わかめと卵の炒めもの、にら納豆献立。

公開日: : 家飯, 食べること

卵とわかめの炒めもの献立

本日反省すべきは、うつわの見極めが甘かった点。

メインを大皿に盛ったところ、予測より量が少なくて貧素さがより引き立つビジュアルになってしまったことには当然気がついておりました。

しかしこの晩酌献立記録のプライオリティは「実食 > 撮影」となっているものですから、敢えて盛り付け直し、撮り直しをすることなくこうしてここに披露する次第です。

わかめは幾分柔らかいです。

わかめと卵の炒めもの、にら納豆で晩酌

わかめと卵の炒めもの献立

  • 豆腐と白ねぎの味噌汁
  • 春キャベツの煮びたし
  • にら納豆
  • わかめと卵の炒めもの

豆腐と白ねぎの味噌汁

豆腐と白ねぎの味噌汁

豆腐と白ねぎで全体的にとても白っぽい味噌汁。出汁はいりこ。

春キャベツの煮びたし

春キャベツの煮びたし

こちらは先日の残りもの

にら納豆

にら納豆

茹でたにらを出汁しょうゆに浸してから納豆と和えて、しょうゆ、からし、海苔、鰹節で味付けしたもの。

わかめと卵の炒めもの

わかめと卵の炒めもの

油をひいて熱したフライパンに溶き卵を流し入れ、大きく混ぜてふんわり固めたら一旦取り出します。同じフライパンに千切りのしょうがとねぎを入れ炒め、香りがたったら生わかめを投入。軽く炒めてから卵を戻し入れ、しょうゆ、酒、胡椒で調味したら完成。

生わかめがやっぱりちょっと柔らかくて頼りないけれど、味は問題なし。本日は冷酒で晩酌となりました。

日本酒にあうおつまみレシピ

便利で旨いわかめが好きで、なかでも生わかめ愛好家の私。和えもので、炒めもので、そしてもちろん味噌汁などの汁ものでと使い勝手抜群で余らせる恐れなどないのだから、手に入るのであれば生が良い。そう信じて生きてきました。

わかめを使ったおかずいろいろ

しかし珍しくやや難ありわかめを引き当ててしまった今回、生ならなんでもいいってもんじゃないなと学習いたしました。アタリは本当に旨いんだけどね、生わかめ。

わかめに限らず、切り昆布とかひじきとかあおさとかめかぶとか海苔とか、海藻はなんでもいけるクチ。と言いつつもわかめ以外はあんまり登場しないけど、海藻って野菜同様モリモリ食べると無性に気持ちいいいじゃないですか。なんでしょうね、これ。大いなるミネラルのミラクルなのか。好き。

 




関連記事

ワインで家飲み アンチョビドレッシングのサラダ。

本日月曜日は休肝日かつ休胃日。 週末は外食することも多いし、早い時間から簡単なつまみと

記事を読む

稲里純米 磯蔵酒造

茨城の酒 稲里純米で晩酌 ピーマンの卵炒め、蒸し鶏と小松菜の和えもの。

昨日は珍しく1合缶。 当然あっという間になくなったので補充が必要です。 最近近所の

記事を読む

つまみを作ったり、食べたりするイベントについて。

奥さん、6月です。 というか、いきなりの暑さにもう夏が来たのかと思いましたね。いや、6

記事を読む

豚肉とわかめの卵炒め 献立

豚肉とわかめの卵炒め、白菜と春雨のスープ。

寒い...。 確実に日が長くなっているのに、寒い。やれやれ、もうしばらくこの寒さに耐え

記事を読む

家飲み献立 9/26 アッシパルマンティエに仏赤ワイン。

TGIF! 金曜日の夜はこれを作るぞ!と今週頭から決めていました。 なぜなら、ワイン

記事を読む

蒸し鶏とキャベツのエスニックソース レシピ

蒸し鶏とキャベツのエスニックソース、じゃがいものたらこ和え。

今朝、出かける時に近所のスーパーに立ち寄ったら、表にかわいらしいトイプードルの女の子がつなが

記事を読む

セロリと卵の炒めもの

アボカドの家飲みつまみ たことアボカドのサラダ。

野菜一種と卵を組み合わせる炒めものは頻繁に登場する定番メニューです。 ネギ、トマト、玉

記事を読む

ゴーヤと油揚げの炒め物

ゴーヤと油揚げの炒め物、トマトと卵のスープ。

寒い。 寒いは言い過ぎかもしれませんが、なんかいきなり秋の気配。秋刀魚も並び始めている

記事を読む

キャベツと肉団子のスープ煮

キャベツと肉団子のスープ煮、にんじんの白和え献立。

立冬も過ぎ、そろそろ汁飲みの季節ですね。 汁飲み。それは、スープや鍋物など汁気の多い料

記事を読む

じゃがいもとひき肉の塩煮献立

味付けのバリエーションが、塩ばかり。

大きめサイズのじゃがいもがひとつ、余っていました。 煮るにせよ焼くにせよ、1個じゃなん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

カメラ片手の銀杏狩りと、ひとり酒。東京散歩・墨田区

新しいカメラを購入したので、久しぶりに撮影散歩に出かけました

40代一人暮らし、1食分の食費はいくらか。

一人暮らしの食費は、いくらくらいが妥当なのか。外食、昼食、自

→もっと見る

PAGE TOP ↑