重たい仕事とカタルシス。

公開日: : 最終更新日:2019/07/05 生き方と考え方

daikanyama17

重ための仕事には朝一で取り組んだ方が段取り良く片付くであろうという先延ばし、もとい建設的な戦略に基づき、やらねばならぬことに手をつけぬまま就寝した昨夜。しかも、けっこう飲んだ。

ただ今午前7時過ぎ。今まさに、重たい仕事から逃げる、もといウォーミングアップのためにこれを書いています。

チャレンジングな仕事ほど燃える、というタイプが心底羨ましい。いえ、私とて新しい挑戦はハラハラしつつもワクワクするので絶対にイヤだと言う訳ではないが、重いものは重い。

手をつけ始めるとわりとあっけなく進むのだ。という自己催眠を使いたい。

重たい仕事とカタルシス

daikanyama24

自己催眠のため、上記導入部分を下書きに残してから時間は流れ、ただ今午後9時前。

残念ながら稚拙な催眠の効果は薄く、タスクは相当な重量で横たわり続け、最後は気合だけで九分九厘まで辿り着いたという状況であります。

朝の時点では100%片付いた開放感と歓びを綴る予定でしたが、達成具合に応じてカタルシスも九分九厘といったところ。企画倒れ甚だしいグダグダな結果となりました。

わたくし、常日頃からなるだけ働かずにいようと考えています。

いかにして働かずに暮らすか。

しかし、やらなくてはいけない時はある。重い仕事、すなわち、難しく時間がかかる仕事は面倒ではあるけれど、今はさほど辛くはないのです。

なぜなら、心底キツイ時期があったから。

あからさまに口に出すのすら恐ろしかったので、日々薄目でやり過ごしていましたが、今振り返るとこの頃はかなり厳しかった。

疲れやストレスが原因で歯が痛むことはあるのか。

それに比べれば今ある重たい仕事のひとつやふたつ何のことはない、余裕余裕全然オッケーという感じです。

歯が痛かった半年前の私に伝えたい。夏前にはラクになるよと。それなりに大変ではあるが、今よりずっと面白くなっているよと。

いや、伝えたい、というか、伝えていた。

つまり、辛い時期は永遠には続かないとか、状況を変化させるためには目の前の問題を片付けていくのが近道である。なんてことを、決して少なくはない経験で理解しているから、薄目を使ったとはいえなんとか窮地を乗り越えられたのでしょう。

20年前ならこういう考えはできなかっただろうなと考えると、年食うって悪くないなと思う。悪くないよねえ。なんかうれしくなってきたから、酒飲む。

 




関連記事

頑張らないあの人の朝ごはん。

朝ごはんにいたしましょう。 平日の午前10時。厳かなる言葉を添えて送られてきた写真には

記事を読む

働き盛りの40代、仕事のストレス要因は。

By: frankieleon[/caption] 最近仕事でものすごくストレスが溜まってい

記事を読む

世知辛い世の中を作っているのは誰だ。

By: woodleywonderworks[/caption] こう見えて今なお若い男性に

記事を読む

浜松町駅から東京タワー

田舎暮らしや社会貢献がしたくなったら、それはひとつのサインである。

妖怪多毛女の呪いを解くために、いつものサロンへ。 お盆どこか行ってました?あら、ご実家に帰

記事を読む

人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう。

年明けにとうとうやります! 出会いを求めて小さなスナック、こんな話が聞きたくて。

記事を読む

お金を使わない節約生活、のつもりはないのだけれど。

By: Katie Brady[/caption] 何しろ持ち物が少ないし、買い物も少ないし

記事を読む

私が一番大変で、こんなに頑張ってるのに、誰もわかってくれない。

連休中、友人と焼き鳥などをつまみに昼からだらだら飲んでおりました。昼飲みに付き合ってくれる友

記事を読む

年を取るほど幸せになるという話。

年を取っても偉くも賢くもなれないと言い放った舌の根が乾かぬうちにアレですが。 40代半

記事を読む

ニラ納豆

食べて飲んで、人体実験。

なんだかんだで観終わった後にセンター街を抜けるのは気分的にしんどかった。 関連 見習う

記事を読む

yuming

くさったおばさんと、恋のうた。

小さい頃は神様がいたっけかなあ。不思議に夢を叶えてくれたりしたかなあ。 20数年前、当

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

秋刀魚のしょうが煮
食べても味がしない理由。

この時期は毎年、さんまさんまと大騒ぎしています。なぜなら、さ

Amazonセール、プライムデーで買ったもの。

kindleにしようか、タブレットにしようか。毎回悩んで、結

2週間でウエストマイナスンcm、ぶよぶよお腹のその後。

腹の肉削ぎに成功した「お腹ぶよぶよ大作戦」から、5ヶ月が経過

時がとまっているおばさん。

最近「ガラスの仮面」を読みはじめました。実は私、昭和の女であ

なにもないのがいちばんぜいたく。

いっちょまえに忙しぶっていた先月末。のんびりしたい、もっとや

→もっと見る

PAGE TOP ↑