誰も知らない死後の世界。死んだらどうなる?

公開日: : 最終更新日:2018/12/08 健康と美容, 生き方と考え方

minatoku6

死んだら、どうなる。

近くや遠くで訃報が続いたからか、死について考えたり話したりする機会が多いこの頃。

子供の頃は死ぬことが怖くて毎日のように泣いていたという友人の発言には心底驚かされたけれど、子供って案外そんなものなのでしょうか。

幼き私は生き死にについてを思いを巡らせるどころか、その概念すらわかっていなかっただろうに。

誰も知らない死後の世界。死んだらどうなる?

suginami_40

楽しいことばかりじゃない、どちらかといえば苦しみの多い人生を全うしたその後は、ただただ永遠の無が横たわっていだけなのだから、生とはなんと虚しいことか、とか。

或いは、幸せになりたい、何かを達成したいなどという考えこそが苦悩を生み出しているのだから、心穏やかに生きていきたいならばあらゆる欲と距離を取るべきである、とか。

誰だって、いつでもいちばん欲しいもの。

国や宗教や神、学問、研究諸々のジャンルによって生や死に対する解釈はさまざまだけれど、確実なことはただひとつ。誰にもいつかはその日が訪れるということ。それだけ。それ以外は皆目分からない。

半世紀近く生きていると世の中はそこそこ変化し進化し、偉い人たちの探究心のおかげで謎が謎でなくなったりするので、もしかしたら丹波哲郎あたりが向こう側からあの世便りでも寄越すかもね。と考えていたけれど、未だその気配はない。

まあおそらく、命尽きればそのままブラックアウトなのでしょう。あの世とか輪廻転生とか、天国と地獄とか、あったらあったで敗者復活戦を激しく所望する向きには夢のあるファンタジーだけど、きっとないのでしょう。

今すぐ一から人生全部やり直したい。

でもせめて、認識はしたい気はする。あ、今まさに終了したわ、って思いたいなあ。それすらも無理なんだろうか。ちょっとイヤかも。

自分の余命を知りたいか、知りたくないか

そんなやや恐ろしげな話をなぜかあちこちでしている中で、余命を把握したい派と絶対に知りたくない派がいることがわかりました。

ちなみに私は把握したい派。いろいろ段取り整えたいし、人に見られたくない恥ずかしい品々の処分を筆頭とした荷物の整理はもちろん、住まいを含むさまざまな契約の解除もしておきたいし、もしも順番が前後して家族より先におさらばとなるならば、資産をどうするかという問題もある。って、そんな大したもん持ってないですけども。

持たない、買わない、小さな暮らし。いったいどれだけ貯めてるの?

逆に、死を意識するだけで怖いから、例えもう何の手立てもなくても絶対に知りたくない。完治する見込みのない病であっても、大丈夫、すぐ治るよって、バレバレでもいいから最期まで騙し通して欲しいという人もいる。

なるほど、その気持ちもわからなくはない。

私だって現時点では何の問題もなく、毎日必要以上に陽気に踊り暮らしているからこそこんな風に考えられるのであって、もしも自分が当事者になったら穏やかではいられないだろうし、想像通りにサクサク準備なんてできやしない。かもしれない。

でも、今の気持ちはそうだから。お互い、そうしようね。もしも私に万が一のことがあったら隠さず話してね。私はあなたを最期まで騙し通すから。などと、なぜか自分が医師から最初に宣告される立場になって約束してみたり。いやいや、なぜおまえが私の病状について初めに説明を受ける体になっているのだ。そんなシチュエーション絶対ないから。

それはそれとして、せっせと問診票をチェックする。

今年の健康診断は検査もりもりてんこ盛りの全部のせ状態。あれもこれも診てくれるっていうから、隅々まで診ていただく予定です。マンモグラフィは憂鬱だけど、ありがたく受け入れます。どうぞよろしくお願いいたします。

 




関連記事

ブロガーの芸風が変わる恥ずかしさ。

奥さん、5月です。 写真は2年前のこの時期に撮影した鯉のぼりであります。 京成江

記事を読む

18歳から42年間引きこもり 「テレビを見てたら60歳になっていた」

この話が真実なのかどうかは知る由もありませんが。 参考 18歳から42年間引きこもった

記事を読む

染めたくない。自宅でできる白髪対策について徹底的に調べてみた。

ここ1年でかなり白髪が増えてきました。 東南アジアの暑い国で生活していた影響もあるのかなあとも

記事を読む

47歳からのニューヨーク留学 夢と現実と厳しさと。

先日ちらっと触れた本、読み終わりました。 白髪のロングヘアが与える印象。 「9番

記事を読む

おばさんのミニスカートは迷惑論。

By: anneheathen[/caption] おばさんがミニスカートを履く行為は周りへ

記事を読む

今では全く共感できないSATC。

懐かしのドラマ「SEX and the CITY」がプライムに来ていたので思わず全話見直して

記事を読む

部屋の中に、誰かいる。

By: Craig Leontowicz 本日無事ポロリが完了しました。タコを育む女。歩行時

記事を読む

人生で起こったことには意味がある。

その出来事のみを見ればどう考えても良くない、むしろ悪い事だったとしても、人生で起こったことに

記事を読む

最小限の旅の持ち物。長期旅行のスキンケア。

By: Tara Angkor Hotel[/caption] 日本を出て約1ヶ月が経過しま

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

乾いた女が乾燥していない理由。

寝室に水の入ったコップを置いています。乾燥対策です。 小型セラミックファンヒーターがう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑