信州四賀 たべくら農園の無農薬夏野菜で贅沢晩酌。

公開日: : 最終更新日:2017/12/19 家飯, 食べること , ,

たべくら農園

うふふふ、届きましたよ。

旬の食材を生産者に直接注文できるオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」で申し込みをしていた野菜が、届きました。

関連 やっぱり私は贅沢がしたい。

焦りすぎて写真がイマイチですが、好きなものばかり入っていたので興奮しています。

長野県 たべくら農園野菜セット

今回ご提供いただいたのは長野県松本市・たべくら農園さんの無農薬野菜Sセット。

参考 食べくら農園野菜セットSサイズ(ポケットマルシェ)

信州四賀よりお届けします、旬のお野菜おまかせ詰め合わせのSセットです。1〜2名様が1週間で食べきれるサイズです。

オーダー時におおよその時間指定ができたので到着時間は読めている。にも関わらず、到着日に野菜はまだか、野菜はまだかとソワソワしていた私はとんだお気楽者です。

さて、内容は

  • トマト×2
  • きゅうり×3
  • なす×3
  • とうもろこし×3
  • オクラ×5
  • ピーマン×4
  • 空芯菜

以上7種類。

きゃー、どうしましょう。
わたくし、ここ数年は毎日せこせこと買い出しするスタイルだったものですから、こんなにたくさんの野菜を一度に扱う機会などなく、嬉し恥ずかしでアワアワしております。

事前にチェックしていたところによると、とうもろこしは2本入っているということだったのですが、虫食い部分はあらかじめカットしておられるゆえ、少々小さくなったのでもう1本つけました、とのこと。量としては変わらないのに、その気遣いがなんか嬉しいじゃないか。

手に取ったり眺めたり写真を撮ったりしながらひとしきりアワアワしてみた後、冷静になって考えてみれば確かに結構戦える量ではあるな、とも思う。一人暮らしでも野菜だらけの献立にすれば4~5日程度で消費できる量だよね。なすなんかもいつも一袋買ったら2~3日かけて食べてるわけだから、そう焦ることはないのだ。ただ、種類が多くて盆と正月がいっぺんに来たような華やいだ気持ちにはなります(嬉)。

何が入っているかは届いてからのお楽しみ、だったのでさてどんな献立にしようかとドキドキしておったのですが、見るからに元気いっぱいの野菜たち、私が下手に手を入れないほうが良さそうねと判断して、ほぼ調理せずの晩酌献立となりました。

手をかけない、のはいつものことですね。

信州四賀 たべくら農園の無農薬夏野菜で贅沢晩酌

信州四賀 たべくら農園の無農薬夏野菜で贅沢晩酌

  • ぬか漬け
  • きゅうりの肉味噌添え
  • 塩トマト
  • 蒸しとうもろこし
  • なすとピーマンの焼き浸し
  • 空芯菜の塩炒め

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはきゅうり、オクラ、大根の3種盛り。きゅうりとオクラは今回のセットに入っていたものです。

きゅうりの肉味噌添え

きゅうりの肉味噌添え

豚ひき肉と玉ねぎ、しょうがのみじん切り、味噌を油で炒めた簡単肉味噌をきゅうりに合わせて。余りもののひき肉で適当に作った肉味噌でしたが、これが驚きの旨さでした。旨いのは肉味噌じゃなくて、きゅうりです。

塩トマト

塩トマト

大きなトマトは切って粗塩を振っただけ。

蒸しとうもろこし

蒸しとうもろこし

とうもろこしは蒸して熱々のところをガブリ。

なすとピーマンの焼き浸し

ピーマンとなすの焼きびたし

軽く焦げ目がつく程度にフライパンで焼いたなすとピーマンをめんつゆにつけた焼き浸し。最近この手のメニューばかり続いていますが、夏の間は食べまくりたいおかずです。

空芯菜の塩炒め

空芯菜の塩炒め

フライパンに油とつぶしたにんにく、唐辛子を入れ弱火にかけ、香りがたったら塩を投入。5cm長さに切った空芯菜の茎部分を先に入れ炒め、続いて葉の部分を加えさっと炒めあわせます。

とにかく届いた野菜をちょっとずつ全部食べたい、そんな気持ちが色濃く滲み出た全6品。責任は丸投げの素材頼りなもので、切っただけ、焼いただけ、のものばかりですが、いい素材を食べるならこれが正解なんだよなあ、と、野菜の力強さにうっとりする晩酌となりました。

実は先日のとうもろこしもこのセット内のもの。ビールがなくてしょんぼりしてしまったので、今日は忘れず準備しましたよ。ぎゅっと濃い味の夏野菜つまみにビール、これ以上の贅沢があるでしょうか。

野菜が届くうれしさを知る

tabekura2

さて、この野菜と一緒に入っていたのは隔週更新されているという「たべくら農園だより」。今回はトマト作りに関するあれこれが記されておりました。

最近はトマトといえば甘みの強い桃太郎系が人気だそうですが、たべくら農園さんは甘みだけではなく、酸味と旨みのバランスのいいトマトがお好みとのことで、麗夏という品種を育てておられるのだとか。今回届いたごろりと大玉のトマトもこうして作られたのかあ、などと考えながらニヤニヤ食べる楽しさ。

田舎から野菜がたくさん送られてくるという夢のようなイベントに慣れている方も多いかもしれませんが、都会っ子の私はこれまで自宅に野菜が届いた経験などありません。そうかそうか、こんなにうれしいものなのだな、とやけにしみじみしてしまいました。

たべくら農園は信州四賀にある山間の自然に囲まれた農園です。
旬を大切にして、年間約60種類以上の野菜を、農薬と化学肥料は使わず、自然の力を思いっきり借りて栽培しています。
イメージするのは健康な野菜作り。そして健康な野菜=おいしい野菜なんだといつも思って育てています。

健康=おいしい。うんうん、間違いないですな。

野菜届くのうれしいね、と言っても、送られてくるのが大根100本とかだったらまた意味合いが違ってくるでしょうが、作り手の顔がわかる無農薬野菜が数種類入っていると考えたら、この金額は高くないよなあ。送料も格安だし。

一人暮らしでも旬の野菜お取り寄せが叶うとわかり、なんだか世界が広がった気がします。たべくら農園さん、ポケットマルシェさん、ありがとうございました。あ、私は今回Sサイズを選びましたが、もちろん家族向けのサイズもありますからね。

おつまみレシピブログ

いつも近所の八百屋とかスーパーで買っている野菜も十分美味しくいただいているけれど、今回の野菜はまた格別でありました。普段は殆ど食べないきゅうりがあまりに旨くて山盛り食べてしまったのには我ながらびっくり。ただ、ピーマンを全て焼き浸しにしてしまったことは少々失敗だったかな。何しろ超肉厚でしんなり焼くのが大変だったのと、これなら焼きピーマンにしてもよかったなあと思ったので。

まだまだ元気野菜が残っているので、あと数日間は野菜だらけの献立を楽しめそうです。ああ、ホントに贅沢、幸せ。




関連記事

私が団子を練らない理由。

年末年始はありがたいことにご馳走を食べまくりますね。 年末は旅先で、そして帰省し地元で

記事を読む

切り昆布のネギ炒め

切り昆布のねぎ炒め、アボカド納豆献立。

海藻モリモリ。 八百屋の軒先にはこれまでは存在しなかった水煮コーナーが登場。たけのこと

記事を読む

ぶりと青菜のごま油蒸し、きのこ汁で晩酌。

珍しく休肝日明けにワインメニューだったのでなんとなく久しぶりな感じがするいつもの晩酌。

記事を読む

千葉県産・匠味豚のシュウマイ、きのこスープ献立。

お久しぶりです、晩酌献立です。どれくらい久しぶりかってアナタ、なんと8ヶ月ぶりですよ。前回

記事を読む

たこじゃが

たこじゃが、おくら奴で家飲み。

またじゃがいもです。 たことじゃがいもの組み合わせは地味なようで日本酒に合ういいつまみ

記事を読む

レタスチャーハン

休肝日ごはん レタスチャーハン、ねぎのしょうゆスープ献立。

いずれも非常に家庭的な葉野菜である、レタスとキャベツ。 両方好きだけど、我が家の購入及

記事を読む

砂肝のポン酢漬け、キャベツステーキ。

週末は街へ繰り出して、友達と豪華なディナー! なんて、誰が決めたのでしょうか。

記事を読む

塩辛じゃがバター

塩辛じゃがバター、小松菜と豚肉のからし和え献立。

じゃがバターですよ、奥さん。長年晩酌記録を続けていますが、じゃがバターは初登場ではないでし

記事を読む

じゃがいものそぼろ煮あんかけ

じゃがいものそぼろ煮、人参の卵炒め 家飲み献立。

たまには和食献立的なものでもひとつ。そう思い立って 「普通の晩御飯」 っぽいメニ

記事を読む

塩つくね

焼きつくねと生ピーマン、葱塩豆腐で晩酌。

先日オーダーしておいた日本酒が届いているぞ。しめしめ。 と勘違いして酒を買わずに帰宅し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑