焼きカラーにんじん、あやめ雪のツナサラダ献立。

公開日: : 最終更新日:2019/07/04 家飯, 食べること

焼きカラー人参献立

にんじん葉の話をしようと思っていたのに、つい脇道に逸れてしまった先日。

休肝日ごはん 目玉焼き丼、にんじん葉のナムル献立。

ナムルに用いたにんじん葉の本体は、細くて長い、カラーにんじんです。

カラーにんじん。大分類は金時にんじんになるのでしょうか。パープルスティックとか紫にんじんなどという呼称もあるようです。

焼きカラーにんじん、あやめ雪のツナサラダ献立

190620_ienomi_9

  • 白菜としょうがの鶏スープ
  • たたききゅうりの梅和え
  • あやめ雪のツナサラダ
  • 焼きカラーにんじん

白菜としょうがの鶏スープ

白菜としょうがの鶏スープ

鶏出汁で千切りのしょうがと白菜を煮て、塩胡椒で味を整えます。スープは先日の残りを流用しました。

たたききゅうりの梅和え

たたききゅうりの梅和え

きゅうりを無残に叩き割り、梅肉とすりごまで和えます。

あやめ雪のツナサラダ

あやめ雪のツナサラダ

かぶは薄切りにして塩もみし、しんなりしたらさっと洗って水気を切ります。オイル漬けのツナ、レモン汁、少量のしょうゆで和えたら完成。本日使用したかぶは皮が紫色の品種、あやめ雪。

焼きカラーにんじん

焼きカラー人参

フライパンにオリーブオイルと潰したにんにく、適当な大きさに切ったからーにんじんを並べて火にかけます。にんじんの表面に軽く焼き色がつく程度に焼いたらにんにくと一緒にうつわに盛り、粗塩、胡椒、みじん切りにしたにんじん葉を振ります。

焼きカラーにんじん。あまりにもどストレートでひねりのないネーミングですが、それ以外に表現できません。だって、焼いただけだから。焼いただけなのに、にんじん効果でオリーブオイルは驚きの甘さとなり、にんにくの風味と葉の苦味が合わさった美味たるや。献立事情を鑑みて日本酒にしちゃったけど、本来ならワインを添えるべき料理ですね。こういうの、ホント好き。

ワインを飲む日のおつまみ

調理前は黄色と紫のにんじんね、キレイだね、くらいにしか思っていなかったのですが、紫のにんじんを二つ割にしておっと思う。

焼きカラー人参

中心部は黄色になってるんだ。こりゃまた艶やかな。

色鮮やかで甘みも強いカラーにんじん、このままディップを添えてぽりぽりいくのもよさそうです。

そして、忘れちゃならないにんじん葉。

大根葉は馴染み深いが、葉つきにんじんにはなかなかお目にかかれず、これまでまともに調理した記憶がありません。

休肝日ごはん 塩鮭の粕汁、菜飯献立。

カロテンやビタミンEが豊富らしいにんじん葉、先日ナムルにして食べて、こんな味だったのかと改めて認識した次第です。

強い苦味はまるでパセリのよう。いいかげんな「みじん揉み」で冷凍しておけば、パセリの代わりに使えますね。本日使用したのもまさしく、みじん揉みストックであります。

 




関連記事

一人暮らしの家飲みメニュー 8/3 餃子。

いやー、天気よくて気持ちいい日曜日でした。 なんだかテンションあがる。 朝からヘアケアボディ

記事を読む

なべしぎ

なすとピーマンのしょうが味噌炒め、おつまみ奴で晩酌。

先日迷って却下した方のメニューをうっすらとスライド。 関連 肉豆腐、なすと三つ葉のサラ

記事を読む

家飲み献立 11/14 せせり塩焼き、オレンジ白菜のスープ、自家製切り干し大根など全6品で晩酌。

TGIF! いやあ、気持ちよく晴れた金曜日でしたね。 いつも夕食は4~5品なので

記事を読む

福井の酒 一乃谷 山廃仕込特別純米酒

福井の酒 一乃谷 山廃仕込特別純米酒で晩酌 きのこあんかけ豆腐、青菜炒め。

北陸地方コンプリート! 北海道、東北、関東、甲信越、北陸、と来ましたよ。 関連

記事を読む

豚肉の肉吸い

肉吸い、おかひじきと干しえびの和えもので晩酌。

肉吸い、という食べものをご存知でしょうか。平たく言えば肉うどんのうどんぬきスープ。蕎麦屋にお

記事を読む

砂肝の葱ダレ和え

家飲み献立 2/4 砂肝の葱ダレ和え、三つ葉のサラダ。

昨夜見るぞ!と宣言していた満月ですが、残念ながら見れませんでした。 うぅ。 曇り

記事を読む

一人暮らしの鍋料理 11/7 ひとりモツ鍋、柚子白菜で焼酎。

これからの季節、鍋確率が跳ね上がるよ! と、昨夜宣言したばかりですが今夜も鍋です。

記事を読む

英勲秋上がり

京都の酒 英勲 秋上がりで家飲み。まぐろあら塩焼き、キャベツの塩昆布和え。

夏からストップしていた日本酒全国ツアー。 家飲み環境が変わって新たな気持ちで再開です。

記事を読む

トマトと卵の炒めもの献立

トマトと卵の炒めもの、豆苗のおひたしで家飲み。

帰りが遅くなった日の晩御飯は通常時以上にさっさと用意したくなります。 準備が面倒、とい

記事を読む

モツ鍋(もどき)

モツの入っていないモツ鍋(もどき)で晩酌。

いきなりの、鍋。 急に寒くなったとはいえ、なぜ今わざわざ食べるのだ、という感じの鍋。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑