休みの日に連絡しても絶対に反応しない後輩。

nakano-st17

たのしいたのしい年末年始休暇も終了し、世間はすっかり通常モードに戻りましたね。もちろん私も戻りました。

と言っても私の場合休みはあってないようなものなので、休暇中とて100%何もしない、はありえない(寝てたけど)。

でもこれは私がそういう働きかたをしているからであって、そうでなければ休みはしっかり休みたいよなあと思うのです。そうじゃないと今の時代、誰もが下手すりゃ1年365日営業になってしまう。

そういえば昔、休みの日は電話にもメールにも絶対に反応しない後輩がいました。

休みの日に連絡しても絶対に反応しない後輩

ipod_code2

当時、その後輩は20代半ば。

上からの緊急の電話にも出ないなんてあいつは責任感に欠けるとか、やる気が感じられないなどと、上司はみな文句を言っていたけれど、そもそも休みってそういうものでしょう。しかも、自分が稼働しているからといって大した用事でもないのに休暇中の部下に普通に電話するのはどうか。と言ってみても、理解はされませんでした。

当時はまだスマホがなかったので、常に誰もがオンラインが普通の現在とは少し事情が違う。でも、見ている景色や持っている常識が違えば話が通じないのは、いつの時代も同じですね。

残業手当が出ないなら残業したくない若者は「社会をなめている」?

当時はワークライフバランスという概念はまだまだ浸透しておらず、パワハラなんて言葉も一般的ではなかった。現在ではさすがに会社側から休暇中の連絡を強制されるケースは減っているでしょうが、友人のようにどうしても気になって、自発的にやってしまうケースは多いでしょう。

どこにいても仕事はできる。

自発的なんだからいいじゃん、黙認黙認、って話でもないけれど、上から強制されてやるのとはやっぱり違う。

休みの日に連絡しても絶対に反応しない後輩のことを突然思い出したのは、先日取引先の方が社内に向けて

「本日山田(仮名)は本日有給休暇なので、メールなどの連絡は控えていただく様お願いします」

なる情報共有をされていたのを目撃したから。あ、そうだよね、と思う。それでいいよね、と思う。仕事なんだからいつでもなんでも対応しろ、ってのは、なんかちょっとねえ。

サイト閉鎖で考える切ないお仕事。

さて、今年も頑張りましょう。

 




関連記事

あまりにも充実したおこもり生活。

初めての在宅勤務に、戸惑っている。そんな人も多いのではないでしょうか。 急遽フルリモ

記事を読む

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴き返せば2018年のゴールデン

記事を読む

あまりにもマイペースな人。

「Hi,crispy do u remember me?」 週末の夜に届いた短いメール

記事を読む

地元で生きる力強さと終の住処を考える。

By: ume-y[/caption] 先日久しぶりに浅草へ出かけました。 久しぶり、

記事を読む

40代フリーランス、50手前で正社員になれるか。

会社勤めをやめてから、早いもので干支が一周しようとしています。 東京都内で屋根のある家

記事を読む

40代の働き方、ないないづくしのメリットを活かす。

今更何をぬかすかという感じですが、2017年も後半戦に入って久しいですね。 2017年

記事を読む

忙しい毎日、大人のお得な現実逃避のすすめ。

国外へ転居する友人が、出発当日フライト3時間前まで必死で荷造りしていたという話を聞き、気が遠

記事を読む

目的か手段か、手段が目的か、それとも単なる好奇心か。

By: Sam Howzit[/caption] モノを減らすのは手段であって目的ではない。 な

記事を読む

今すぐ時給を上げる方法。

週明けが締め切りの仕事がありましてですね。お話をいただいたのは少し前だったので、そんなにタ

記事を読む

「あなたみたい」と、言われても。

最近、またまたFacebookのアカウント乗っ取りが流行っているようです。メッセンジャーに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑