焼きカラーにんじん、あやめ雪のツナサラダ献立。

公開日: : 最終更新日:2019/07/04 家飯, 食べること

焼きカラー人参献立

にんじん葉の話をしようと思っていたのに、つい脇道に逸れてしまった先日。

休肝日ごはん 目玉焼き丼、にんじん葉のナムル献立。

ナムルに用いたにんじん葉の本体は、細くて長い、カラーにんじんです。

カラーにんじん。大分類は金時にんじんになるのでしょうか。パープルスティックとか紫にんじんなどという呼称もあるようです。

焼きカラーにんじん、あやめ雪のツナサラダ献立

190620_ienomi_9

  • 白菜としょうがの鶏スープ
  • たたききゅうりの梅和え
  • あやめ雪のツナサラダ
  • 焼きカラーにんじん

白菜としょうがの鶏スープ

白菜としょうがの鶏スープ

鶏出汁で千切りのしょうがと白菜を煮て、塩胡椒で味を整えます。スープは先日の残りを流用しました。

たたききゅうりの梅和え

たたききゅうりの梅和え

きゅうりを無残に叩き割り、梅肉とすりごまで和えます。

あやめ雪のツナサラダ

あやめ雪のツナサラダ

かぶは薄切りにして塩もみし、しんなりしたらさっと洗って水気を切ります。オイル漬けのツナ、レモン汁、少量のしょうゆで和えたら完成。本日使用したかぶは皮が紫色の品種、あやめ雪。

焼きカラーにんじん

焼きカラー人参

フライパンにオリーブオイルと潰したにんにく、適当な大きさに切ったからーにんじんを並べて火にかけます。にんじんの表面に軽く焼き色がつく程度に焼いたらにんにくと一緒にうつわに盛り、粗塩、胡椒、みじん切りにしたにんじん葉を振ります。

焼きカラーにんじん。あまりにもどストレートでひねりのないネーミングですが、それ以外に表現できません。だって、焼いただけだから。焼いただけなのに、にんじん効果でオリーブオイルは驚きの甘さとなり、にんにくの風味と葉の苦味が合わさった美味たるや。献立事情を鑑みて日本酒にしちゃったけど、本来ならワインを添えるべき料理ですね。こういうの、ホント好き。

ワインを飲む日のおつまみ

調理前は黄色と紫のにんじんね、キレイだね、くらいにしか思っていなかったのですが、紫のにんじんを二つ割にしておっと思う。

焼きカラー人参

中心部は黄色になってるんだ。こりゃまた艶やかな。

色鮮やかで甘みも強いカラーにんじん、このままディップを添えてぽりぽりいくのもよさそうです。

そして、忘れちゃならないにんじん葉。

大根葉は馴染み深いが、葉つきにんじんにはなかなかお目にかかれず、これまでまともに調理した記憶がありません。

休肝日ごはん 塩鮭の粕汁、菜飯献立。

カロテンやビタミンEが豊富らしいにんじん葉、先日ナムルにして食べて、こんな味だったのかと改めて認識した次第です。

強い苦味はまるでパセリのよう。いいかげんな「みじん揉み」で冷凍しておけば、パセリの代わりに使えますね。本日使用したのもまさしく、みじん揉みストックであります。

 




関連記事

まぐろ納豆、ぬか漬けで晩酌。

お久しぶりでございます。ぬか漬け2017、本日より開幕です。 昨年はいつ開始したのだっ

記事を読む

塩豚とキャベツのしょうが炒め

塩豚とキャベツの炒めもの、蕪の梅サラダ献立。

先日普通に入手したキャベツを大事に食べています。 いやー、つかめない。野菜の動きがつか

記事を読む

原了郭 黒七味 詰め替え

原了郭の黒七味を銀座で調達。

先日銀座でふと思い出し、いそいそとデパ地下へ。 私の数少ない愛用調味料である黒七味が切

記事を読む

豚しゃぶ梅しそ和え

豚しゃぶ梅しそ和え、なすと春雨のサラダ。

おや。 そういやこの夏はあまりエスニック系メニューが出てこなかった気がする。 ふとそ

記事を読む

蕪の浅漬け えのきと揚げの味噌汁 水菜のおひたし 塩豚とレンコンの蒸し焼き

塩豚とレンコンの蒸し焼き、水菜のおひたしで晩酌。

仕込んでおいた塩豚の残りをどうやって食べましょうか、と。 関連 塩豚と蕪のスープ煮、ネ

記事を読む

さつまいもときのこのグラタン

ワインで家飲み さつまいもときのこのグラタン。

グラタンとワインの組み合わせって結構好きです。 グラタンはいろんな具で作れる便利な料理

記事を読む

シェアハウスで料理 8/23 コノスル、パルマ、エメンタール。

週末はワインにしないといけない、なんていう決まりは特に設けてないのですが、はて。 毎週末の定番メ

記事を読む

すっぴんるみ子の酒

三重の酒 すっぴん るみ子の酒 9号酵母で晩酌。鰤と小松菜の梅昆布蒸し。

またまた日本酒に強い酒屋を発掘しました。 これでますます日本酒ツアーが快適になるという

記事を読む

ほたるいかと菜の花の酢味噌和え、金時にんじんとねぎの炒めもの献立。

育ち盛りの男子学生には茶色いおかずや弁当が好まれると聞きますが、葉野菜至上主義おばさんの食卓は、気

記事を読む

粕汁献立

ぶりの粕汁献立。

粕汁献立。 桜満開の東京に遅れて冬のエース登場、といったところでしょうか。 それ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

50代一人暮らしの晩酌
50代一人暮らしの晩酌事情。

100年ぶりの晩酌記事です。長年しつこく書き続けていた晩酌記

引っ越しから1年、ものが増えまくっている。

新居に越してから、早1年が経ちました。持たない暮らし、引っ越

ブログ開設10周年、あとは「老後」のお楽しみ。

カリッとした毎日。を開設したのは、2014年7月3日。なんと

働くことに飽きている。

自分の中で「かなり重い」と認識している案件の打ち合わせ前日。

腰痛改善記録、椅子がこわい。

腰痛改善計画の続きです。 長年苦しみ続けている腰痛を改

→もっと見る

PAGE TOP ↑