休肝日ごはん 目玉焼き丼、にんじん葉のナムル献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

休肝日の夕食 献立とレシピ

炊きたてのごはんをどんぶりによそって、上手に焼いた目玉焼きをのせるだけ。

簡単、旨い、見た目よし。目玉焼き丼って、料理初心者の一人暮らしにもってこいのメニューだと思います。

一人暮らしの料理 簡単で飽きない自炊のコツ。

しかし私が目玉焼き丼の魅力に開眼したのは随分と大人になってからのこと。その昔は、この料理(とまではいかないが)のシンプルさが持つ底力に気がついていなかったのでした。

休肝日ごはん 目玉焼き丼、にんじん葉のナムル献立

キャベツと揚げの味噌汁 ぬか漬け にんじん葉の胡麻和え 目玉焼き丼

  • キャベツと揚げの味噌汁
  • ぬか漬け
  • にんじん葉のナムル
  • 目玉焼き丼

キャベツと油揚げの味噌汁

キャベツと油揚げの味噌汁

ざく切りにしたキャベツと短冊に切った油揚げを入れた味噌汁。出汁はいりこ。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは大根となす。漬かりきって酸っぱくなっていたので、軽く塩抜きしてみじんぎりのしょうがを加えました。

にんじん葉のナムル

にんじん葉のナムル

ゆでたにんじん葉をごま油、塩、すりごまで和えたもの。

目玉焼き丼

目玉焼き丼

熱したフライパンに油をひき卵を割り入れ、白身がかたまりフチがカリッとするまで焼きます。うつわに盛ったごはんにのせ、食べるときにしょうゆをちょろっとたらして。

近頃は生卵を用いる卵かけごはんより、この目玉焼き丼のほうが断然好き。焼くという手間はかかっても、半熟の黄身とカリッと焼けた白身の両方の食感が味わえるのがありがたい、と思いませんか。しょうゆをたらす、と書きましたが、粗塩を振るのもまたいいものです。

休肝日の献立

味噌汁、小鉢、香のものが揃っているので、目玉焼きがのっておらずとも献立としては十分成り立つ。逆に言えば、目玉焼きひとつあるだけで、急にご馳走っぽさが増してきませんか。

私が目玉焼き丼にさして思い入れを持たず過ごしてきた理由は、目玉焼き自体に興味がなかったから。朝の卵料理といえばゆで卵派だったし、どうせ卵料理作るのならオムレツとか出汁巻きとかがいいと思い込んでおり、目玉焼きの存在意義をいまひとつ掴み切れずに歩んだ人生でした。

目玉焼きの威力を知った瞬間はいつだったか、はっきりとは覚えていないが、タイ料理あたりの影響はあるかもしれない。多めの油でカリッと揚げ焼きにした目玉焼きが添えられたのっけごはん、旨いもんねえ。

一人でもマッサマンカレーが食べたい!バンコク女性一人旅の食事

大衆酒場のメニューに「ハムエッグ」が存在する理由も、今となってはわかりすぎるほどにわかってしまうのでした。

あ、にんじん葉について書こうと思っていたのに、うっかり目玉焼きの話だけで終わってしまった。やれやれ、葉っぱの話はまた後日。

 




関連記事

大事に扱われるのが、やたらうれしい。

少し前のことになりますが、初めてUberEatsを利用してみました。 デリバリーを利用するなんて、

記事を読む

家飲み献立 1/28 せせり塩鍋。

はい、まやかしでしたー、昨日の暖かさは嘘でしたー。 と、思わずミサワ化してしまう寒い1

記事を読む

ゴーヤチャンプルー

ゴーヤチャンプルー、小松菜の梅和え献立。

夏だ夏だ、夏野菜だ! 先日のとうもろこしに引き続き、こちら今季初となるゴーヤの登場です

記事を読む

家飲み献立 12/20 塩手羽大根、なめこ湯豆腐。

今朝改めてカレンダーを確認してびっくり。思わず二度見。 なんと、もう20日とは! 12月も

記事を読む

さんまの酒蒸し献立

さんまの酒蒸し、きのこと小松菜の梅和え献立。

家具やらインテリア製品やらを購入するにあたって、店でチェックしたときにはそうでもなかったのに

記事を読む

ボイルドレバー

ワインで家飲み トマトとヨーグルトのサラダ、ボイルドレバー。

久しぶりにワインを仕入れました。 おかげで朝から今夜はワイン、ワイン、と、周りから見る

記事を読む

ことでん1日フリーパスで琴平へ 高松日帰り弾丸旅行 その2

フェリーとバスを使った神戸から高松への日帰り旅行。 深夜便を利用したおかげで、JR高松

記事を読む

材料2つの鍋料理 11/6 キャベツと豚肉の鍋。

スーパーの品揃えもすっかり衣替え。そろそろ葉物が充実してきましたね。 寒いのはめっぽう

記事を読む

スペアリブと大根の塩煮、キャベツと揚げ玉の味噌汁で家飲み。

スペアリブ。ここでは初登場ではないでしょうか。 スペアリブというとイメージ的にはなんら

記事を読む

家飲み献立 10/8 砂肝の葱塩ダレ他全5品で晩酌。

皆既月食かあ…と、階段の窓から空を見上げると赤い月。 おお、これは見えるかも!?と慌て

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

→もっと見る

PAGE TOP ↑