新宿で一人飲み BERGでジャーマン・ビアセット。

公開日: : 最終更新日:2017/07/06 一人飲み, 食べること

先日新宿でふと時間が空いたので久しぶりにBERGへ。

関連 BERG(ベルク)新宿でひとり飲み。カフェなんだからひとりでも平気。 

2年前にこの記事を書いた時はかなり昔に撮った写真を使ったので、前回行ったのは5年以上前かもしれません。

いやいや、本当にお久しぶり。だけど店内は全く変わらず。

お昼過ぎで小腹が減っていたのでいつものジャーマンビアセットをいただきました。

BERGのジャーマンブランチビアセット

berg ジャーマンブランチ

レバーペーストとポークアスピックにパンとハムが2種類づつとザワークラウトの盛り合わせ。懐かしいなあとつつきながら冷たいビールで喉を潤す。ちびちび食べて、ごくごく飲む。

ハーフアンドハーフ

実はめったに選ばないのだけど、なんとなく2杯目はハーフアンドハーフ。ちびちび食べてごくごく飲む。

本を片手にこの後は白ワインを1杯。随分ゆっくりした気がしたけれど、ほんの小一時間でした。

自他共に認めるおつまみ食いの私、以前はこの1皿で3杯は飲まなかった気がするなあ、せいぜい2杯で3杯目いくなら何か食べ物も追加するパターンだったかも、などとどうでもいいことを考えてご機嫌で帰路についたのですが、後になって気づく。

多分私、飲むのが早いんだ。

一人飲み、酒のつまみの適正数

カヴァで家飲み

酒は好きだけど強くはないのでさほど多くの量は飲みません。よって、酒好きの友人と飲む時は楽しい会話に釣られてたくさん飲まないように気をつけるのが大変です。が、外で一人で飲む時はどうも

「さっさと飲んでちゃっちゃと帰る」

を美徳としているところがあり、カンカンカーンと一気に飲んでしまう癖があるような。一人だと会話することもないのでただでさえペースが上がっちゃうしね。

別にそそくさと切り上げるのは構わないけれど、あまりに早飲み過ぎると酔いに気付く前にうっかり杯を重ねてしまう危険性があるのでもう少しゆっくり味わうようにしたいなあ、などと考えたのでした。

しかしこの1皿だけで十分楽しめるってことは、普段の晩酌ももっと品数減らしてもいいんじゃないだろうか。

いや、きちんと美味しいものだと少しの量でも楽しめるけど自作の粗食ならば品数がないと寂しいのではないか。となるとこれは品数ではなく自分の技術の問題なのか、などとしばし思い悩んだのですが、改めて考えるとジャーマンブランチの「品数」は肉系4種に野菜1+パンで計6品、パンも分けるなら7品。

なんだなんだ、量は少なくても品数は多いじゃないか、じゃあ私の調理技術の問題という線は消えたな、とものすごくどうでもいい回答が出てめでたしめでたし。

 




関連記事

キャベツと豚肉のナンプラー炒めのせごはん

休肝日ごはん キャベツと豚肉のナンプラー炒めのせごはん献立。

週の初めは休肝日。 休肝日の献立は、味噌汁、漬もの、ごはんという基本の組み合わせでどう

記事を読む

牛肉と大根の塩煮

牛肉と大根の塩煮、れんこんと水菜のサラダ献立。

謎の体調不良事件(?)の余波で、晩酌献立のストックがダブついております。 たった3日で

記事を読む

移動のお供に最適、ジャンボンクリュ・コルニッション。

いやー、びっくりした。 東京駅、激混み。 在来線のラッシュにすら縁のない私、こん

記事を読む

蒸し鶏のねぎソース

蒸し鶏のねぎソース、蒸し白菜おろし和え献立。

古より受け継がれし論争といえば、一人暮らしで自炊をする意味があるのか問題。 十数年前ま

記事を読む

鶏団子ときのこのスープ

鶏団子ときのこスープ、ふだん草のおひたし献立。

珍しく結構なボリュームのランチを食べてしまった日の夕方、当然お腹が全然減らない。 減ら

記事を読む

豚肉と大根の甘辛炒め煮、絹さや卵とじで晩酌。

和食といえば醤油と砂糖を使った甘辛いおかず、じゃないですか。 煮魚とか肉じゃがとか筑前

記事を読む

菜の花とまぐろのごま和え

菜の花とまぐろのごま和え、焼きさつま揚げで家飲み。

残り物総動員といった感のある献立。 さつまあげ、まぐろ、豆腐、なんかタンパク質多いです

記事を読む

もつ鍋もどき鍋で家飲み。

寒い。 2016年の夏は始まったばかりなのに早くも終焉を迎えつつあるようなこの寒さ。

記事を読む

油揚げのふきみそチーズ焼き

油揚げの蕗味噌チーズ焼き、豆腐と小松菜のすまし汁。

料理に自信ない人ってなんでもかんでもチーズかけたがりますよね、あれなんなんでしょうね?

記事を読む

鳥豆腐献立

鶏豆腐、蕪の温サラダ献立。

冬の定番鶏豆腐。この冬2度目の登場です。 関連 宮崎の酒 千徳清酒カップで晩酌 鶏豆腐

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑