キャベツの塩昆布炒め、わさびオイル納豆献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

キャベツの塩昆布炒め献立

しょっぱいものが好きです。

やたらと塩気がキツいものが好き、というよりも、輪郭のはっきりした塩味のつまみで酒を飲むのが好き、といったほうがいいでしょうか。

よって、夕食にちょこちょこつまむものを3品4品と並べてみれば、アラ全部塩っけだわね、ということがままある。

心豊かな晩酌ライフを謳歌するには、リズムとバランスを大事にせなばなりません。



キャベツの塩昆布炒め、わさびオイル納豆で晩酌

キャベツの塩昆布炒め献立

  • 塩鮭の粕汁
  • 大根とにんじんの甘酢漬け
  • わさびオイル納豆
  • キャベツの塩昆布炒め

塩鮭の粕汁

塩鮭の粕汁

塩鮭の粕汁は残りもの。味をつけない状態でよけておいたものに味噌を追加し、たっぷりのねぎをのせて黒七味を振って。

大根とにんじんの甘酢漬け

大根とにんじんの甘酢漬け

大根とにんじんはコロコロと乱切りにし、塩を揉みこんでしんなりさせ保存容器に入れます。出汁昆布、唐辛子、煮切ったみりん、酢、ゆずの皮を合わせた漬け汁を容器に加え、冷蔵庫で一晩寝かせたら完成。

わさびオイル納豆

わさびオイル納豆

納豆を混ぜて少量のしょうゆを加えたらゆでたえのきと合わせ、うまみオイルをのせます。

キャベツの塩昆布炒め

キャベツの塩昆布炒め

一口大に切ったキャベツをさっとゆでて水を切ります。フライパンに油をひいてキャベツを炒め、しんなりしたら塩昆布を加え、ざっと混ぜたら完成。

キャベツはゆでずにいきなり炒めてもいいし、なんなら熱を加えずに生のまま塩昆布と合わせてもよし。

たらと新じゃがの塩煮、小葱と油揚げの酢味噌和え献立。

ちなみに本日この調理法を採用したのは、温かいおかずにしたかったからと、炒め時間を短縮したかったから。同じ食材の組み合わせでも、気分によって調理法や温度を変えるのもまた一興です。というほど大したことじゃないけど、こう寒いとねえ、冷菜より温菜に心惹かれるよねえ。燗の温度もついつい高めになっちゃうよねえ。

日本酒にあうおつまみレシピ

味噌入り粕汁に漬けもの、いろいろ入りオイルで味付けした納豆。どれもパキっと塩味のきいたつまみですね。西側の出身ということもあり、どちらかといえば薄味好みではあるのですが、何でもかんでも塩分控えめは正義ではない。味が薄くても旨い料理と、塩がしっかりきいてないとばやけるだけの料理ってのがありますからね。

本日のラインアップでいうと、メインの位置に鎮座するキャベツ炒めこそが味の緩急の「緩」を担っているのです。要は、薄味なのです。

味付けは塩昆布のみ。しかも、大量には入れず、キャベツの甘みと昆布の旨味をひっそり楽しむ、そんな一品に仕上げることで、食卓にリズムが生まれるのだ。

なんてどうでもいいけど大事なことや、自分の癖、好みがわかってくるのも、食の定点観測を続けるメリットです。

 




関連記事

塩鶏とキャベツの蒸し焼き

塩鶏とキャベツの蒸し焼き、なめこの梅和え献立。

高級食材、キャベツで晩酌です。 若い頃、友人が5万だか6万だかするサングラスをホイホイ

記事を読む

トマト黒酢酢豚

トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひたし献立。

かねてより塩分過多疑惑が渦巻いておりました。どこでって、自分の中で。 砂糖を使わない和

記事を読む

141130d3

家飲み献立 豚と小松菜で常夜鍋。

なんだかあっという間に11月も終わりですね。 明日から12月。 ということは、本

記事を読む

蒸し鶏のニラトマト和え

蒸し鶏のニラトマト和え、たたきレンコンのスープ献立

まだまだ思い通りに進められない夕食作り。 台所というものはいくら広くて機能的で使い勝手

記事を読む

ピーマンとちくわのしょうゆ炒め

ピーマンとちくわのしょうゆ炒め、ブラウンえのきの梅和え献立。

ちくわ。久しぶりに登場しました。 こういうものって、たまにやたらと食べたくなる。「たま

記事を読む

焼きカラーにんじん

焼きカラーにんじん、あやめ雪のツナサラダ献立。

にんじん葉の話をしようと思っていたのに、つい脇道に逸れてしまった先日。 休肝日ごはん

記事を読む

酔鯨なつくじら純米吟醸

高知の酒 酔鯨 純米吟醸 なつくじら 原酒で晩酌 鰤とふだん草の酒蒸し、つけもの奴献立。

四国地方へやってまいりました。 と言っても既に愛媛は済んでいるので残るは3県。 関連

記事を読む

鶏団子豆腐

鶏団子豆腐、焼き大根献立。

鶏団子豆腐。毎度おなじみ鶏豆腐の団子バージョンといったところでしょうか。 関連 銀座・

記事を読む

海老とセロリの卵炒め献立

海老とセロリの卵炒め、トマトと豚肉のしょうがスープ献立。

野菜ひとつと卵を炒める。というシンプルな手法が結構好きです。 卵のお相手となるのは白ね

記事を読む

141207d

ワインで家飲み 12/7 パルミジャーノ風味のキャベツとベーコンのスープ煮。

フリーで仕事をしていると、毎日が休みみたいな仕事のような、よくわからない状態になります。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

sumasui_1709_25
70代ミニマリスト主婦のセレブ生活。

みんな大好き、70代ミニマリスト主婦のお話です。 70代

minatoku11
好きだから、共有したい。

実は劇場版を観てしまいました。 おばさんホイホイは真実だ

切り昆布と豚肉の炒め煮献立
切り昆布と豚肉の炒め煮献立、キャベツの梅和え献立。

ここしばらく、お久しぶり食材が続いているような気がする晩酌献立

arakawa47
なんかなんかなんか。

人生三大嫌で嫌でたまらない行為のひとつといえば「記録された自分

saigon_q_apartment_39
旅の荷物の軽量化、どう考えても邪魔なもの。

旅、と言ってもほんの数日間なので、今回の荷物はかなり少なくまと

→もっと見る

PAGE TOP ↑