群馬の酒 谷川岳 源水吟醸とピェンローで晩酌。

公開日: : 最終更新日:2017/01/26 家飯, 食べること ,

谷川岳

残る関東地方の酒でお目当てがなかなか入手できず、今週は諦めて別の地方へ飛ぼうかなと思ったのですが。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

品揃えが一般的なスーパーのそれなのでノーマークだったいつもの店でなんとなく酒売場をチェックしてみると群馬の酒を発見。

まあこれもタイミングでしょう、というわけで晩酌は谷川岳に決定したのでした。



群馬の酒 谷川岳 源水吟醸

谷川岳 源水吟醸

蔵元は群馬県利根郡の永井酒造。メインブランドは水芭蕉だからでしょうか、サイトをチェックしてみると谷川岳のページは工事中となっている模様。

参考 蔵の歩み(永井酒造)

平成4年、品質にこだわった主軸ブランド「水芭蕉」を発売開始。受け継ぐべき伝統や技術を守るために「人にしかできないこと」は従来以上の手仕事で「近代化すべきところ」は大胆に刷新し、棲み分けを行いました。

創業は明治ですが水芭蕉発売は平成になってから、結構新しめのブランドなのですね。といっても既に20年以上継続している銘柄となるわけですが。フランスシャンパーニュ地方のワイン作りからヒントを得て、古酒とはまた別のアプローチで「vintage sake」を開発するなど新しい取り組みをされているようです。

さて、まずは常温で一口。ああー、ちょっと甘いか。
日本酒度だけで甘いとか辛いは判断できないとつくづく感じる今日この頃。吟醸香はさほど強くないけれど、料理に合わせるにはちょっと甘みが強いかなあというのが率直なところ。が、ぬる燗にしてみると辛さが立ってきて悪くない。吟醸酒は常温が好みだと思ってたけど、そういう単純なものでもないんだね。

と、なんだか辛口なコメントのようですが、これは私のミステイク。全国めぐりというコンセプトがあるにせよ、料理との相性をあらかじめ考えなきゃ。

谷川岳 源水吟醸 データ

蔵元 永井酒造(群馬県・利根郡)
種類 吟醸
精米歩合 60%
日本酒度  +4
酸度  -
アルコール度  16度

 

白菜鍋・ピェンローで家飲み

白菜鍋ピェンロー

  • 小松菜のおひたし
  • ピェンロー

小松菜のおひたし

小松菜のおひたし

鍋の箸休め。茹でた小松菜に鰹節とポン酢の簡易バージョンおひたし。

ピェンロー

ピェンロー

かの有名な白菜鍋・ピェンロー。使用した材料は干し椎茸、白菜、豚薄切り肉、鶏手羽先、春雨。作り方はこちらを参考にしました。

参考 ピェンロー【扁炉】(danchu)

干し椎茸で取った出汁で材料をくったり煮込むだけのシンプルな鍋。調理中は味付けはせず、取り皿に塩や一味を加えていくスタイルです。

ピェンロー

が、一味唐辛子がなかったので今回は刻んだ唐辛子と塩を添えて。

160310ienomi2

ずいぶん昔にとある雑誌で紹介されていた妹尾河童さんのイラストつきレシピを見てからずっと興味があったこのピェンロー。毎冬山ほど白菜を食べているというのになぜ今まで試さなかったのだろうと考えてみたら、干し椎茸をストックする習慣がないからだ、きっと。春雨はいっつもあるんだけどね。

今回は白菜と手羽先の残りがあったのでこのタイミングで食べない理由があるもんか、とついに決心。干し椎茸を入手して前日から準備しておりました。

まあね、こんなものは食べる前からうまいって決まってますわね。
レシピでは〆の粥のためにスープは飲むべからず、とされていますが、ご飯で〆ない私は容赦なくごくごくいってやりましたとも。酒が甘いとかなんとかいっておいてなんですが、旨い出汁があればずいずいと酒を呑める体質でよかったよかった。

作る時に使用する調味料はごま油のみ、なので、まず失敗はありません。なんだけど、あまりのシンプルさにいろいろ足したりアレンンジを加えてしまうと全く別の料理ができること請け合い。シンプルな料理の完成度を上げるにはよかれと思って余計なことをしない、無駄な何かを加えない、という我慢強さが必要なのですよ。

椎茸はじっくり水から戻さなきゃだし、白菜の甘味を引き出すにはコトコト煮込まなきゃいけないし、で、それなりに時間はかかるけれど手間もテクニックもいらないのでオススメです。

次回のピェンローにはやっぱり紹興酒を準備するかな。なんてどうでもいいことをのほほんと考えられるありがたさ。暖かい部屋でほくほくと鍋をつつきながら旨い酒を呑むことができる小さくもグッとくる幸せ、なんてのを改めて噛みしめる日なのでした。

 




関連記事

Kaohsiung_lunchbox_34

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その5. 高雄駅 台鐵豬腳便當。

台湾を鉄道でぐるりと一周する旅も既に5都市目。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。

記事を読む

秋刀魚の酒蒸し

秋刀魚のしょうが蒸し、ネギ塩奴で家飲み。

お久しぶりです、秋刀魚です。 ついにこの時がやってまいりました。今季初秋刀魚、遅ればせ

記事を読む

きくらげ卵炒め

豚肉ときくらげの卵炒め、ゴーヤの塩昆布和え献立。

きくらげと卵、豚肉を炒めたもの。木須肉(ムースーロー)ってやつですね。 こういう材料

記事を読む

青梗菜の塩炒め

青梗菜の塩炒め、大根とさつま揚げの煮もの献立。

普段はあまり立ち寄らないおでん種のコーナーを覗く。 そろそろおでんもシーズン終了ですね。と

記事を読む

Aurora Soho ブランチ

エッグベネディクトブランチに熟成肉ステーキ ニューヨークで食べたもの その2。

ニューヨークの食記録、後編です。 関連 アメリカンスタイル ハンバーガーにホットドッグ

記事を読む

幻のエビ・ガサエビ

秋田県八森漁港直送 幻のガサエビづくしで贅沢晩酌。

突然ですがみなさま「ガサエビ」って食べたことありますか? 日本海側でしか水揚げされない

記事を読む

肉じゃが献立

はちみつ肉じゃが、生白菜の梅おかか和え献立。

先日塩味ポテトサラダにした赤いじゃがいも。 豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風、ねぎ油風味

記事を読む

金目鯛のかぶと煮献立

金目鯛のかぶと煮、水菜ときのこのおひたし献立。

鯛食べ過ぎ問題。 つい先日、鯛あら酒蒸し、潮汁と鯛あら連打したというのにまた鯛。狂った

記事を読む

大分の酒 西の関 手作り純米

大分の酒 西の関 手造り純米酒で晩酌 にんじんと牛肉の塩煮、梅わかめ奴献立。

手持ちの札(酒屋)を何軒か見回って、ようやく大分の酒を発見しました。 残すターゲット県

記事を読む

なすとピーマンの味噌炒め献立

なすとピーマンの味噌炒め、トマトとわかめのツナサラダ献立。

本日の晩酌献立に使用した野菜は、なす、ピーマン、トマトなど。 一気に夏が近づいてまいり

記事を読む

Comment

  1. ちゆーなー より:

    crispy様

    なるほど、日本酒でピェンローですか。
    ピェンローの時はビールかハイボールだけだったので
    今度試してみます。

    足してはいけないピェンローですが、出し昆布を
    足してます。
    昆布くらいなら妹尾さんに怒られないだろうと笑。

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      いつもありがとうございます。

      いやいや、多分ハイボールのほうが合うのではないでしょうか。いや、でも寒い時期の料理だからすっきりした辛口なら熱燗もありかな。

      昆布足したくなるお気持ち、わかります。私もついつい昆布や酒を入れたくなってしまうので。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

sugamo2_19
仕事は地獄、お楽しみは全て終わった。

先日、初対面の同業の方とお話しする機会があり、自分が現在携わっ

あさりと白ねぎライム塩
あさりと白ねぎライム塩、ベトナムなます献立。

ちょうど旅の食記録を書いている最中に、ベトナムで仕入れた調味料

hochiminh_foods_26
ホーチミン一人旅で食べたもの、コムタムとフーティウコー。

ベトナム一人旅の食記録、パート2です。 ホーチミン一人旅

stand_m
減らす美容。

酒を抜いたらよくなるけど、一度飲んだら振り出しに戻るが常ですね

小松菜の卵とじ献立
小松菜の卵とじ、キャベツと蒸し鶏のわさび和え献立。

お久しぶりの、晩酌献立です。恥ずかしながら帰ってまいりました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑