シンプルな人はシンプルなものを作る論からの考察。

公開日: : 最終更新日:2018/04/26 ミニマルライフ, 生き方と考え方, 食べること

小林カツ代著「食の思想」に、

「料理には作る人の性格や状態が現れる、サバサバした人はサバサバした料理を作るものだ」

なることが書かれていました。自身のレシピがどんどんシンプルになってきているのは、つまりそういうことなのだろうとも。

単純な食の好みや生活環境によって作る料理は変わるだろうけど、性格とかその時々の心理が滲み出るところも確かにあるのかも。

そして何よりこれまで何を食べてきたかが大きいのでしょう。

接した全てが人を作る

サグラダファミリア

何を見て、選んできたか。これは食べ物に限ったことではなく。

関連 どうせ捨てるなら、何も持たないほうがいい。

これまで食べてきたものが体を作るように、見たもの、経験、接した人、選んだ全てが人間を形作るのだ。

などという当たり前のことに今更気づいたわけではもちろんなく、近頃改めて強く感じるようになりましたよというお話です。

というのも、最近立て続けに友人と会う機会がありまして。

関連 過剰なおひとりさまアピールの寂しさ。

自分の中では比較的新しい関係だと認識していた友人らとの付き合いもすでに10年とか結構な年月が経過しており、気づけば知り合った当初から大きく変化を遂げている。

10年の付き合いといっても会うのはせいぜい年に数回程度。さほどべったり濃い付き合いではないけれど、だからこそ変化が見えるのかもしれません。根本的には変わっておらずとも、この10年で彼らは多くのものに触れ、選び、経験を重ねてきたのだなと痛感するというか、ああこれか、と。

噂には聞いていた40過ぎたら顔とか髪型とか服をどうこうよりも、内面の個性が表面に突き抜けて出てくる論は事実だよねと。

関連 シンプルなファッションはつまらない。

知り合った頃からお互い十分大人のつもりだったけれど、みんなさらに深みを増してかっこいい大人になっているな。と、改めて気づいて惚れ惚れするのです。

生き方を間違えた気がする件

となるとうっかり己を省みてしまうのが人間というものですが、一人気楽にのんびり生きている私は同年代の友人たちと比べれば格段に幼稚であることは否めません。

苦労を乗り越えた先にしか幸せはない、なんて思わないけれど、日々社会や家庭でもまれ大小の困難にも対応してきた彼らとぬるま湯暮らしのお調子者では経験値が違いすぎて同じステージで語ることすら恐れ多いのは当然も当然。

なんてことをその場で口にすると、いやいや、アンタだって毎日一人でせっせと酒飲んで頑張ってるじゃないの、とか言わせたい間抜けな誘い受けみたいになりかねないので口が裂けても言わないけれど、心でこっそり思う。こっそりね。

すっかり大人になってからでも絶賛成長中の友人らが眩しい。その分、あれ、私は一体何をしてきたんだっけ、と恐ろしくなる。

恵まれた環境ですくすく育ち、超がつくほどの健康体を持ち、家族や友人、近しい人々との深刻なトラブルとも無縁で日々ご陽気なだけで過ごしてきてしまったけど、もっとこう、堅実に学びつつ時にはリスクも顧みず自己の精神と能力を高めるストイックな生き方を選択すべきだったのではないかしら。などという柄にもない真っ当な考えが脳裏を過る。

関連 今すぐ一から人生全部やり直したい。

ああこんな年になってから考えても遅いよなあ、もう今から輝かしい人生をこの手に取り戻すことはできないのだわ。

と、己の馬鹿さ加減にさめざめと後悔の涙を流す…なんてことは残念ながらさらさらなくて、ただただこれから先の時間を妄想するのです。

最終地点がたとえどこになろうとも

spain

運が良ければあと30年くらいは生きられるのかもしれない。ならば40代の今からでも、見る、触れる、食べる、経験する全ての選択を変えれば人生の最終地点は変わってくるのだろうか、という妄想。

もちろん、今更人生が大きく変化することはないでしょう。大きく、とは、例えば現実問題今からオリンピック目指すとか相撲取りになりたいなんて方向にいくのはまあ無理だよね、ってこと。そもそも運動キライだし。

でも、触れた全てが人を作るのだという意識があれば毎日を惰性で過ごすことはないし、最終地点がいつどこにになろうと納得のいく結果で終えられる。

若い頃心底憧れた「人生を変える衝撃の出会い」的なアレはそうそうないのだと悟ったけれど、日々の小さな選択や経験が生き方や見た目に与える影響がこんなにも大きいのなら、さてこれからどうしたいですかということですよ。

時間は有限、あれもこれも全部はできない。もちろん、友人らや他のカッコイイ誰かのようにもなれない。だからこそ、自分の意思をもって欲しいもの、必要なものを判断し、選ばなければならないのだ。

ミニマリストの持たない暮らし

さて、ゴールデンウィーク序盤戦。今私がすべきことは一体何だろうかと考えヘッドホンを装着し、All Day and All Nightで激しく踊り汗をかきました。踊る、踊れ、今踊れ。

 




関連記事

誰もが今日も、ダイエットランドで。

「ダイエットランド」は、どんなストーリーなのか見当がつかない状態で見始めました。 タイ

記事を読む

70代ミニマリスト主婦に買ったもの。

みんな大好き70代ミニマリスト主婦も、そろそろ80代が見えてきました。 70代ミニマリ

記事を読む

蒸し鶏のねぎソース

蒸し鶏のねぎソース、蒸し白菜おろし和え献立。

古より受け継がれし論争といえば、一人暮らしで自炊をする意味があるのか問題。 十数年前ま

記事を読む

EMILIO PUCCIのボストンバッグで冬支度。

By: Thomas8047[/caption] 去年の今頃は部屋が寒い寒いとのたうち回って

記事を読む

れんこんつくね温玉添え

れんこんつくね温玉添え、ぬか漬けやっこ献立。

卵が余っていたので、冷凍していました。前から一回やってみたかったんですよね、冷凍卵ってやつを

記事を読む

どこへも行かないお盆休みの過ごし方。

地元を離れて以降、出張やらなんやら他の予定が入ってついでに立ち寄る以外は、毎年正月に帰省して

記事を読む

トマトの卵炒め献立

トマトの卵炒め、かぼちゃとアーモンドのサラダ。

はい、油揚げどーん。 各家庭ごとによく使う食材というものがあると思いますが、我が家には

記事を読む

せせりポン酢

せせりポン酢、わかめのナムル献立。

せせりポン酢。 この字面、音の響きにはとても馴染みがあるけれど、実際食べた記憶がないの

記事を読む

豚肉と水菜のはりはり煮献立

豚肉と水菜のはりはり煮、たたきれんこんの酒粕味噌汁献立。

寒くなってきたので、そろそろ汁っぽいものが恋しくなってまいりました。 味噌汁とか、鍋も

記事を読む

夕食抜きの理由と効果。1日3度食べなきゃダメ?

うーん、東京はいい天気でしたね。 今日は昼間に少々重い食事をしてしまったもので、夜は抜

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

きのこと卵の黒酢スープ
スープで胃腸を休ませる。

健やかかつ強靭、いつも頼れるパートナーである我が胃腸が

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さ

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

→もっと見る

PAGE TOP ↑