休肝日ごはん 塩鮭の粕汁、菜飯献立。

公開日: : 最終更新日:2019/02/11 家飯, 食べること ,

塩鮭の粕汁、菜飯献立。

週の初めは休肝日、今週もノンアルコール献立でスタートです。

寒い日が続いたので、粕汁が食べたくなりました。

が、粕汁って酒粕じゃないですか。ごはんのお供にならないわけじゃないけれど、どちらかというと日本酒に添えていただきたいですね。

たくさん作ったので、酒に合わせるのは後日のお楽しみにするとして、本日はおとなしくお茶を飲みます。

休肝日ごはん 塩鮭の粕汁、菜飯献立

休肝日ごはん 塩鮭の粕汁、菜飯献立。

  • 塩鮭の粕汁
  • ぬか漬け
  • ちぢみほうれん草のおひたし
  • 菜飯

塩鮭の粕汁

塩鮭の粕汁

大根、にんじん、下ゆでしたこんにゃく、油揚げを同じ大きさに切り揃え、一口大に切った塩鮭と一緒に昆布出汁で煮ます。具材が柔らかくなったら酒粕を小さくちぎって入れ、しょうゆで味を整えて完成。吸い口にゆずの皮を添えて。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは白菜とにんじん。

ちぢみほうれん草のおひたし

ちぢみほうれん草のおひたし

ゆでたちぢみほうれん草を薄味の出汁しょうゆにひたして、鰹節をのせます。

菜飯

菜飯

細かく刻んだ大根葉をフライパンで乾煎りして塩で軽く味付けし、ごまを加えたものをごはんにのせます。

粕汁はぶりや豚肉でも作るけど、やっぱり塩鮭が定番中の定番でしょうか。

ぶりの粕汁、焼きさつま揚げ献立。

今日はゆずの香りをプラスしましたが、ねぎをたっぷりのせたり、七味をふったりしてもいいですね。そしてちぢみほうれん草の甘さに驚き。シンプルなれど贅沢な、冬のご馳走ですね。

休肝日の献立

一時は近所の八百屋で頻繁にお目にかかっていたことから、やたらと食べていた気がする大根葉。

いり焼き豆腐、しらすおろしで晩酌。

久しぶりに葉つき大根を入手したので、めずらしく菜飯にしてみました。こんな風にごはんにのっけるんじゃなくて、しっかり混ぜ込んだほうがそれっぽかったかな、と思いつつ、旨い。

190128_gohan_10

混ぜご飯とか、炊き込みご飯とか、丼ものとか、チャーハンとか。ご飯ものはほぼなんでも好きなんだけど、一番好きなのは白ごはん。味や色をつけるよりも、そのままの姿で味わいたい欲が強めです。

となると、汁ものと白ごはんで構成するこの休肝日メニューは、好みの真ん中、どストライク。ある意味理想的な献立、と言えますね。

 




関連記事

塩豚とれんこんの蒸し焼き、キャベツの塩昆布和え。

なんだか久しぶりの家飯な気がしたけど、そうでもなかった。 週末は家を空けることが多く、

記事を読む

豚と白菜の重ね蒸し他全5品の献立。

台風一過。 風の強い一日でした。 やっぱり昨夜の頭痛は低気圧によるものだったよう

記事を読む

なすとピーマンの味噌炒め献立

なすとピーマンの味噌炒め、トマトとわかめのツナサラダ献立。

本日の晩酌献立に使用した野菜は、なす、ピーマン、トマトなど。 一気に夏が近づいてまいり

記事を読む

焼きさつまいも

さつまいものにんにく焼き、柿と小松菜のごま酢和え献立

塩辛いものが好きです。酒飲みってのはだいたい酒が進みそうな塩っけのあるものを好むものですが

記事を読む

海老とセロリのタイ風サラダ他全5品。

妙に蒸し暑い1日だな…。 と思ったら、やっぱり夕方ザッと降りましたね。 蒸し暑い

記事を読む

イカと豆腐の煮付け、もやしとささみのスープ。

そろそろ鮮魚売り場をチェックするのにそわそわする季節。 が、残念ながら昨日は頃合いの獲

記事を読む

パクチーが食べられない日本人がタイで暮らせるのか?

食の好みは年齢とともに変わるけれど、中には一向に食べられるようになる気配が訪れないものがあり

記事を読む

こんにゃくとピーマンのにんにくしょうゆ炒め

一人に慣れすぎた「ひとり分症候群」の落とし穴。

こんにゃく料理が続いております。 無性にこんにゃくが食べたいからとか、お腹具合をすっ

記事を読む

玉ねぎナシの肉じゃが レシピ

玉ねぎナシ肉じゃが、菜の花の胡麻和え献立。

新じゃが、新玉ねぎ、新キャベツ。 春らしい食材がちょこちょこ出回り始めていますね。 この寒いの

記事を読む

川鶴純米吟醸wisdom

香川の酒 川鶴 純米吟醸 wisdomで晩酌 牛肉と大根の塩煮、わかめと揚げのぬた。

進んでいます、進んでいます。とうとう香川県までやってまいりました。 関連 勝手に日本酒

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑