わかめと卵の炒めもの、にら納豆献立。

公開日: : 家飯, 食べること

卵とわかめの炒めもの献立

本日反省すべきは、うつわの見極めが甘かった点。

メインを大皿に盛ったところ、予測より量が少なくて貧素さがより引き立つビジュアルになってしまったことには当然気がついておりました。

しかしこの晩酌献立記録のプライオリティは「実食 > 撮影」となっているものですから、敢えて盛り付け直し、撮り直しをすることなくこうしてここに披露する次第です。

わかめは幾分柔らかいです。

わかめと卵の炒めもの、にら納豆で晩酌

わかめと卵の炒めもの献立

  • 豆腐と白ねぎの味噌汁
  • 春キャベツの煮びたし
  • にら納豆
  • わかめと卵の炒めもの

豆腐と白ねぎの味噌汁

豆腐と白ねぎの味噌汁

豆腐と白ねぎで全体的にとても白っぽい味噌汁。出汁はいりこ。

春キャベツの煮びたし

春キャベツの煮びたし

こちらは先日の残りもの

にら納豆

にら納豆

茹でたにらを出汁しょうゆに浸してから納豆と和えて、しょうゆ、からし、海苔、鰹節で味付けしたもの。

わかめと卵の炒めもの

わかめと卵の炒めもの

油をひいて熱したフライパンに溶き卵を流し入れ、大きく混ぜてふんわり固めたら一旦取り出します。同じフライパンに千切りのしょうがとねぎを入れ炒め、香りがたったら生わかめを投入。軽く炒めてから卵を戻し入れ、しょうゆ、酒、胡椒で調味したら完成。

生わかめがやっぱりちょっと柔らかくて頼りないけれど、味は問題なし。本日は冷酒で晩酌となりました。

日本酒にあうおつまみレシピ

便利で旨いわかめが好きで、なかでも生わかめ愛好家の私。和えもので、炒めもので、そしてもちろん味噌汁などの汁ものでと使い勝手抜群で余らせる恐れなどないのだから、手に入るのであれば生が良い。そう信じて生きてきました。

わかめを使ったおかずいろいろ

しかし珍しくやや難ありわかめを引き当ててしまった今回、生ならなんでもいいってもんじゃないなと学習いたしました。アタリは本当に旨いんだけどね、生わかめ。

わかめに限らず、切り昆布とかひじきとかあおさとかめかぶとか海苔とか、海藻はなんでもいけるクチ。と言いつつもわかめ以外はあんまり登場しないけど、海藻って野菜同様モリモリ食べると無性に気持ちいいいじゃないですか。なんでしょうね、これ。大いなるミネラルのミラクルなのか。好き。

 




関連記事

家飲み献立 12/6 鶏すき煮、なめこ納豆他全5品で晩酌。

今朝はかなり早めに家を出たのですが、寒い!今季一寒かった! 途中すれ違った女子高生の生足が

記事を読む

秋刀魚のしょうが煮

秋刀魚のしょうが煮、柿とくるみの白和え献立。

また秋刀魚です。 とりあえずは食べておきたい味付けを全てクリアしたいよね。ということで

記事を読む

家飲み献立 鶏すき。

目論見どおり白菜の外葉を干せて満足の土曜日。 天気のいい日に野菜がカラッと干しあがった

記事を読む

黒はんぺん焼き

黒はんぺん焼き、春菊の白和え献立。

黒はんぺんをいただきました。 最近なぜか静岡方面のお土産を頂戴することが多いです。

記事を読む

鶏肝煮 献立

三つ葉とごぼうの豆腐サラダ、鶏肝煮。

久しぶりにレバーが食べたい。 そう思いついてログを見てみると、去年の11月から食卓にあがっ

記事を読む

おかわかめの味噌汁 大根のぬか漬け こんにゃくと水菜のゆず味噌和え きのこの卵とじ

きのこの卵とじ、こんにゃくと水菜のゆず味噌和え献立

引き続き、例のきのこを使って晩酌です。前回はシンプルに焼いて食べたはなびらたけ。焼ききのこ

記事を読む

花の香 純米吟醸 菊花

熊本の酒 花の香 純米吟醸 菊花で晩酌 茹でえび和風タルタルソース。

またどこかで行き詰まるかしら、と考えつつ南下しています。何しろ、残る地域が少なくなってきたも

記事を読む

日本酒 つまみ

日本酒で晩酌献立 5/23 豚しゃぶ梅ポン酢、きのこ温奴。

休肝日を設定しようと決意したからなのかどうなのか、もしやこのまま酒を呑まない人生という選択も

記事を読む

家飲み献立 10/9 イカとセロリの中華和え他全5品で晩酌。

TGIF! また大きな台風が近づいていますね。備えましょう。   今夜の

記事を読む

蒸し鶏となすのサラダ

蒸し鶏となすのサラダ、焼きピーマン献立。

便宜上、蒸し鶏となすのサラダとしましたが、なすも蒸しています。さらに、なすとほぼ同量のトマト

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑