蒸し鶏となすのサラダ、焼きピーマン献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,




蒸し鶏となすのエスニックサラダ献立

便宜上、蒸し鶏となすのサラダとしましたが、なすも蒸しています。さらに、なすとほぼ同量のトマトも入っています。ですから正しくは

「蒸し鶏と蒸しなす、トマトのタイ風サラダ」

といったところでしょうか。

レシピと写真付きの食定点観測に記すにはくどい表現ですが、お店の黒板メニューに書くのだとしたら、これくらいやっておいたほうがいい気もします。

蒸し鶏となすのサラダ、焼きピーマン献立

蒸し鶏となすのサラダ、焼きピーマン献立。

  • わかめスープ
  • 島オクラのぬか漬け
  • 焼きピーマン
  • 蒸し鶏となすのサラダ

わかめスープ

わかめスープ

蒸し鶏の副産物スープを水で薄め、わかめをさっと煮て胡椒で味を整えただけのスープ。ねぎといりごまを加えます。

島オクラのぬか漬け

島オクラのぬか漬け

本日のぬか漬けは島オクラ。

焼きピーマン

焼きピーマン

油を引いたフライパンで半分に切り種とヘタを取り除いたピーマンを焼きます。軽く焦げ目がつく程度に焼いたらうつわに盛り、しょうゆをちょろりとかけます。

蒸し鶏となすのサラダ

蒸し鶏となすのサラダ

みじん切りにした玉ねぎ、小口に切った唐辛子、レモン汁、ナンプラーを混ぜ合わせてドレッシングを作ります。薄くスライスした蒸し鶏、細切りにして蒸したなす、くし形に切ったトマトをドレッシングと和え、軽くなじませてからうつわに盛り付けます。青みに大葉の千切りを添えました。

蒸し鶏とスープの素は先日の残りもの。

蒸し鶏のねぎソース、島オクラのおひたし献立。

スープに溶け出た鶏の脂が冷えて固まっていたので、取り除いて使用しました。もちろん、そのまま使っても問題はないのだけど、むね肉で作った場合と比較すると、もも肉由来のスープはかなりオイリー。脂を減らしても、旨味はそうそう減らないので大丈夫。

辛味のきいたサラダには、やっぱりビールがよく合いますね。

ビールのおつまみ

もともとはなすと蒸し鶏だけで作る予定でしたが、トマトが余っていたので急遽参戦。おかげで、かなりの分量になってしまいました。といっても、入っているのはほとんど野菜。たくさん食べても胃に重たくはありません。

蒸し鶏となすのサラダ

こうして見返してみればやはり「蒸し鶏と蒸しなす、トマトのタイ風サラダ」のほうが親切か。いや、何をもってタイ風とするかは人それぞれなので「蒸し鶏と蒸しなす、トマトのナンプラードレッシングサラダ」が適切か。

黒板メニューといえば先日友人と行ったビアバーでオーダーした「白身魚とかぶのカルパッチョ」。テーブルに到着したそれはどうみても「白身魚のカルパッチョ」でした。かぶ皆無。

この時はサーブした瞬間にお店の人がかぶ要素ゼロ事態に気づき、すぐに取り替え(というか、かぶ追加)してくださったのだけど、もし同内容のメニューであっても黒板に「白身魚のカルパッチョ」としか書かれていなかったら、我々は本来提供されるはずであったかぶの存在など知る由もなく、魚のみを食んだだろう。あくまでかぶありきで構成された一皿の妙なバランス不全に首を傾げながら。

いや、そこまで繊細な舌も推理力も持ち合わせてはいないけれど、なんだっけ。黒板メニューって見ているだけでやたらたのしいですよね、という話でした?




関連記事

鯖納豆、豆苗と豆腐の炒めもの献立。

鯖水煮缶をパカリと開けて簡単サラダにしたならば、その翌日の2日目は、納豆と合わせる。

記事を読む

ヤムウンセン 献立

ヤムウンセン、ピーマン入りカイチアオ献立。

今夜はビールで通しましょう。 そう決めた夜の献立はタイ料理。 最近ビール→日本酒

記事を読む

家飲み献立 9/13 さんまのアヒージョと白ワイン。

失敗ナシ、さんまのアヒージョの簡単レシピです。 今夜は秋刀魚だ!と朝から決めていた本日

記事を読む

にらと豚のしょうが炒め

にらと豚のしょうが炒め、きのこスープ献立。

素材の切り方によって、出来上がりの料理は味わいも食感も変わってくる。 ピーマンの塩炒め

記事を読む

トマト豚しゃぶ

トマト豚しゃぶ、にんじんとツナのサラダ献立。

肉をさっとゆでて野菜とあわせる冷しゃぶは、夏のつまみにうれしいですね。 しかし7月前半

記事を読む

塩手羽大根

塩手羽大根、揚げかまぼこで晩酌。

塩手羽大根。 こういう汁っぽい出汁っぽいものが食べたくなるのは秋が来た証拠でしょうか。

記事を読む

玉乃光 28pf 2019

京都の酒 玉乃光 純米吟醸 28Pf Summerで晩酌塩鶏と大根のスープ煮

お久しぶりです。京都です。 勝手に日本酒全国ツアー 相変わらず晩酌はちびちびとや

記事を読む

豆腐の卵とじ、アンチョビかぼちゃなど5品で晩酌。

キッチンで晩ごはん準備をしている途中のこと。 窓から圧倒的な夕焼けが見えたので急いで部

記事を読む

塩豚と大根のスープ

塩豚と大根のスープ、わかめと卵の炒めもの献立。

あれ、今週で2月終わるのか。そうかそうか。 暦の上ではすっかり春、とはいえまだまだ温か

記事を読む

晩酌 おつまみ 秋刀魚の生姜蒸し、焼きレンコン。

この秋秋刀魚も3匹目。 日本人が食べる秋刀魚の量は平均すると3匹程度らしいのですが、あれ?な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

→もっと見る

PAGE TOP ↑