少ない服で事足りる地味で孤独な引きこもり生活。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

knit17

Vネックのニットの上から、まだライナーを取り付ける前のコートを羽織る。秋ですね。

男性ドン引き、大人女性のNGファッション。

薄手のコートをさっと羽織るのが気持ちいいこの時期は長くは続かず、間も無く容赦ない寒気が訪れる。

しかし今年はこれといって冬ものへの気合は入っておりません。

この秋欲しいものはない

Dr.マーチンサイドゴア

服を頻繁に買い足さないスタイルの暮らしとなってからもうずいぶんと経つけれど、それなりに毎シーズンさて今年はどうすべかと考えていた、ような気がします。去年はあまりの寒さに耐えきれずにコートを買っていたし、その前はブーツを欲しがっていた。

旅の靴 サイドゴアブーツを選ぶメリットとデメリット。

先日さすがにこりゃまずいねという状態になっていたコットンTシャツを2年ぶりに買い換えた他は、これといって策は練っていない。はて、こんな状態ならクローゼットの中身はどれくらいで一巡するんだろうか、などと考える。

毎シーズン新しいものを買って都度使い捨て、を繰り返さない限りは100%総入れ替えはありえないけれど、消耗の激しい定番アイテムは定期的に交換するから、ごっそり入れ替わるタイミングってのはあるはずだよなあ。

今クローゼットにある服の中で一番古いものは20年近く前に買ったもの。基本的に物持ちが恐ろしく良すぎる私にしてはいくらTシャツとはいえ2年で買い換えは決して長いサイクルではありません。

5年以上前に買った服がよれよれになっていない理由。

けれど、持っている服が少なくなると1枚あたりの使用回数はおのずと高まり、それに比例して消耗も早まる。服を減らしたほうが買い換えサイクルは早まるので、好みや体型が変わりやすい場合ほど服が少ない方が合理的なのでしょう。

でも、私はそうじゃない。下垂傾向が顕著な体型はともかく、好みはあんまり変わっていかない。そして、生活も。

少ない服で事足りる地味で孤独な引きこもり生活

nerima37

毎シーズン服をバカスカ買わなくたって、案外どうにでもなるんだなあ。ここ数年そう思い続けているのは、私の生活があまりにも地味なものだからでしょう。

もしも今普通に週5勤務の生活サイクルになって、突如社交的になり、友達100人作って毎晩各地でパーティー三昧みたいなリア充ライフに突入するとしたら、今のままではいられない。自分のリア充イメージの貧困さが悲しいけれど、今のままではいられない。

別に毎日違う服を着て出かけなければならない決まりなんてものはない。興味がなければ、自分で決めたスタイルで一生貫き通したっていいのです。

女はこうあるべき?女はおしゃれしなきゃ!という何の根拠もない呪縛。

しかし私はそこまで一本筋の通った人間ではなく、根がチャラチャラしている自覚はある。

チャラチャラしていなくとも、会社に行く時と週末出かける時、友人の家に遊びに行く時、表参道のフレンチレストランで食事をする日と立石でもつ焼き食べる日は気分だけじゃなく服装だって変えたくなるだろうから、社会に対する顔をたくさん持っている人ほど、出かける機会とそのジャンルの幅が広い人ほど、手持ちの服も多くなるのは当然のことでしょう。そしてそれは、割と楽しい遊びでもある。

白シャツ一枚 装いプレイの可能性。

基本的に毎晩一人自宅で酒を飲んでいるような地味で孤独な引きこもり生活において、服などはさして重要な小道具ではない。最低限の洗濯替えさえあればどうにでもできるけど、社交が多くなるとそうもいかない。

私の場合、毎日必ずメイクはするし、自宅で過ごす時でもそのまま外出可能な服しか着ていないというのに、地味な生活サイクルの祟りか、はたまた美やファッションへの興味の減退か、以前からの懸案事項であるご近所ファッション問題が未だ完全解決に至っていないのが悩ましいところなのです。

突然の誘いに対応できないご近所ファッション問題。

この秋買い足したいもの、欲しいアイテムは特に浮かばないけれど、Tシャツにデニムでやり過ごせるシーズンが終わった今こそ、突然のお誘いに即座に対応できる基礎体力を取り戻したい。ほら、チャンスの女神のヘアスタイルは案外珍妙で、前髪しか生えてないとかなんとか言うし。

「突然のお誘い」なんてそうそうないし、あっても大体友達と飲みに行く程度の色気ない話なんだけど、最低限電車に乗って出かけて人に会い、服装に対して特に激しいツッコミも受けず自然に談笑ができるレベルを維持すること。それがこの秋冬ファッションの目標です。志低いな。そして毎年同じこと言ってるな。それならいっそ、生活を変えた方がいいのかも。

 




関連記事

忙しい毎日、大人のお得な現実逃避のすすめ。

国外へ転居する友人が、出発当日フライト3時間前まで必死で荷造りしていたという話を聞き、気が遠

記事を読む

都田駅は「浜松の北欧」日本散歩・静岡県

静岡県のローカル鉄道、天竜浜名湖線散歩の続きです。 天竜浜名湖鉄道に大興奮 日本散歩・

記事を読む

シンプルに生きるためのポータブルスキル。

私がモノを持たない生活をしている一番の理由は移動しやすくするためです。引越し作業というのは何

記事を読む

思い出のモノを整理して、過去の自分と対峙する。

基本的に本や雑誌は読んだら処分しています。 私にとって必要なのはそれらから得られる知識

記事を読む

70代ミニマリスト主婦のセレブ生活。

みんな大好き、70代ミニマリスト主婦のお話です。 70代ミニマリスト主婦のキッチン。

記事を読む

今日捨てたもの 10/20 赤い靴と夢の話。

ちょっと久しぶりの「捨て記事」ですね。 季節は変わり、洋服類などは 「もう少し減

記事を読む

行方不明のキティちゃんと出所不明のシャープペンシル。

By: darkday[/caption] 捨てました。 などと声高らかに宣言するよう

記事を読む

むかしの買い物。

持ち物がどんどん減っていた3年前にはそれなりに意味もあっただろう捨てた買ったの振り返り。 昨年

記事を読む

毛玉はやっぱり取らなきゃダメ?それとも…。

By: storebukkebruse[/caption] この冬大活躍しているのがストール

記事を読む

groovy vol.4

音楽CDをデータ化 groovy vol.4 (1999)

By: tim[/caption] 前回うっかりデータ化したCDに関する記事を書いてしまいま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

→もっと見る

PAGE TOP ↑