainan_lunchbox_225

そうか、高雄には地下鉄もあるんだ。

のどかな雰囲気の台湾を見てきた私は高雄の都会っぷりに少々狼狽するのでした。

台湾一周の旅、まだまだ続きます。

関連 台湾一周一人旅 駁二芸術特区に旗津フェリー、高雄を遊ぶ。

 




関連記事

高知の酒 司牡丹 裏 純米酒

高知の酒 司牡丹 純米しぼりたて 生酒 裏で晩酌 豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風、ねぎ油風味のポテトサラダ。

ややお久しぶりの、日本酒全国ツアーです。 勝手に日本酒全国ツアー 今回は高知の酒

記事を読む

141023d5

秋刀魚の生姜蒸し他全5品で家飲み。

いやー、これは困ったことになりましたね。 今の部屋、ホントに寒いです。 寸でのところ

記事を読む

takamatsu_3

神戸からジャンボフェリーで行く高松日帰り弾丸旅行 その1。

滞在中の神戸から、香川県の高松市へ出かけてきました。 高松は数年前に仕事で行っています

記事を読む

晩酌献立

肉団子と春雨の煮込み、小松菜の梅海苔和え。

大鍋にドン、と具沢山の汁物などを作って日々消費していく、というスタイルが苦手です。 ラ

記事を読む

カシラの塩焼きねぎダレ

カシラの塩焼きねぎダレ、紫大根のサラダ献立。

紫大根ってすごい色ですね。なんという鮮やかさ。 めったにお目にかかることはないこの大根

記事を読む

passport

パスポートとの別れと原点回帰。

なんだか久しく出かけていないなあと感じる今日この頃。 年明けに自宅に戻ってからずっと東京に

記事を読む

焼きかぶ、蒸し鶏と青菜のわさび和え献立

焼きかぶ、蒸し鶏と三つ葉のわさび和え献立。

見かけたらついつい買ってしまうのだけれど、大ぶりのものが2つ3つあると思いの外持て余してしま

記事を読む

日高見超辛口純米

宮城の酒 日高見 超辛口純米酒で晩酌 せせり塩焼き、蕪のしょうがスープ煮。

家に居ながらにして全国旅行気分に浸る。ということで、全国の酒を呑む「旅」を続けています。

記事を読む

pepper

幸運な時代の狭間感、また呑気に笑えるか。

申請していたパスポートの受け取りに行ってきました。 関連 10年間顔が変わらないのはイ

記事を読む

白菜漬け インゲンのごま和え ネギ塩トマト豆腐 塩豚と蕪のスープ煮

塩豚と蕪のスープ煮、ネギ塩トマト豆腐献立。

先日酢豚を作った際に買った豚かたまり肉。 関連 トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

焼ききのこ、たことセロリのサラダ献立。
焼ききのこ、たことセロリのサラダ献立。

先日さんま用に調達したすだちが余っている。 さんまの酒蒸

nishinomiya_41
お金のためだけに働いて悪いか。

お金のためだけに働く。 個人的にはその行為が悪いことだと

さんまの酒蒸し献立
さんまの酒蒸し、きのこと小松菜の梅和え献立。

家具やらインテリア製品やらを購入するにあたって、店でチェックし

moooncafe
開かない扉、脂汗、咄嗟の判断。

カフェなど飲食店のトイレ、男女別になっているところが多いじゃな

豚ロースの梅照り焼き定食
豚ロースの梅照り焼き、小松菜とひらたけのおひたし献立。

生野菜をむしゃむしゃ頬張る快感は白ごはんのそれとも通じるものが

→もっと見る

PAGE TOP ↑