豚ロースの梅照り焼き、蒸しなすサラダ献立。

公開日: : 最終更新日:2017/10/05 家飯, 食べること

豚ロースの梅照り焼き

そろそろ魚よねえ、魚。

肉が毎日続くのはそう苦にならないし、肉も魚もない野菜メインの献立だって全然OK。でも、魚も食べたくはなる。

しかしながら魚類捕獲に最適な店とは反対方向からの帰り道、わざわざ向こう側へ出向くのも気がひける時刻だったので、妥協してまた豚肉に。

いや、美味しかったです。妥協とか言ってごめんなさいね豚。

豚ロースの梅照り焼き、蒸しなすサラダで晩酌

豚ロースの梅照り焼き、蒸しなすサラダ

  • 大根皮のポン酢漬け
  • 大根と豆腐のスープ
  • 蒸しなすサラダ
  • 豚ロースの梅照り焼き

大根皮のポン酢漬け

大根皮のポン酢漬け

千切りにした大根の皮をポン酢に漬けておいたもの。

大根と豆腐のスープ

大根と豆腐のスープ

先日の残りものに豆腐を加えました。

蒸しなすサラダ

蒸しなすサラダ

なすを蒸して一口大に切り、熱いうちにナンプラー、レモン汁、唐辛子、小口切りのネギを合わせたドレッシングで和えて味を馴染ませたサラダ。

豚ロースの梅照り焼き

豚ロースの梅照り焼き

豚肉は生姜焼き用とされるやや大きめにスライスされたものを使用。軽く片栗粉をまぶしてフライパンで焼き、出てきた油を取り除いて、あらかじめ合わせておいた梅干し、しょうゆ、みりん、酒を合わせたタレをジュっと流し入れ照りが出たら完成。

ポン酢にレモン汁、梅干しと酸味を重ねてしまったことに出来上がってから気付きました。そろそろ暑くなってきたから、でしょうか。単なる凡ミスでしょうか。

日本酒にあうおつまみレシピ

暑くなってきた、となると俄然夏野菜が気になるわけですが、今日もなすが登場しました。

なすはそのまま漬ものにしてもいいし、焼いても煮ても揚げてもうまいので夏場は本当に重宝する野菜。が、常に皮問題について考えてしまいます。

なすを蒸すときは皮をむいてから、が多いのだけど、今日はなんとなく皮ごと蒸してしまいました。で、あまりの熱さに手で割くことが叶わず、包丁で切る羽目になった、と。まあふきんか何かを使えばあっさり解決しそうな話ではありますが。

なすの皮は色目がきれいなのでそのまま食べたいなと思ったり、加熱すると結局色が飛んでしまうからむいたほうがいいのでは、むいてから蒸すと茄子紺じゃなくて翡翠色になってそれもまたキレイだもんね、とかいろいろ考えるわけです。でも焼きなすはやっぱり皮ごと焼かなきゃねとか思うわけです。

毎度そんなことを考えながらも結局行き当たりばったりというかその場の気分でむいたりむかなかったりしている。これぞ家庭料理の醍醐味と言えましょう(適当)。

 




関連記事

もやし蒸ししゃぶ、ニラの海苔和えで家飲み。

冷蔵庫に鎮座する余り食材を思い浮かべながら、あれをこうしてこっちがこうで、と、脳内にて副菜を

記事を読む

味噌汁とご飯の夕食

休肝日ごはん 菜の花の卵和え、白菜と油揚げの味噌汁献立。

週の初めは休肝日。 ということで、最近は週2回、日、月曜日を休肝日と定めて生活していま

記事を読む

せりと豚の梅和え

せりと豚の梅和え、焼きピーマン献立。

今週は肉肉しい献立が続きます。 牛ももたたきのおろし和え、トマトとわかめのナムル献立。

記事を読む

木須肉 レシピ

晩酌献立 きくらげと豚肉の卵炒め、春雨スープ。

炒め物って具材の取り合わせが楽しく美味しいしビールのつまみとして優秀なんですが、いかんせん外

記事を読む

家飲み献立 12/17 白菜と春雨のうま煮、トマトのナムル。

1時間ほどサーバーが落ちていました。 アクセスして下さった方にはご迷惑をおかけして申し

記事を読む

蒸し鶏となすのしょうが和え献立

持って回った言い方に翻弄される。

本日のメイン、正しくは「蒸し鶏と蒸しなすの香味野菜タレ和え」です。しかしあまりにも長ったら

記事を読む

卵とわかめのスープ ぬか漬け 小松菜のおひたし 焼き油揚げの酢醤油かけ

焼き油揚げの酢醤油かけ、小松菜のおひたし献立。

すご過ぎないものの力とは。 たまにものすごくおいしいものが食べたくなって、はて、おいし

記事を読む

ヤムウンセン献立

ヤムウンセン、トマトとひき肉のオムレツでタイ献立。

先日バンコクの思い出と再会したからでしょうか。 関連 あまりにもマイペースな人。

記事を読む

石鍋商店で出会う東京のくず餅 東京散歩・北区。

飛鳥山公園の紫陽花散策、続きです。 東京散歩と言えば、出先で酒を飲むのがお約束になって

記事を読む

豚肉と小松菜のおろし炒め

豚肉と小松菜のおろし煮、蒸しなすの揚げ玉和え献立

ご近所の八百屋を覗いてああ野菜の価格も随分落ち着いてきたなあとホッとしながら帰宅したらニュー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ぶりと青菜の酒蒸し献立
たくさんあるよろこびと、持つことへの恐れ

実はこの日、売り場にはぶりカマもあったのです。 しかも

プロになれなかった私のプロフェッショナル。

学生時代のアルバイトを含めれば、すでに30年以上も働いている

オムレツ
ボロボロ加減に感じる郷愁。

ずいぶん大人になってから、わかるようになったことがあります。

チェンマイ 2015
金塊を背負って生まれてきた人間。

先日友人に 「あなたは金塊を背負って生まれてきた人間だ

おろし納豆スパゲティ
シンプルを極めるか、落とし所を探る旅。

今週はTHE・休肝日という趣のメニューが続きます。 ハ

→もっと見る

PAGE TOP ↑