これが最後の仕事になると思います。

公開日: : 最終更新日:2020/04/11 これからの働きかた, 日常

ボダム フレンチプレス

早朝いつものカフェに行くと、さすがに営業時間短縮とのことで、閉まっていた。

仕方ないので別の店で作業をしていると、いつものカフェの常連らが同じくこちらの店に流れてきているらしく、あっという間に馴染みの顔ぶれが勢ぞろいし、おはようございます、と思う。無論、思うだけ。言わない。

ここ数日は打ち合わせの場を持つにしても、サクサク進められなくなっていて、ええと以前お約束したこの日なんですけど、御社は現在どのように?いえ、私はオンラインでも対応できますがいかがいたしましょうか。みたいな謎の探り合い、譲り合い(?)が起こっている。

今日も1件割と重要なアポが入っていて、とはいえ先方の意向もあることだし、わざわざ出向いてもらわずとも、と思ったのだけれど、行きますとおっしゃるので、向かい合わずに距離を取りつつ、話した。

これが最後の仕事になると思います。

枝垂れ桜

今日が平凡な今日ならば、あの橋のそばの桜ご覧になりました?少し葉が出てきていますけど、まだまだ見頃ですよね。とか、日中はあたたかいですけど朝晩は冷えますなあ、みたいなどうでもいい話がつかみの役割を担ったのだろうけど、今日明日で色々な準備をしなければいけませんね、みたいな話にどうしてもなってしまう。

以前からのお約束とはいえ、大変な時にお越しいただいてすみません、というと

「きっとこれが、最後の仕事になると思います」

と返ってくる。最後、ってのはやや言い過ぎなんだけど、完全リモートで業務が成り立つ相手の仕事を考えれば、しばらくはこうして人と会って話すこともなくなるだろうから、まあ対面での最後の打ち合わせ、となるか。

次にお会いするときは、もっと気軽にお話したいですね、どうかその時までお元気で。お見送りしながら、全然晴れやかさのない仕事納めみたいだなと思う。

いや、私にとってはある意味「仕事納め」ではある。通常モードにはしばらく戻らないクライアントが多く、しばし休業となりそうだからだ。

零細個人事業主としては困った状況ではあるのだけれど、まあ仕方ないので、事態が落ち着くまでは普段できない雑務に没頭しつつ、今後の身の振り方を考えることとする。

突如降って湧いた、空白の期間。普通に考えて危機的状況ではあるし、不安がないわけではないけれど、なぜだか案外いい時間が過ごせそうな予感がしている。根拠はない。

 




関連記事

老後の暮らし、それのどこがそんなに不安なんですか。

帰り道に立ち寄った書店で自営業者に向けた老後のお金に関する本を見かけてふと手に取る。

記事を読む

モノを所有しない時代の稼ぎ方。

By: Rob Ellis[/caption] 最近は映画やテレビドラマ、音楽、書籍や雑誌に

記事を読む

寿司をつまみながら、いよいよ食えなくなったらバイトするという。

友人と昼間っから寿司をつまみつつの昼酒。 国内外から観光客が押し寄せる人気店ゆえ、週末

記事を読む

今すぐ時給を上げる方法。

週明けが締め切りの仕事がありましてですね。お話をいただいたのは少し前だったので、そんなにタ

記事を読む

50代で起業、異業種への転身。

そういえば、あの人は今どうしているのだろう。 ふとそんなことが頭を過って名前を検索して

記事を読む

私、やりたいです。その眩しさと、ある仮説。

【前回のあらすじ】 ある日ふと出会って突然恋に落ちるという憧れの体験した人物を目の当た

記事を読む

活動時間を増やす 自分に最適な睡眠時間を知る方法。

お勤めもしていないくせに時間が足りない問題を抱えておりましたが、解決しました。 関連

記事を読む

朝礼での社訓唱和が熱くて怖い。

就職活動中の大学生と話す機会がありました。 慣れないリクルートスーツに身を包み、慣れな

記事を読む

「今から10年後の働き方を考えよう」イベントレポート。

2019年1月19日(土) ブログきっかけとしては初めてとなるリアルイベントを開催しました。

記事を読む

人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう。

年明けにとうとうやります! 出会いを求めて小さなスナック、こんな話が聞きたくて。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑