さつまいもと豚肉のしょうが煮、セロリのおひたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

さつまいもと豚肉のしょうが煮

甘いさつまいもは塩や味噌。チーズ、しょうゆなど、塩辛い味付けにするのが好きです。焼いて粗塩振る、とか。

さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

さつまいもの季節になったら毎年一度は食べているような気がするしょうが煮。

しょうゆ味でほっくり煮たさつまいもにしょうがの辛味がいいアクセントになるのです。

さつまいもと豚肉のしょうが煮、セロリのおひたしで晩酌

さつまいもと豚肉のしょうが煮、セロリのおひたしで

  • 海苔の味噌汁
  • ぬか漬け
  • セロリのおひたし
  • さつまいもと豚肉のしょうが煮

海苔の味噌汁

海苔の味噌汁

いりこ出汁で大きめに切ったねぎをさっと煮て味噌を溶き入れ、ちぎった焼き海苔を加えます。シンプルだけどしっかり旨味のある海苔味噌汁は、味噌汁の実にする目ぼしい食材がない時に便利です。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじん、かぶ、ごぼうの3種。

セロリのおひたし

セロリのおひたし

薄切りにしたセロリをさっとゆで、出汁しょうゆにひたして鰹節をのせたもの。

さつまいもと豚肉のしょうが煮

さつまいもと豚肉のしょうが煮

鍋に油と千切りのしょうがを入れ火にかけ、香りがたったら豚こま肉を入れ炒めます。色が変わったらしょうゆとみりんで味付けし輪切りにして水にさらしておいたさつまいもを加えて炒め、ひたひたの水を注いで柔らかくなるまで煮ます。

メインの煮ものはやや濃いめのしっかり味。その分、セロリのおひたしはギリギリの薄味に仕上げてバランスを取っています。セロリって香りの強い野菜だから薄味にしても物足りなさを感じずに食べられるので、こういう副菜にするにはちょうどいいのかも。さっと火を通したらうっすらと翡翠色に変わるのもなかなかキレイでいいですね。

日本酒にあうおつまみレシピ

さて、そろそろ本格的に燗酒がしっくりくる季節になってしまいました。この冬もお手軽卓上お燗酒器のお世話になります。これ、もう3年も愛用しているのか。早いもんですね。

持たない暮らし。それでもこの秋欲しいもの。

気をつけてはいるつもりなのだけど、ついつい食器類を破壊しがちな慌て者。使用頻度が高いこの酒器が辛くも生き長らえているのは、途中で飲酒習慣を改善したからでしょうか。いや、むしろ改悪なのか。

一人晩酌のあり方を考える。

寒い季節は苦手だけれど、寒いからこそありがたく旨いつまみがあり、酒がある。そう割り切って秋冬の晩酌を楽しむしか。

 




関連記事

鯛のかぶと煮献立

鯛のかぶと煮、きのこと梅のすまし汁献立。

習慣で日々の晩酌献立を撮影し、ちまちまと記録し続けております。 暮らしの定点観測のすす

記事を読む

家飲み献立 12/9 鮭ときのこの豆乳スープ。

今日は済ませておきたい作業があれこれあったので、ラップトップを持ってなんとなく近所のファミリ

記事を読む

豚かたまり肉をしっとり茹でる方法。

誰にも会わないシェアハウスの夜。 お盆だなあ、としみじみ。 私といえば、何ら特別

記事を読む

台湾一人旅でもローカルフードを楽しみたい!台湾一周旅行の食事 その1。

台湾一周一人旅の食事で印象に残ったものを地域ごとにまとめます。 一人では利用出来る店が

記事を読む

鰤の柚子胡椒焼き

ぬか床を1ヶ月間放置した結果。

ぬか床を長期間放置していました。期間は約1ヶ月。 もともと冷蔵庫で漬けるタイプのぬか床

記事を読む

したい暮らしに、出会おう「ぜいたくな暮らし」書きました。

久しぶりにお仕事ネタなど。 住宅情報のライフルホームズが運営する暮らし情報サイトでコラ

記事を読む

こんにゃく炒め献立

たたきこんにゃく炒め、豆苗の白和え献立。

皿を叩き割るストレス発散法があるらしい。そんな話を以前書きました。 関連 捨てて壊して

記事を読む

豚焼肉の三つ葉和え、紅芯大根の蕗味噌ドレッシングサラダ献立。

豚焼肉の三つ葉和え、紅芯大根の蕗味噌ドレッシングサラダ献立。

冷え性改善生活を続けているので、家飲みでのビールは控えめにしています。 むくみを解消す

記事を読む

上野 翁庵で年越し蕎麦。

蕎麦が好きなので年がら年中食べたいのですが、だからということでもなく年越し蕎麦が食べたい派で

記事を読む

元町「瓢たん」で懐かしく新しい味噌ダレ餃子。

神戸は中華料理のレベルが相対的に高いと感じますが、独特の餃子文化もあります。 それは「

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

→もっと見る

PAGE TOP ↑