焼き紫大根ねぎ塩のせ、つるむらさきと豆腐の煮びたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

焼き紫大根のねぎだれのせ献立

妖艶。

そんな言葉が浮かんでくるビジュアルではありませんか。

厚めに切った大根をドカンと焼くのはいつものことですが、今回焼くのは紫大根。

妖しくも麗しい存在感を放つ、紫色した焼き大根で晩酌です。

焼き紫大根ねぎ塩のせ、つるむらさきと豆腐の煮びたしで晩酌

焼き紫大根のねぎ塩のせ、つるむらさきと豆腐の煮びたしで晩酌

  • つるむらさきと豆腐の煮びたし
  • ぬか漬け
  • じゃがいもの明太子和え
  • 焼き紫大根ねぎ塩のせ

つるむらさきと豆腐の煮びたし

つるむらさきと豆腐の煮びたし

昆布と鰹節で取った出汁を塩としょうゆで味付けし、豆腐を煮ます。ゆでたつるむらさきを加えて火を止めてうつわにもり、鰹節をのせて完成。本日はこの煮びたしが汁もの兼用おかずです。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじん、キャベツ、新玉ねぎ。

じゃがいもの明太子和え

じゃがいもの明太子和え

じゃがいもは蒸してから皮をむき、軽く崩してほぐした明太子で和えます。大葉の千切りを乗せて。

焼き紫大根ねぎ塩のせ

焼き紫大根ねぎ塩のせ

厚めに切った紫大根に油をまぶしてフライパンで焼きます。中までしっかり火が通ったらうつわに盛り、ねぎのみじん切り、塩、胡椒、ごま油を合わせたねぎだれを乗せます。

つるむらさきに紫大根、か。単なる偶然に、ひや酒を添えて。

日本酒にあうおつまみレシピ

さて、いつもは輪切りのまま焼くことが多い大根。本日はなぜ小さくカットされているかというと、こう、ねぎ塩をまぶした感じでそれっぽく盛り付けようと考えていたからです。でも、そうはならなかった。この形状のパーツを上手に並べるのは難しいと早い段階で諦め、苦し紛れに元の形状に整えたのでした。

整えた、はいいとして。これ、ねぎ塩要るか?という根本的な疑問も同時に立ち上がってくるのであった。

焼き大根、ピーマンの丸煮で晩酌。

ねぎが余っていたのでついつい刻んでしまったけれど、焼き大根の旨みをダイレクトに味わうならやはりいつものようにオリーブオイル+粗塩というシンプルな味付けがいいような。この組み合わせだとねぎの強さに大根の素朴さがおされて、負け気味になる。

以上、なんでもかんでもあるものをのせりゃいいってもんじゃないよ、というお話でした。

 




関連記事

蒸し鶏とにらのしょうがだれ献立

しらたきのたらこ炒め、蒸し鶏とにらのしょうがだれ献立。

並び的には蒸し鶏がメインにくる献立なのですが、どうにもたらこ炒めの桃色が主張してくるので配置

記事を読む

手羽元と大根の煮物

ぬか漬けリメイク 手羽元と大根の煮物、おつまみ奴。

昨日は騒音で目が覚めました。 寝ぼけた頭でうるさいなあ、でもこの音よく知ってる音だ、なんだ

記事を読む

油揚げと葱のしょうが炒め

家飲み献立 2/3 春雨入り白菜とツナのあっさり煮、油揚げと葱のしょうが炒め。

  2月3日は節分でしたね。 帰りにいつものスーパーに寄ってびっくり。

記事を読む

此君純米無濾過生原酒

鳥取の酒 此君 純米 無濾過生原酒で晩酌 鯛あらとわかめの酒蒸し献立。

鳥取にやってまいりました。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 今回は初訪問の酒屋にて

記事を読む

台湾一人旅でもローカルフードを楽しみたい!台湾一周旅行の食事 その1。

台湾一周一人旅の食事で印象に残ったものを地域ごとにまとめます。 一人では利用出来る店が

記事を読む

キャベツステーキ

1人暮らしの家飲みレシピ キャベツステーキでビール。

浴衣を着た女の子の姿をちらほら見かける花火大会の土曜日、いつものスーパーの店先で私の両手拳よ

記事を読む

鶏もも肉塩焼き献立

鶏もも塩焼き、せりとえのきのおひたし献立。

肉を焼いて、レモンをキュッと絞って食べよう。 と、張り切っていたのに、まんまとレモンを

記事を読む

家飲み献立 12/11 鶏だんご鍋。

余った食材の使いまわしを考えつつ献立を組み立てる。 この作業を深刻に考えてしまうとなんだか

記事を読む

セロリ卵炒め

セロリ卵炒め、梅オクラ納豆献立。

毎度おなじみ卵炒め。 野菜ひとつと卵ひとつで立派なおかずになるので軽めかつメインも張れ

記事を読む

嵐のよるに。

40年以上生きていれば否が応でもいろんな経験をしてしまうもの。長く生きていればその分災害に合

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑