東京の酒 澤乃井 純米生原酒しぼりたてで晩酌、塩肉じゃが 献立。

澤乃井しぼりたて生原酒

今年ラストの日本酒全国ツアーは、一周回って東京の酒。

勝手に日本酒全国ツアー

そういや第一回目も澤乃井だったんだ。相変わらずカニの王冠が可愛らしいですね。

お約束の王冠撮影を済ませたら、季節限定の新酒とシンプルな塩肉じゃがにて晩酌です。

東京の酒 澤乃井 純米生原酒しぼりたて

澤乃井しぼりたて純米生原酒

今回選択したのは純米生原酒しぼりたて。食べるに記された「しぼりたて」文字が、中身のフレッシュさを物語っているような力強さがありますね。裏面には

ほとばしる新酒の荒々しさを欠点というのは簡単 しかしこれが魅力 初物は刺激的であってこそ うまい

なる解説が添えられております。なんだか青春真っ盛り、やんちゃ上等な若者のごとき酒、ということでしょうか。確かに味わいもやや荒削りというか、どこか垢抜けしない初々しさのようなものが感じられます。かなりしっかり濃い味のつまみを合わせてもいけそうな予感。

調べてみるとこの「しぼりたて」には本醸造バージョンもあるのですね。

純米生原酒 しぼりたて (小澤酒造)

本醸造とは一味違った純米酒ゆえの米の旨みがあり、火入れをしていない新米新酒の生酒です。出来立ての新鮮さを味わうことが出来、必ずご満足いただける一本です。

ここのところは1本飲みきり形式を採用しているけれど、こういうのみると飲み比べがしたくなるんだよなあ。

東京の酒 澤乃井 純米生原酒しぼりたて データ

181214_ienomi_6

蔵元  小澤酒造(東京都・青梅市)
種類  純米酒
精米歩合  60%
日本酒度  0~+2
酸度  1.8~2.0
アルコール度  17~18度

塩肉じゃが、えのきと三つ葉のおひたしで晩酌

塩肉じゃが献立

  • 小松菜と油揚げの味噌汁
  • セロリのぬか漬け
  • えのきと三つ葉のおひたし
  • 塩肉じゃが

小松菜と油揚げの味噌汁

小松菜と油揚げの味噌汁

小松菜と油揚げの味噌汁、出汁は昆布とえのきのゆで汁。最近この組み合わせの味噌汁多すぎ。青菜がたっぷり入った味噌汁がおいしくてついつい同じものばかりになってしまいます。

セロリのぬか漬け

セロリのぬか漬け

本日のぬか漬けはセロリ。

えのきと三つ葉のおひたし

えのきと三つ葉のおひたし

ゆでたえのきと三つ葉を薄味の出汁しょうゆにひたして鰹節をのせたもの。

塩肉じゃが

塩肉じゃが

鍋に油を熱しくし形に切った玉ねぎと牛薄切り肉を炒めます。肉の色が変わったら皮をむいて一口大に切ったじゃがいもを加え炒め、水をひたひたに注いで塩、潰した粒胡椒を加えます。じゃがいもがやわらかくなったら完成。

普通に甘辛味の肉じゃがにしてもよかったのだけれど、なんとなく塩味ですっきり煮たじゃがいもが食べたい気分だったので、塩味で。この手のシンプルな煮ものは毎度粒胡椒がいい仕事をしてくれます。

にんじんと牛肉の塩煮、かくや和えで家飲み。

同じ塩味でもみりんで甘みを足すバージョンも旨いのだけれど、いもの風味をダイレクトに味わうという点では塩オンリーが優位でしょうか。牛肉と玉ねぎからでる旨味をしっかり捉えてくれていい塩梅に仕上がります。えらいぞ、塩。

 




関連記事

ぬか漬けの卵炒め献立

ぬか漬けの卵炒め、ピーマンとツナの和えもの献立。

今年もぬか漬けの季節がやってまいりました。 毎年5月6月あたりにシーズン開幕となるので

記事を読む

れんこんの黒酢炒め

白菜あんかけ豆腐、れんこん黒酢炒め献立。

寒い日にはあったかい汁ものが定番ではありますが、とろみもまた捨てがたい。 熱々のとろみ

記事を読む

英勲秋上がり

京都の酒 英勲 秋上がりで家飲み。まぐろあら塩焼き、キャベツの塩昆布和え。

夏からストップしていた日本酒全国ツアー。 家飲み環境が変わって新たな気持ちで再開です。

記事を読む

蕪の煮物 献立

秋の家飲み献立 蕪の煮物、塩昆布奴。

なんだか淡白すぎてタイトルを見ても全然そそらない品書きですが。 依然蕪祭り開催中です。

記事を読む

和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごり

和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごりで晩酌 あさりと菜の花の酒蒸し。

近畿地方コンプリート! 時々寄り道はするものの基本的には北から攻めるスタイルの日本酒ツアー

記事を読む

ベジブロスの味噌汁

鶏もも肉のソース焼き、ベジブロスの味噌汁 家飲み献立。

昨年から週に一度の休肝日を設けています。 関連 続ける、やめる。習慣を変えるための簡単

記事を読む

蕪の浅漬け えのきと揚げの味噌汁 水菜のおひたし 塩豚とレンコンの蒸し焼き

塩豚とレンコンの蒸し焼き、水菜のおひたしで晩酌。

仕込んでおいた塩豚の残りをどうやって食べましょうか、と。 関連 塩豚と蕪のスープ煮、ネ

記事を読む

豚肉と青梗菜の炒めもの、なめこおろしでひとり晩酌。

いやー。 寒さより暑さに100倍強い私ですが、さすがにここまで来ると 「暑い..

記事を読む

rincon

少ない、小さい、軽いをよろこぶおかしな流れ。

夏季休暇中の友人らと集まって、遅い時間から食事へ。 突然パエリアが食べたくなったという

記事を読む

豆腐とニラの塩炒め献立

豆腐とにらの塩炒め、しらたきとわかめのサラダ献立。

にらを炒めて食べたいなあと考えながら八百屋に行ったら、にらが安売りされていました。 食

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑