牛肉と玉ねぎのしょうゆ炒め、マッシュルームサラダ献立。

公開日: : 家飯, 食べること

玉ねぎと牛肉のしょうゆ炒め献立

今年は新玉ねぎの摂取量がすごい。

新玉ねぎを使ったつまみ

確かに好物ではあるけれど、なんでこんなに大量に食べてるんだろうか。おすそ分けでいただいたりもしたからか。

否応なしに薄切りにされる運命にある新玉ねぎ。今日はちょっと大きめに切って炒めます。

牛肉と玉ねぎのしょうゆ炒め、マッシュルームサラダで家飲み

牛肉と玉ねぎのしょうゆ炒め、マッシュルームサラダで家飲み

  • トマトとわかめのスープ
  • ぬか漬け
  • マッシュルームサラダ
  • 牛肉と玉ねぎのしょうゆ炒め

トマトとわかめのスープ

トマトとわかめのスープ

鶏がらスープでプチトマトとわかめをさっと煮て、胡椒とごま油で香りづけ。青味のねぎを散らします。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはキャベツとかぶ。

マッシュルームサラダ

マッシュルームサラダ

薄切りにしたホワイトマッシュルームと粗塩、胡椒、パルメザンチーズ、オリーブオイル、パセリのみじん切りをあわせたサラダ。レモンを絞っていただきます。

牛肉と玉ねぎのしょうゆ炒め

牛肉と玉ねぎのしょうゆ炒め

油をひいたフライパンで角切りにした新玉ねぎを炒め、透き通ったらいったん取り出します。同じフライパンで牛薄切り肉を炒め、しょうゆ、胡椒を加えてしっかり味を絡ませたら新玉ねぎを戻し入れ、ザッと炒め合わせて完成。

本日の炒めものは毎度おなじみ、ウー・ウェンさんの「野菜三昧の愉しい日々」のレシピから。ってこの本もう中古でしか手に入らないんですね、って前にも書きましたね。今日はたまたま新玉ねぎが余っていたので使ったけれど、本家レシピでは普通の玉ねぎを使用しています。

しかしまーたデタラメな献立にしちゃったよ。さて何を飲むべきかとしばし悩むも、結局冷酒に落ち着くのであった。

日本酒にあうおつまみレシピ

本来ならばワインを合わせたいマッシュルームサラダを今回も日本酒のお供にしてしまいました。でも、ご安心ください。昼からじゃぶじゃぶ泡を飲む時などに、山盛り作って食べたりもちゃんとしていますから。好きなんですよ、この食べ方。

こういう時にあると捗るのだけれど、いちいちちまちま切るのは面倒だし、束で買ってもサラダなどでむしゃむしゃ行かない限りは使い切れないことも多い。それがパセリ。

パセリ大量消費レシピ パセリがたっぷり食べられるタブーリ。

本日マッシュルームの上に乗っているものは、洗ってそのまま保存袋に入れ冷凍して、凍った所をバリバリバリと大胆に手揉みしたものです。みじん切りならぬ、みじん揉み。便利です。

 




関連記事

焼き鳥、鶏皮とキャベツのスープ。

料理記事を書くのはなんだかちょっと久しぶりですね。 今年に入ってからうろうろしていたの

記事を読む

柿のサラダ

豚ロースの糠漬け、柿と春菊のサラダ。

毎日飽きずに糠漬けを食べ続けているのは乳酸菌がとか酵素がとかそういう健康・美容意識からくるも

記事を読む

さつまいもと豚肉のしょうが煮

さつまいもと豚肉のしょうが煮、豆苗と卵の炒めもの。

食料調達スタイルがまだ確立されていないこともあり、ここのところあまり季節感のない献立になるこ

記事を読む

神亀純米

埼玉の酒 神亀 純米辛口で晩酌 蒸し鶏と青菜の生姜ポン酢、蕪のナムル。

関東地方の旅、順調に推移しております。 関連 勝手に日本酒全国ツアー いつもはこ

記事を読む

いり焼き豆腐で晩酌

いり焼き豆腐、しらすおろしで晩酌。

レシピを見ながらキッチンに立つことはほとんどありません。 毎夜の晩酌に並べるつまみは切

記事を読む

山芋レシピ

豚肉と長芋の梅和え、葱のスープ献立。

相変わらず野菜の価格にビビっているわけですが、長芋がいい感じのサイズで売られていたので入手。

記事を読む

家飲み献立 11/27 砂肝のソース焼きで赤ワイン。

うーん、なんだかでたらめというか中途半端な夕食を準備してしまった今夜。 いえ、別に料理

記事を読む

休肝日ごはん ゴーヤとツナの和えもの、トマト味噌汁献立。

あらあら、ゴーヤを食べ忘れていたじゃありませんか'19サマー。 そう気づいたのは、いつ

記事を読む

末廣 山廃純米 ひやおろし

福島の酒 末廣 山廃純米 ひやおろしで家飲み 白菜と豚肉の重ね蒸し、さつまいものにんにくソテー。

せっかく毎晩呑んでるんだから、いろんな地方のお酒を試してみましょう。 そんな風に思いつ

記事を読む

鶏レバーソース漬け。

今日も夜ご飯の時間が遅くなってしまいました。 最近ちょっと生活がずれ込んでいますね。基本的に朝型

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑