重たい仕事とカタルシス。

公開日: : 最終更新日:2019/07/05 生き方と考え方

daikanyama17

重ための仕事には朝一で取り組んだ方が段取り良く片付くであろうという先延ばし、もとい建設的な戦略に基づき、やらねばならぬことに手をつけぬまま就寝した昨夜。しかも、けっこう飲んだ。

ただ今午前7時過ぎ。今まさに、重たい仕事から逃げる、もといウォーミングアップのためにこれを書いています。

チャレンジングな仕事ほど燃える、というタイプが心底羨ましい。いえ、私とて新しい挑戦はハラハラしつつもワクワクするので絶対にイヤだと言う訳ではないが、重いものは重い。

手をつけ始めるとわりとあっけなく進むのだ。という自己催眠を使いたい。

重たい仕事とカタルシス

daikanyama24

自己催眠のため、上記導入部分を下書きに残してから時間は流れ、ただ今午後9時前。

残念ながら稚拙な催眠の効果は薄く、タスクは相当な重量で横たわり続け、最後は気合だけで九分九厘まで辿り着いたという状況であります。

朝の時点では100%片付いた開放感と歓びを綴る予定でしたが、達成具合に応じてカタルシスも九分九厘といったところ。企画倒れ甚だしいグダグダな結果となりました。

わたくし、常日頃からなるだけ働かずにいようと考えています。

いかにして働かずに暮らすか。

しかし、やらなくてはいけない時はある。重い仕事、すなわち、難しく時間がかかる仕事は面倒ではあるけれど、今はさほど辛くはないのです。

なぜなら、心底キツイ時期があったから。

あからさまに口に出すのすら恐ろしかったので、日々薄目でやり過ごしていましたが、今振り返るとこの頃はかなり厳しかった。

疲れやストレスが原因で歯が痛むことはあるのか。

それに比べれば今ある重たい仕事のひとつやふたつ何のことはない、余裕余裕全然オッケーという感じです。

歯が痛かった半年前の私に伝えたい。夏前にはラクになるよと。それなりに大変ではあるが、今よりずっと面白くなっているよと。

いや、伝えたい、というか、伝えていた。

つまり、辛い時期は永遠には続かないとか、状況を変化させるためには目の前の問題を片付けていくのが近道である。なんてことを、決して少なくはない経験で理解しているから、薄目を使ったとはいえなんとか窮地を乗り越えられたのでしょう。

20年前ならこういう考えはできなかっただろうなと考えると、年食うって悪くないなと思う。悪くないよねえ。なんかうれしくなってきたから、酒飲む。

 




関連記事

2017年の運勢を占う。

By: Stephane Mignon[/caption] 大晦日、みなさんいかがお過ごしで

記事を読む

日本人女性は長寿世界一、何歳まで生きたいか。

By: José Antonio Morcillo Valenciano[/caption]

記事を読む

石ころでも売る技術。モノを売るテクニックは悪なのか。

By: photosteve101[/caption] 朝日新聞に糸井重里さんのインタビュー

記事を読む

独身高齢一人暮らしの賃貸契約事情。

今年の「やりたいことリスト」に、引越しをリストアップしました。2年ぶりの「やりたいことリス

記事を読む

人生のど真ん中を失うということ。

先日たまたま目に入った記事を読んでびっくり。 アニサキスにあたって、一生ほとんどの魚が

記事を読む

もうなんでもいいし、どうでもいい。

さほど長くはないこの先の人生については、もうなんでもいいし、どうでもいい。 などと書

記事を読む

愚痴ばかりのおばさんが、つまらなくて怖い。

仕方ないとはいえ、今年は友らに全然会えていない。 元々社交性のかけらもない私が、数少

記事を読む

シンプル 瞑想

チェンマイの寺でお坊さんに教わったシンプルな瞑想法。

今回チェンマイまで足を伸ばしたのはとあるお寺で瞑想を体験するためでした。 参考 タイ

記事を読む

私を幸せにしてくれるブランドのちから。

モノに依存しない生き方、ねえ。 そこまで達観できたらいいなあと思うし物欲と煩悩にまみれ

記事を読む

幸運な時代の狭間感、また呑気に笑えるか。

申請していたパスポートの受け取りに行ってきました。 関連 10年間顔が変わらないのはイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑