群馬の酒 谷川岳 源水吟醸とピェンローで晩酌。

公開日: : 最終更新日:2017/01/26 家飯, 食べること ,

谷川岳

残る関東地方の酒でお目当てがなかなか入手できず、今週は諦めて別の地方へ飛ぼうかなと思ったのですが。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

品揃えが一般的なスーパーのそれなのでノーマークだったいつもの店でなんとなく酒売場をチェックしてみると群馬の酒を発見。

まあこれもタイミングでしょう、というわけで晩酌は谷川岳に決定したのでした。

群馬の酒 谷川岳 源水吟醸

谷川岳 源水吟醸

蔵元は群馬県利根郡の永井酒造。メインブランドは水芭蕉だからでしょうか、サイトをチェックしてみると谷川岳のページは工事中となっている模様。

参考 蔵の歩み(永井酒造)

平成4年、品質にこだわった主軸ブランド「水芭蕉」を発売開始。受け継ぐべき伝統や技術を守るために「人にしかできないこと」は従来以上の手仕事で「近代化すべきところ」は大胆に刷新し、棲み分けを行いました。

創業は明治ですが水芭蕉発売は平成になってから、結構新しめのブランドなのですね。といっても既に20年以上継続している銘柄となるわけですが。フランスシャンパーニュ地方のワイン作りからヒントを得て、古酒とはまた別のアプローチで「vintage sake」を開発するなど新しい取り組みをされているようです。

さて、まずは常温で一口。ああー、ちょっと甘いか。
日本酒度だけで甘いとか辛いは判断できないとつくづく感じる今日この頃。吟醸香はさほど強くないけれど、料理に合わせるにはちょっと甘みが強いかなあというのが率直なところ。が、ぬる燗にしてみると辛さが立ってきて悪くない。吟醸酒は常温が好みだと思ってたけど、そういう単純なものでもないんだね。

と、なんだか辛口なコメントのようですが、これは私のミステイク。全国めぐりというコンセプトがあるにせよ、料理との相性をあらかじめ考えなきゃ。

谷川岳 源水吟醸 データ

蔵元 永井酒造(群馬県・利根郡)
種類 吟醸
精米歩合 60%
日本酒度  +4
酸度  -
アルコール度  16度

 

白菜鍋・ピェンローで家飲み

白菜鍋ピェンロー

  • 小松菜のおひたし
  • ピェンロー

小松菜のおひたし

小松菜のおひたし

鍋の箸休め。茹でた小松菜に鰹節とポン酢の簡易バージョンおひたし。

ピェンロー

ピェンロー

かの有名な白菜鍋・ピェンロー。使用した材料は干し椎茸、白菜、豚薄切り肉、鶏手羽先、春雨。作り方はこちらを参考にしました。

参考 ピェンロー【扁炉】(danchu)

干し椎茸で取った出汁で材料をくったり煮込むだけのシンプルな鍋。調理中は味付けはせず、取り皿に塩や一味を加えていくスタイルです。

ピェンロー

が、一味唐辛子がなかったので今回は刻んだ唐辛子と塩を添えて。

160310ienomi2

ずいぶん昔にとある雑誌で紹介されていた妹尾河童さんのイラストつきレシピを見てからずっと興味があったこのピェンロー。毎冬山ほど白菜を食べているというのになぜ今まで試さなかったのだろうと考えてみたら、干し椎茸をストックする習慣がないからだ、きっと。春雨はいっつもあるんだけどね。

今回は白菜と手羽先の残りがあったのでこのタイミングで食べない理由があるもんか、とついに決心。干し椎茸を入手して前日から準備しておりました。

まあね、こんなものは食べる前からうまいって決まってますわね。
レシピでは〆の粥のためにスープは飲むべからず、とされていますが、ご飯で〆ない私は容赦なくごくごくいってやりましたとも。酒が甘いとかなんとかいっておいてなんですが、旨い出汁があればずいずいと酒を呑める体質でよかったよかった。

作る時に使用する調味料はごま油のみ、なので、まず失敗はありません。なんだけど、あまりのシンプルさにいろいろ足したりアレンンジを加えてしまうと全く別の料理ができること請け合い。シンプルな料理の完成度を上げるにはよかれと思って余計なことをしない、無駄な何かを加えない、という我慢強さが必要なのですよ。

椎茸はじっくり水から戻さなきゃだし、白菜の甘味を引き出すにはコトコト煮込まなきゃいけないし、で、それなりに時間はかかるけれど手間もテクニックもいらないのでオススメです。

次回のピェンローにはやっぱり紹興酒を準備するかな。なんてどうでもいいことをのほほんと考えられるありがたさ。暖かい部屋でほくほくと鍋をつつきながら旨い酒を呑むことができる小さくもグッとくる幸せ、なんてのを改めて噛みしめる日なのでした。

 




関連記事

漬物炒め献立

漬物ステーキ、トマト納豆で晩酌。

少し前に作った漬物と卵の炒めもの、所謂「漬物ステーキ」が気に入ったのでまた食べたい。

記事を読む

tokushima_izakaya_9

魚に鶏に麺に芋 徳島で食べたもの 高速バスで行く徳島の旅 その5

神戸から高速バスで出かけた徳島の旅記録。最後は滞在中に行ったお店、食べたものをまとめます。

記事を読む

鯖水煮缶 献立

家飲み献立 5/27 鯖と玉ねぎのサラダ、小松菜のオイル蒸し。

毎晩食事の時にはさー、ビールだ!と冷たく冷やしたヤツをぷしゅっと開けるのが日課なのですが、こ

記事を読む

151206nabe5

鍋で家飲み 豚ともやしの蒸し鍋。

山盛りのもやしを頬張りたくなる夜はありませんか。 私は、あります。 もやしといえ

記事を読む

141003d

家飲み献立 10/3 豚と茄子のバジル炒め目玉焼きのせ他全5品。

TGIF! いやー、暑かったですねえ。 と思ったら、東京30度超えてたのか。

記事を読む

141216d6

家飲み献立 12/16 豚肉とれんこんの塩焼き、白菜とトマトのスープ。

いやー、ナメてたわー。 日本の寒さ完全にナメてたわー。 と、思わずミサワ化してしまう

記事を読む

180209_ienomi_3

たらとじゃがいもの白ワイン煮、キャロットラペ。

毎度同じ話ばかりして恐縮ですが、倶楽部方式愛好家なのです。 関連 一番好きな倶楽部方式

記事を読む

えびとほうれん草のスープ ベトナムなます グリーンサラダ 手羽先のニョクマムつけ焼き

手羽先のニョクマムつけ焼き、グリーンサラダ献立。

自分土産を有効活用したく、しばらくは積極的に新参調味料を使った家飲み献立を展開する予定です。

記事を読む

原了郭 黒七味 詰め替え

原了郭の黒七味を銀座で調達。

先日銀座でふと思い出し、いそいそとデパ地下へ。 私の数少ない愛用調味料である黒七味が切

記事を読む

漬けもの納豆、白菜の煮浸し

漬けもの納豆、白菜の煮浸し献立。

漬けもの納豆。 あまりにもヒネりのないネーミングで恐縮ですが、漬けもの納豆です。 冷

記事を読む

Comment

  1. ちゆーなー より:

    crispy様

    なるほど、日本酒でピェンローですか。
    ピェンローの時はビールかハイボールだけだったので
    今度試してみます。

    足してはいけないピェンローですが、出し昆布を
    足してます。
    昆布くらいなら妹尾さんに怒られないだろうと笑。

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      いつもありがとうございます。

      いやいや、多分ハイボールのほうが合うのではないでしょうか。いや、でも寒い時期の料理だからすっきりした辛口なら熱燗もありかな。

      昆布足したくなるお気持ち、わかります。私もついつい昆布や酒を入れたくなってしまうので。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ひとりぜいたく晩酌帖
自著が絶版になります。

口頭ではすでに説明を受けていたのだけれど、正式な書面が届いたの

accessories_4
イは忙しくないのイ。

なんか忙しいなあ、落ち着きたいなあ、と感じる時、その原因は本来

玉ねぎの卵炒め献立
玉ねぎの卵炒め、塩豚と大根のスープ献立。

これまた昨年の晩酌記録です。 仕事始めからこっち、なかな

award
2019年、買ってよかったものベスト3。

年明けには前年の買い物を振り返り「1年間で買ってよかったものベ

白菜と卵の味噌汁 大根しょうゆ漬け ほうれん草ときのこのナムル さつまいもとひき肉のしょうが煮
さつまいもとひき肉のしょうがあん、白菜とおとし卵の味噌汁献立。

本日のメインは、さつまいも。めずらしくいも系のおかずが続きます

→もっと見る

PAGE TOP ↑