新宿で一人飲み BERGでジャーマン・ビアセット。

公開日: : 最終更新日:2017/07/06 一人飲み, 食べること

先日新宿でふと時間が空いたので久しぶりにBERGへ。

関連 BERG(ベルク)新宿でひとり飲み。カフェなんだからひとりでも平気。 

2年前にこの記事を書いた時はかなり昔に撮った写真を使ったので、前回行ったのは5年以上前かもしれません。

いやいや、本当にお久しぶり。だけど店内は全く変わらず。

お昼過ぎで小腹が減っていたのでいつものジャーマンビアセットをいただきました。




BERGのジャーマンブランチビアセット

berg ジャーマンブランチ

レバーペーストとポークアスピックにパンとハムが2種類づつとザワークラウトの盛り合わせ。懐かしいなあとつつきながら冷たいビールで喉を潤す。ちびちび食べて、ごくごく飲む。

ハーフアンドハーフ

実はめったに選ばないのだけど、なんとなく2杯目はハーフアンドハーフ。ちびちび食べてごくごく飲む。

本を片手にこの後は白ワインを1杯。随分ゆっくりした気がしたけれど、ほんの小一時間でした。

自他共に認めるおつまみ食いの私、以前はこの1皿で3杯は飲まなかった気がするなあ、せいぜい2杯で3杯目いくなら何か食べ物も追加するパターンだったかも、などとどうでもいいことを考えてご機嫌で帰路についたのですが、後になって気づく。

多分私、飲むのが早いんだ。

一人飲み、酒のつまみの適正数

カヴァで家飲み

酒は好きだけど強くはないのでさほど多くの量は飲みません。よって、酒好きの友人と飲む時は楽しい会話に釣られてたくさん飲まないように気をつけるのが大変です。が、外で一人で飲む時はどうも

「さっさと飲んでちゃっちゃと帰る」

を美徳としているところがあり、カンカンカーンと一気に飲んでしまう癖があるような。一人だと会話することもないのでただでさえペースが上がっちゃうしね。

別にそそくさと切り上げるのは構わないけれど、あまりに早飲み過ぎると酔いに気付く前にうっかり杯を重ねてしまう危険性があるのでもう少しゆっくり味わうようにしたいなあ、などと考えたのでした。

しかしこの1皿だけで十分楽しめるってことは、普段の晩酌ももっと品数減らしてもいいんじゃないだろうか。

いや、きちんと美味しいものだと少しの量でも楽しめるけど自作の粗食ならば品数がないと寂しいのではないか。となるとこれは品数ではなく自分の技術の問題なのか、などとしばし思い悩んだのですが、改めて考えるとジャーマンブランチの「品数」は肉系4種に野菜1+パンで計6品、パンも分けるなら7品。

なんだなんだ、量は少なくても品数は多いじゃないか、じゃあ私の調理技術の問題という線は消えたな、とものすごくどうでもいい回答が出てめでたしめでたし。

 






関連記事

カシラの塩焼き

カシラ塩焼き、キャベツ味噌で家飲み。

  やきとんってのが苦手でした。 今でこそ全国的に認知されている(多分

記事を読む

セロリ卵 献立

セロリ卵、わかめ温奴。

1年以上ぶりの休肝日を経て、通常モードの家呑み。 1日酒を抜いたら体がラク、とか目覚め

記事を読む

さつまいものにんにく焼き

さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活を送っているもので、季節の変わ

記事を読む

澤乃井純米大辛口

東京の酒 澤乃井 純米大辛口で晩酌 しめじと春雨の甘辛炒め、さつまいものチーズ和え。

酒は好きですが、あれこれ飲み比べたり、銘柄にこだわったりするタイプではありません。 ま

記事を読む

蒸ししゃぶ献立

蒸ししゃぶ、焼き甘長献立。

引越しして以前より調理環境が良くなりました。冷蔵庫も大きくなったので、冷凍だってできちゃうん

記事を読む

なすの葱ソース

蒸しなすの葱ソース、セロリ卵で晩酌。

なすって美味いですよねえ。 シーズン中は必ずといっていいほどぬか床にいれているので毎日

記事を読む

セロリと豆腐の炒めもの

セロリと豆腐の炒めもの、きのこと三つ葉のおひたし献立。

イメージとしては、塩味の麻婆豆腐。 ひき肉と豆腐を辛く味付けした、というだけで麻婆さ

記事を読む

さば納豆

鯖納豆、にんじんの卵炒め献立。

使い勝手の良い食材ばかりが手元にあると、どう使ってもそれなりの献立が構築できるので、それはそ

記事を読む

焼きれんこん献立

焼きれんこん、白菜のしょうが味噌煮込みで家飲み。

久しぶりの家飲みポストです。 本体は只今南の島で軟禁生活を送っていますが、出発前の晩酌

記事を読む

大分の酒 西の関 手作り純米

大分の酒 西の関 手造り純米酒で晩酌 にんじんと牛肉の塩煮、梅わかめ奴献立。

手持ちの札(酒屋)を何軒か見回って、ようやく大分の酒を発見しました。 残すターゲット県

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑