蒸し鶏ねぎダレ、わかめと春雨のサラダ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

蒸し鶏のねぎダレ献立

本体は旅の途中ですが、撮りためていた晩酌献立です。

普段使いのナイロントートに収まる旅の荷物。

1週間以上家を空けるとなると、食材はまるっとやっつけなければなりませんから、使い切りが主目的となり、組み合わせは怪しさを増します。

苦し紛れとも言います。

蒸し鶏ねぎダレ、わかめと春雨のサラダ献立

蒸し鶏ねぎダレ、わかめと春雨のサラダ献立

  • キャベツのスープ
  • ぬか漬け
  • わかめと春雨のサラダ
  • 蒸し鶏ねぎダレ

キャベツのスープ

キャベツのスープ

鶏のゆで汁でざく切りにしたキャベツを煮て、黒酢、ごま油、ごま、胡椒で味付けしたもの。スープというよりキャベツ煮と呼ぶ方がしっくりくるくらいにキャベツどっさり。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは京にんじんとセロリのごままぶし。

わかめと春雨のサラダ

わかめと春雨のサラダ

戻した春雨とわかめをナンプラー、レモン汁、唐辛子を合わせたドレッシングで和えたもの。

蒸し鶏ねぎダレ

蒸し鶏ねぎダレ

みじん切りにした白ねぎとおろししょうが、太白ごま油、塩を混ぜてねぎダレを作ります。むね肉で作った蒸し鶏をスライスしてゆでたもやし、生三つ葉と共にうつわに盛り、タレをたっぷり乗せたら完成。

毎度おなじみむね肉の蒸し鶏。今回は塩をすりこんで室温に戻してから鍋に入れ、酒とかぶるくらいの水を加えて蓋をして火にかけ、沸騰したタイミングで火を止めて放置。余熱で火を通してしっとりさせる方式で行きました。時間がある時はこの方法がベストかな。

サラダもややエスニックテイストだし、これは間違いなくビール向けの献立ですね。もやしと三つ葉に苦し紛れ献立感が滲んでいますね。

ビールのおつまみ

いつもねぎダレを作る時は白ねぎ、ごま油、塩というパターンが多いのですが、本日はしょうがを加えて、太白ごま油にチェンジしてみました。

というのも、少し前に外で食べた「白切鶏」が美味くて。肉もさることながら、タレがいいなー、これはどうやって作るのかなーとむぐむぐしながら考えて、この方式でやってみたところ、ビンゴ。かなり近い味になりました。

190416_gohan_1

その店ではもも肉を使っていたのでもっとこっくりした1品に仕上がっていたけれど、蒸し鶏はむね肉派なんだよねえ。もも肉も美味いけどねえ。

正式?な白切鶏って、骨つきで作るんですかね。それもいつかチャレンジしてみるか。って、ゆでるだけだけども。

ところでわたくし、今これをホテルのキッチンカウンターで立ったまま書いております。ちょうどいい高さのテーブルがないからなんだけど、我ながら、何やってんだ。と思わなくはない。

 




関連記事

栃木の酒 望(bo:)初しぼり純米吟醸玉栄

栃木の酒 望(bo:)初しぼり純米吟醸玉栄で晩酌 牡蠣とほうれんそうの酒蒸しゆず風味。

暖かくなってくると、ちょい香りのいい酒を冷やして飲みたくなりますね。 勝手に日本酒全国

記事を読む

喜久酔 特別純米

静岡の酒 喜久酔 特別純米酒で晩酌。砂肝の葱和え、えのき納豆。

少々久しぶりの感がある日本酒ツアー。 何か訳があって止めていたわけではなく、単に東海地

記事を読む

蒸し鶏 献立

晩酌メニュー 蒸し鶏と白菜の香味だれ、にんじんの塩炒め。

調理自体に手間のかかる要素はないものの、みじん切りに千切りと、カットに少々手間取るメニューを

記事を読む

えのきと三つ葉の卵とじ献立

えのきと三つ葉の卵とじ、わかめと玉ねぎの味噌汁献立。

今年は酒量を減らす宣言をしたところですが。 新年に考える今年の食計画。 晩酌献立

記事を読む

ごぼうの甘辛炒め

ごぼうの甘辛炒め、紅芯大根のサラダ献立。

どっしりと太いごぼうをこれまたどっしりと大きめに切って、こっくりした甘辛味に炒める。

記事を読む

イカゲソ兄弟とおじさんと私。

ある週末の夕刻、近所の居酒屋のカウンターで飲んでいると、すぐ後ろのテーブル席にファミリーの姿

記事を読む

たらとじゃがいもの白ワイン煮、キャロットラペ。

毎度同じ話ばかりして恐縮ですが、倶楽部方式愛好家なのです。 関連 一番好きな倶楽部方式

記事を読む

大根ステーキ他全5品で晩酌。

ひゃー。 今日はまた寒かったですね。 耳まですっぽり覆うニット帽で買い物に出掛けたら

記事を読む

晩酌 おつまみ 秋刀魚の生姜蒸し、焼きレンコン。

この秋秋刀魚も3匹目。 日本人が食べる秋刀魚の量は平均すると3匹程度らしいのですが、あれ?な

記事を読む

豚肉と青梗菜の炒めもの、なめこおろしでひとり晩酌。

いやー。 寒さより暑さに100倍強い私ですが、さすがにここまで来ると 「暑い..

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

やりたいことをやる中年。

長年あたため続けてきた大イベントを、今月ようやく開催できまし

東京大仏
「過去は変えられない」の嘘。

他人と過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる。とか、

トマトの卵炒めのっけ丼献立
お手本がある時代のありがたさ。

少し久しぶりに、献立の話でも。相変わらず平日の質素飯生活が続

浜松町駅から東京タワー
大事なものに躊躇なく投資するための、正しい節約のススメ。

10年ぶりにスマホに回帰したので、毎月携帯料金が発生すること

先月の携帯代は94円。

10年ぶりにスマホを契約してから、早1ヶ月が経過しました。約

→もっと見る

PAGE TOP ↑