さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること

さつまいものにんにく焼き

秋めいてきましたね。

相変わらず四季とあまり関係ない生活を送っているもので、季節の変わり目は主に食料から感じ取っております。

そこで芋ですよ。

さつまいもを手に取ると否が応でも秋。ほっくりねっとりした甘みが、もう秋なのだと私に強く訴えかけてくるのです。

さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和えで晩酌

さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立

  • 鶏出汁キャベツ味噌汁
  • ぬか漬け
  • さつまいもにんにく焼き
  • ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え

鶏出汁キャベツ味噌汁

鶏出汁キャベツ味噌汁

鶏むね肉のゆで汁を流用した味噌汁。ゆで汁に水を足してキャベツを煮て、味噌を溶き入れ仕上げに黒七味を振ります。ゆで汁に塩分があるので味噌の量は控えめに。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはキャベツ、大根、にんじん。

さつまいもにんにく焼き

さつまいもにんにく焼き

輪切りにしたさつまいもにオリーブオイルをまぶして薄切りのにんにくと一緒にフライパンでじっくり焼きます。うつわに盛り、粗塩と胡椒を振って。

ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え

ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え

鍋に酒と水を入れ沸騰させたところに、塩を揉み込んだ鶏むね肉を入れ蓋をし、火を止めてそのまま冷まします。鶏のゆで汁とおろししょうが、しょうゆを合わせてタレを作り、別にゆでたほうれん草と手で割いたむね肉を和えたら完成。

味噌汁につけもの、焼き野菜と和えもの。毎度おなじみの組み合わせではありますが、さつまいもが加わると途端に秋の献立といった風情が漂います。ひやの純米酒を添えて。

日本酒にあうおつまみレシピ

さつまいもなんてものは蒸しただけで旨いのだけれど、素材の甘さに塩っぱさが加わると酒のつまみにちょうどいい。なんならにんにくで風味もつけてやれ、ってな感じです。

さつまいもと塩のシンプルなあまじょっぱさもいいし、チーズとの組み合わせってのもたまりませんな。

さつまいもときのこのグラタン、キャベツの温サラダで赤ワイン

あら秋ね、芋がきのこが秋刀魚が、とか言ってたら今年もすぐに寒くなるんだ。で、鍋だ汁飲みだって言い出すんだ。忙しいわ。

 




関連記事

柏餅をひとつだけ買えるか。

柏餅が食べたい。 もともと柏餅は好きなお菓子だけれど、やはりこの時期に食べたくなるのは

記事を読む

いわしの梅煮献立

いわしの梅煮、にらの海苔和え献立。

午前中から抱えたままの魚気分を携えて魚屋へ行くと、本日の目玉は丸々と太ったいわしだと言う。

記事を読む

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。 2週間でウエストマイナスんcm

記事を読む

新玉ねぎの卵炒め献立

フラれた日の晩酌。

会食の予定がキャンセルになり、あらどうしましょ、外で食べる気満々だったから、何にも考えてない

記事を読む

いわしの塩焼き献立

いわしの塩焼きじゃがいも添え、トマトサラダ献立。

おりょうりいちねんせい。 そんなタイトルに変更すればいかがですかと提案したくなる画像を

記事を読む

春キャベツと肉団子のスープ煮

春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめのごま酢和え献立。

人間は、長くて短い生涯でいくつの団子を練るのでしょうか。 人間は、などと無駄に主語を大

記事を読む

rincon

少ない、小さい、軽いをよろこぶおかしな流れ。

夏季休暇中の友人らと集まって、遅い時間から食事へ。 突然パエリアが食べたくなったという

記事を読む

ひいかと里芋の煮つけ

ひいかと里芋の煮付け、キャベツの温サラダ献立。

あれっ?ひいかって、春じゃなかったっけ?いや、春はホタルイカか。 などと考えつつも、イ

記事を読む

新橋ときそば

食の好みが合わない人こそ大切だという話。

とりあえずパフェを食べようという近年稀に見る提案に面食らいながらも、おとなしく受け入れる。し

記事を読む

セロリと豆腐の炒めもの

セロリと豆腐の炒めもの、きのこと三つ葉のおひたし献立。

イメージとしては、塩味の麻婆豆腐。 ひき肉と豆腐を辛く味付けした、というだけで麻婆さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ラード使用チャーハン
背徳感が、脂の魅力。

休肝日メニューは、炒めごはん率が高いですね。 ハムライ

一人暮らしのしょうもない夏休み

そりゃそういう時期ですけど何も本気で毎日降らなくてもいいんじ

ぶりと青菜の酒蒸し献立
たくさんあるよろこびと、持つことへの恐れ

実はこの日、売り場にはぶりカマもあったのです。 しかも

プロになれなかった私のプロフェッショナル。

学生時代のアルバイトを含めれば、すでに30年以上も働いている

オムレツ
ボロボロ加減に感じる郷愁。

ずいぶん大人になってから、わかるようになったことがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑