家飲み献立 11/21 VIRONのレトロドールにヴァッケビアンケで赤白ワイン。

公開日: : 最終更新日:2015/12/17 シェアハウスで料理, 家飯, 食べること ,

141121d2

ボジョレーとは無関係にワインを飲もうと決めた金曜日。
東京駅近くにいたので、前から試してみたかったVIRON(ヴィロン)にバケットを買いに行きました。

最近すっかりシンプルなバケットにはまっている私。
日本一との呼び声も高いVIRONのレトロドールを一度は試さねばと思っていたものの、渋谷は苦手なのでなかなか出向くことがなく…が、丸の内にも店舗があったことを先日山手線から外を眺めていて初めて知ったのでした。遅っ。

所狭しと並ぶ魅力的な他のパンたちには目もくれず、レトロドール一択。我ながら潔いです。とはいえ、1本は多いかな、と思ったので購入したのは1/2本ですが。ショーケースに記載はないけれど、お願いすれば半分に切ってもらえます。

本日はこのバケットをワインと楽しむのが目的だから、あとはチーズとスープでいいかなと思っていたのに、夕方すごくお腹が空いてしまい結局あれこれ盛ってしまいました。
軽いものばっかりだけど。



 

今夜の家飲みメニュー

141121d4

  • 野菜とベーコンのスープ
  • 焼き野菜
  • 白葱のマリネ
  • アンチョビ豆腐
  • ボイルドレバー
  • チーズ
  • バケット

野菜とベーコンのスープ

みじん切りのにんにく、しょうがとベーコンをオリーブオイルで炒めて玉ねぎと干しキャベツも投入。油が回ったら水とローリエを入れて煮込みます。野菜からしっかり出汁が出たところでトマトも加えさらに煮て最後塩胡椒で味を調えたら完成。振ってあるのはドライバジルです。
昔はベーコンが入るスープでもスープの素とか入れてたような記憶が。今はホントに余計な味付けはいらないなと感じます。野菜出汁万歳。

で、あとはにんじんとしいたけをじっくりグリルしただけのものとか、切っただけのせただけ、のいつものヤツなんでおいといて、今日の主役のお話を。

VIRONバケット レトロドール

141121d

買った時にまだほんのりと温かかったのでこっそりつまみ食いしてみたところ、うん、美味しいけどちょっとよくわからないかも…というのが正直なところでした。もうちょっと食べたいのをぐっとこらえてお持ち帰り。スープを煮込みながらじっくり観察してみました。
噂通りのハードなクラストは包丁を入れても形が崩れないほど。そしてむっちりとしたきめ細かいクラムに見える気泡もなんだかもっちもちしています。色もやや濃い目のような。その後軽く焼いてワインと一緒にいただきます!となってから気がつきました。

あー、これ、ワインとチーズだけで食べるパンかも。

VIRON店内でも当然料理と一緒に出しているし、そもそもバケットなので食事と一緒に食べるものではあるんですが、なんというかちゃんと美味しいワインとチーズを添えたらそれで完成してしまうような味なんですね。味が濃いからか、カリッともちっとのバランス感ゆえの満足なのかはわかりませんが、美味しい料理のお供に、というより、メインでしっかり味わいたいような存在感。今夜のメニューみたいにあれこれと一緒に食べるなら他のバケットのほうが向いてるかもしれないなあ。

…まあそれは私の料理が貧相だからという説もありますが。一度VIRONのランチも試してみようかな。もちろん、ワインも一緒に。

パルミジャーノレジャーノ・ヴァッケビアンケ

141121d3

で、VIRONのバケットの片棒を担いだ(?)のがコイツです。
せっかくだからチーズも欲しいな~と大丸地下に立ち寄って、1人でいろいろ楽しめる盛り合わせ的なパックを購入しようとしたら、隣にこのパルミジャーノが入った詰め合わせが置いてありました。

パルミジャーノ、大好きなんです。

近所の店ではかなり大きな塊で売られていることが多いのでなかなか手出しできなかったのですが、これは100gのお手頃サイズ。他には大好きなコンテも入っているし、賞味期限も十分あるし、いっとくか!と急遽方針変更。久しぶりのパルミジャーノ× 赤ワインを想像しながらにやにやと帰宅しました。

参考 食べ比べパルミジャーノレジャーノ3種セット (cheese on the table)

ヴァッケはイタリア語で「牛」、ビアンケは「白」という意味です。
このチーズを作っている農家はたった3軒のみ。じっくり時間をかけた24ヵ月熟成で、じんわりとしたコクが口の中に広がり、旨みが後をひきます。

白牛のミルクを使ったパルミジャーノレジャーノ。
う、旨い。旨過ぎる。

濃厚なミルクのコクとしっとりとした舌触りの中に頻繁に感じられるアミノ酸のじゃりじゃりした歯ごたえがほんとうに幸せです。
パルミジャーノを食べたのが久しぶりだったからか、それともこのヴァッケビアンケがとびきり旨いのか。今の私には判断がつきませんが、旨いのは確か。あ、書いてたらまた食べたくなってきた。

というわけで美味しいバケットとチーズさえあれば、私の適当な料理なんていりません。おんなじ食卓に並べちゃったりしてホントすみませんね、って感じですよ、全く。とはいえ、どうしても野菜は食べたいので次回この組み合わせにするときもスープくらいは用意するかな。

そして惜しむらくは家にあったのがかなり軽めのワインだったこと。もう少しどっしりした赤と一緒だったらもっと美味しくいただけたかもしれないなあ。家で呑むのは毎日のことだから基本はカジュアルなテーブルワイン派なんだけど、こんな時(?)のためにちょっといいワインの一本も仕入れておきたいものですね。

 




関連記事

新じゃがいもと新玉ねぎの蕗味噌チーズ焼き

新じゃがいもと新玉ねぎの蕗味噌チーズ焼き献立。

蕗味噌、これにて終了です。 にらの卵炒め、蕗味噌献立。 この手の炒め味噌は密封保

記事を読む

サルディーニャス・アサーダス

いわしの塩焼きじゃがいも添え、和ハーブサラダ献立。

焼いたいわしに、じゃがいもを添える。 何かの本で読んだこの料理がずっと頭に残っていたの

記事を読む

ワインに合う秋刀魚レシピ

ワインのおつまみ 秋刀魚のワイン蒸し、アボカドとチーズの塩昆布和え。

バケットがちょっと余っていたので、ワイン連打。 昨日は野菜ばっかりだったから今日は肉で

記事を読む

タコとわけぎのぬた献立

たことわけぎのぬた、明太子豆腐献立。

赤い。 とにかく青くなりがちな晩酌風景が、やたらと赤い。とりわけ、紅芯大根は鮮やかすぎ

記事を読む

目玉焼き丼

一人暮らしの料理 簡単で飽きない自炊のコツ。

一人暮らしの料理について、以前調味料に関する「最低限の調味料8つ!これだけあれば十分自炊でき

記事を読む

卵黄の醤油漬け

卵黄醤油漬け、三つ葉奴で家飲み。

気になっていたのですが、ここ数日写真がどうにもおかしい。 原因はカメラか?また故障か?

記事を読む

里芋のねぎ油炒め

里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさは格別です。 高知の酒

記事を読む

edogawa60

イカゲソ兄弟とおじさんと私。

ある週末の夕刻、近所の居酒屋のカウンターで飲んでいると、すぐ後ろのテーブル席にファミリーの姿

記事を読む

塩鮭と蕪の味噌煮込み

塩鮭と蕪の味噌煮込み、ちぢみほうれん草と椎茸のおひたし献立。

お得意の汁飲みです。 「汁飲み」とは、味噌汁、スープなどの汁物をアテに酒を飲むスタイル

記事を読む

minicarrot

1人暮らしの晩ご飯 8/8 にんじんだけで一品。

昨夜があまりにも緑ばかりの食卓になってしまったので、今夜は赤いものを食べる、と決めていました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

minatoku11
好きだから、共有したい。

実は劇場版を観てしまいました。 おばさんホイホイは真実だ

切り昆布と豚肉の炒め煮献立
切り昆布と豚肉の炒め煮献立、キャベツの梅和え献立。

ここしばらく、お久しぶり食材が続いているような気がする晩酌献立

arakawa47
なんかなんかなんか。

人生三大嫌で嫌でたまらない行為のひとつといえば「記録された自分

saigon_q_apartment_39
旅の荷物の軽量化、どう考えても邪魔なもの。

旅、と言ってもほんの数日間なので、今回の荷物はかなり少なくまと

ゴーヤと豚の味噌炒め
ゴーヤと豚の味噌炒め、トマトとなすのサラダ献立。

この夏食べ忘れていたゴーヤを、先日和えものにしていただきました

→もっと見る

PAGE TOP ↑