京都の酒 玉乃光 純米吟醸 28Pf Summerで晩酌塩鶏と大根のスープ煮

公開日: : 最終更新日:2019/06/29 家飯, 食べること ,

玉乃光 28pf 2019

お久しぶりです。京都です。

勝手に日本酒全国ツアー

相変わらず晩酌はちびちびとやっておりますが、日本酒全国ツアーとして記してはおりませんでした。

今回売り場で引っ掴んだのは京都の酒。京都は英勲招徳に続いて3度目の登場となります。

京都の酒 玉乃光 純米吟醸 28Pf Summer

玉乃光 28pf 2019

まだ一度しか登場していない県もある中、なぜ京都の玉乃光を選んだのか。それは夏酒に弱い私にストレートに訴えかけてくる「Summer」の文字と、1,080円というお手頃価格。あら、美味しそう、まあずいぶんお安いのね、ということでまんま術にはまったのでした。

Summerってくらいだから、季節ものなんでしょうけども。

季節限定(玉乃光)

サイトにはこの酒に関するデータはナシ。オフィシャルサイトに商品情報が掲載されていないケースってよくあるのだけど、なんでですかね?販路が限定されてるからとか、それなりの理由があるのでしょうか。仕事柄、毎度もやもやするのですが。

会社の事情は置いておいて、しっかり香り高いのにキリッと辛口ってのはありがたい。しばらくはこの手の酒を続けて買ってしまうことでしょう。夏場の冷酒晩酌、好き。

京都の酒 玉乃光 純米吟醸 28Pf Summer データ

蔵元  玉乃光酒造株式会社(京都府・伏見区)
種類  純米吟醸
精米歩合  60%
日本酒度  –
酸度  –
アルコール度  14度

塩鶏と大根のスープ煮、エシャロットの塩昆布和え献立

塩鶏と大根のスープ煮

  • エシャロットの塩昆布和え
  • 塩トマト
  • 小松菜のしょうが炒め
  • 塩鶏と大根のスープ煮

エシャロットの塩昆布和え

エシャロットの塩昆布和え

薄切りにしたエシャロットの白い部分を塩昆布と合わせてなじませます。

塩トマト

塩トマト

ミディトマトには塩を振って。

小松菜のしょうが炒め

小松菜のしょうが炒め

フライパンに油と千切りにしたしょうがを入れ熱し、ざく切りにした小松菜とエシャロットの青い部分を入れ炒めます。小松菜がしんなりしたところで酒としょうゆを回しかけてざっと炒め合わせたら完成。

塩鶏と大根のスープ煮

塩鶏と大根のスープ煮

鶏もも肉に塩を揉み込み冷蔵庫で一晩寝かせたものを一口大に切り、同じ大きさに切った大根、水、酒、昆布、砕いた粒胡椒と一緒に鍋に入れ弱火にかけます。あとはくつくつ煮込んで大根が柔らかくなったら完成。

塩鶏の塩分だけでも美味しく食べられますが、足りないようなら粗塩を追加しても。熱々ほろほろのもも肉と、これまた熱々ほろほろの大根を、冷やした純米吟醸でするりと流し込む。暑い夜に熱いものと冷たい酒、いいですね。

日本酒にあうおつまみレシピ

生まれて初めて、エシャロットというものを購入しました。

エシャロット。居酒屋で味噌が添えられたものをよく見るけれど、自分から進んで頼んだことはない。なのになぜ、今になって突然登場したかというと、先日友人らと作ったり飲んだりして遊んだ際にこれが出てきて、滅法旨かったからです。

つまみを作ったり、食べたりするイベントについて。

製作者曰く、ごま油やらなんやらを加えたくなる気持ちをぐっと抑えて、塩昆布だけでシンプルに仕上げるのがポイント。確かにこれだけで十分酒が進むいいつまみになりますね。

余った青い部分をさっと炒めて出してくれてこれまた旨くて感激した私。しかし今夜は炒めもので1品となるほどの分量は取れなかったので、そっと小松菜に忍ばせたのでした。

ところで今日私が食べたものや居酒屋で目にする「エシャロット」ってエシャロットじゃないですよね。らっきょうですよね。どうやら当初はらっきょうをおしゃれっぽく「エシャレット」と呼ぼうと試みたらいつのまにかエシャロット呼びが定着しちゃって云々、ということのような。

よって、本日のこれも本当はエシャロットじゃないんだけど、ついエシャロットって呼んじゃうよねえ。八百屋の表示もエシャロットだったしねえ。

 




関連記事

テイクアウト界隈がエラいことになっていた。

先日、珍しくテイクアウトを利用しました。楽天リアルタイムテイクアウト経由でさくっとオーダー

記事を読む

焼き油揚げ

晩酌献立 焼き油揚げ、トマトと三つ葉のサラダ。

焼いた油揚げがメインという、なんともいなたい晩酌献立。 いなたい、っておそらく方言なの

記事を読む

ワインで家飲み アンチョビドレッシングのサラダ。

本日月曜日は休肝日かつ休胃日。 週末は外食することも多いし、早い時間から簡単なつまみと

記事を読む

鯖と新玉ねぎのサラダ

さば水煮缶と新玉ねぎのサラダ、セロリのおひたし献立。

新玉ねぎが並び始めましたね。 日の出時間が早まったり、上着を変えたくなったり、花の香り

記事を読む

つくねと生のピーマン

家飲みつまみ 黄身つくねと生ピーマン、白菜のサラダ。

鶏団子はスープとか鍋物とか、とにかく 「茹でる」 という調理法を用いることが圧倒

記事を読む

食べることは生きること。

とにかく、食い意地が張っています。 何故こんな風になったのか、今となっては原因を思い出せないの

記事を読む

さばと白菜のしょうが煮

さばと白菜のしょうが煮、ひらたけとちぢみほうれん草の和えもの献立。

年明け以降無駄に忙しぶっているので、ゆっくり晩酌する時間がなかなか取れませんでした。

記事を読む

続けた先に、何かいいことあるかもしれない。

そんなにずっと続けてるんだったら、もっと何か別のことを考えればいいのに。 毎日飽きもせ

記事を読む

門前仲町・晴弘で昼酒1時間1本勝負 東京散歩・江東区

門前仲町散歩の続きです。 参考 早朝の門前仲町を歩く。東京散歩・江東区 久しぶり

記事を読む

家飲み献立 9/14 ビールか、ワインか?アンチョビポテト。

今日は朝からアンチョビを食べると決めていました。 って、昨日と同じパターンですが、なんでし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑