京都の酒 玉乃光 純米吟醸 28Pf Summerで晩酌塩鶏と大根のスープ煮

公開日: : 最終更新日:2019/06/29 家飯, 食べること ,

玉乃光 28pf 2019

お久しぶりです。京都です。

勝手に日本酒全国ツアー

相変わらず晩酌はちびちびとやっておりますが、日本酒全国ツアーとして記してはおりませんでした。

今回売り場で引っ掴んだのは京都の酒。京都は英勲招徳に続いて3度目の登場となります。

京都の酒 玉乃光 純米吟醸 28Pf Summer

玉乃光 28pf 2019

まだ一度しか登場していない県もある中、なぜ京都の玉乃光を選んだのか。それは夏酒に弱い私にストレートに訴えかけてくる「Summer」の文字と、1,080円というお手頃価格。あら、美味しそう、まあずいぶんお安いのね、ということでまんま術にはまったのでした。

Summerってくらいだから、季節ものなんでしょうけども。

季節限定(玉乃光)

サイトにはこの酒に関するデータはナシ。オフィシャルサイトに商品情報が掲載されていないケースってよくあるのだけど、なんでですかね?販路が限定されてるからとか、それなりの理由があるのでしょうか。仕事柄、毎度もやもやするのですが。

会社の事情は置いておいて、しっかり香り高いのにキリッと辛口ってのはありがたい。しばらくはこの手の酒を続けて買ってしまうことでしょう。夏場の冷酒晩酌、好き。

京都の酒 玉乃光 純米吟醸 28Pf Summer データ

蔵元  玉乃光酒造株式会社(京都府・伏見区)
種類  純米吟醸
精米歩合  60%
日本酒度  –
酸度  –
アルコール度  14度

塩鶏と大根のスープ煮、エシャロットの塩昆布和え献立

塩鶏と大根のスープ煮

  • エシャロットの塩昆布和え
  • 塩トマト
  • 小松菜のしょうが炒め
  • 塩鶏と大根のスープ煮

エシャロットの塩昆布和え

エシャロットの塩昆布和え

薄切りにしたエシャロットの白い部分を塩昆布と合わせてなじませます。

塩トマト

塩トマト

ミディトマトには塩を振って。

小松菜のしょうが炒め

小松菜のしょうが炒め

フライパンに油と千切りにしたしょうがを入れ熱し、ざく切りにした小松菜とエシャロットの青い部分を入れ炒めます。小松菜がしんなりしたところで酒としょうゆを回しかけてざっと炒め合わせたら完成。

塩鶏と大根のスープ煮

塩鶏と大根のスープ煮

鶏もも肉に塩を揉み込み冷蔵庫で一晩寝かせたものを一口大に切り、同じ大きさに切った大根、水、酒、昆布、砕いた粒胡椒と一緒に鍋に入れ弱火にかけます。あとはくつくつ煮込んで大根が柔らかくなったら完成。

塩鶏の塩分だけでも美味しく食べられますが、足りないようなら粗塩を追加しても。熱々ほろほろのもも肉と、これまた熱々ほろほろの大根を、冷やした純米吟醸でするりと流し込む。暑い夜に熱いものと冷たい酒、いいですね。

日本酒にあうおつまみレシピ

生まれて初めて、エシャロットというものを購入しました。

エシャロット。居酒屋で味噌が添えられたものをよく見るけれど、自分から進んで頼んだことはない。なのになぜ、今になって突然登場したかというと、先日友人らと作ったり飲んだりして遊んだ際にこれが出てきて、滅法旨かったからです。

つまみを作ったり、食べたりするイベントについて。

製作者曰く、ごま油やらなんやらを加えたくなる気持ちをぐっと抑えて、塩昆布だけでシンプルに仕上げるのがポイント。確かにこれだけで十分酒が進むいいつまみになりますね。

余った青い部分をさっと炒めて出してくれてこれまた旨くて感激した私。しかし今夜は炒めもので1品となるほどの分量は取れなかったので、そっと小松菜に忍ばせたのでした。

ところで今日私が食べたものや居酒屋で目にする「エシャロット」ってエシャロットじゃないですよね。らっきょうですよね。どうやら当初はらっきょうをおしゃれっぽく「エシャレット」と呼ぼうと試みたらいつのまにかエシャロット呼びが定着しちゃって云々、ということのような。

よって、本日のこれも本当はエシャロットじゃないんだけど、ついエシャロットって呼んじゃうよねえ。八百屋の表示もエシャロットだったしねえ。

 




関連記事

家飲み献立 11/25 春菊とベーコンのスープ、焼き厚揚げなど。

さ、寒い…。 冬ですか?もう本格的な冬に突入したのでしょうか。 11月の時点で寒

記事を読む

豚肉と水菜のハリハリ鍋

家飲み献立 2/11 ハリハリ鍋。

朝からなんかやけにみんな家でゆっくりしてるなあ...。 なんて思いつつ布団を干していて気がつきま

記事を読む

だし巻き染おろし、分葱と揚げのぬた 家飲みおつまみ。

キャベツがあるから今日は魚と一緒に蒸すか。 そう考えて魚に強い店に意気揚々と向かうも残

記事を読む

せせりの黒七味炒め

せせりの黒七味炒め、セロリと海苔の冷奴。

所有している調味料の種類がさほど豊富ではなく、変わった食材を使うわけでもなく、おまけにつまみ

記事を読む

その先にある世界観。オフホワイトとのマリアージュを探る夜。

用事ついでに目黒駅周辺を散歩していたわけですが。 関連 権之助坂に酉の市。東京散歩・目黒区

記事を読む

ごぼうと牛肉のしぐれ煮献立

ごぼうと牛肉のしぐれ煮、小松菜の白和え献立。

しっかり濃い味に煮詰めたしぐれ煮。この手のおかずはごはんも進むし、お弁当のおかずにもいいし、

記事を読む

焼きネギ、紅芯大根のはちみつ甘酢漬け

白和え、焼きネギ、紅芯大根のはちみつ酢漬けで晩酌。

晩酌は毎日のことなので、残りものや余り食材をスライドさせて翌日に消費するなんてのは日常茶飯事

記事を読む

一人晩酌 9/4 鶏もも肉のウスターソース焼き、小松菜に煮浸し。

午後になると毎日 「今日は何で呑もうかなあ…」 と、冷蔵庫の中身を反芻しながら考

記事を読む

三つ葉の卵とじ献立

三つ葉と揚げの卵とじ、根菜の酒粕味噌汁献立。

寒い。 言ったところで何の解決にもなりませんが、寒いですね。 寒い夜には当然、あ

記事を読む

塩もみキャベツのタルティーヌで朝ごはん。

Good morning world! 普段は晩酌事情ばかりUPしていますが、たまには

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め
いつもと少しだけ違う色。

節酒習慣のおかげで飲酒量はぐっと減りましたが、たまに晩酌もし

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

→もっと見る

PAGE TOP ↑