手羽焼き、おつまみ奴献立。

公開日: : 家飯, 食べること , ,

手羽焼きで晩酌

鶏肉を焼く。だから、焼き鳥。

焼き鳥は、焼いて塩を振るだけで出来上がるありがたいつまみゆえ、定期的に食卓に上がっております。

焼き鳥、白菜としめじの酒粕煮献立。

焼き鳥にするならば、もも肉もむね肉は当然、せせりあたりもいい。しかしこれが手羽先となれば、なぜかちょっとした特別感がありませんか。

手羽焼き、おつまみ奴で晩酌

180525_ienomi_7

  • キャベツと油揚げの味噌汁
  • 三つ葉とえのきのおろし和え
  • おつまみ奴
  • 手羽焼き

キャベツと油揚げの味噌汁

キャベツと油揚げの味噌汁

いりこ出汁の味噌汁。実は油揚げとキャベツ。味噌汁の出汁はいりこが定着してしまいましたね。

三つ葉とえのきのおろし和え

三つ葉とえのきのおろし和え

ゆでたえのきと三つ葉を大根おろしとポン酢で和えたもの。

おつまみ奴

おつまみ奴

豆腐に刻んだぬか漬けと千切りの大葉、ごまをのせ、ごま油をまわしかけた冷奴。使ったぬか漬けはなす、大根、キャベツ。味付けはぬか漬けの塩気で補うので、古漬けを使うのがベストです。

手羽焼き

手羽焼き

手羽先をフライパンに皮目からのせ、こんがりと焼き色がつくまで焼きます。両面焼いて中まで火が通ったらうつわに盛り、粗塩を振ってレモンを添えます。付け合せは同じフライパンで炒めた青ねぎ。

パリッと香ばしく焼けた皮にぷりぷりの身。まずはビールで!といきたいところだけど、奴やおろし和えが控えているのでしょっぱなから冷酒にしてみました。今宵の気温がもうちょい高かったら、迷わずビールを選んでいたかな。

ビールにあうつまみと献立

身を骨からきれいにひっぺがしながら、焼き手羽ってちょっと大人っぽい味がするなと思う。なんでだろう、骨に近い身独特のあの香りがそう思わせるのかしら。

そういや子供の頃は手羽先ってそんなに好きじゃなかったんだった。ねぎまタレとかのほうがよっぽどわかりやすい美味しさだし、何より骨の形が複雑で食べるのがめんどくさい割に可食部が少ないのが気に食わん、と思っていたんだった。

そもそちゃんとした焼き鳥店に子供が出入りするものなのかどうかという疑問は残りますが、私などは幼少の砌から酒場英才教育を施されて育ちましたのでね。焼き鳥はいつだって身近な存在だったのに、今になって苦労しております。現在の住まい近辺で、いい焼き鳥の店が見つけられないのです。だからしてこんな風に、家でちまちま焼いて食べているのです。

夜景をチラ見で地獄どうふ。大阪新世界はしご酒ツアー後編。

店で食べる焼き鳥と家で食べる焼き鳥は、全く別の料理だけれど。

 




関連記事

キャベツ入り卵焼き献立

キャベツ入り卵焼き、トマト納豆献立。

キャベツ、卵、納豆、トマト。今週は同じ食材で似たようなものばかり食べてますね。 理由は

記事を読む

セロリと卵の炒めもの

セロリと卵の炒めもの、なすとツナのサラダ献立。

ちょっと久しぶり?にセロリと卵の炒めものを作ってみたらば、セロリ葉が大量すぎてまるで立派なか

記事を読む

鯖水煮缶レシピ

鯖缶と白菜のしょうが煮、春菊のからし和え。

一応まだ就寝時には湯たんぽを使用しています。 もうそんなに寒くはないんだけど、なんというか

記事を読む

おやつに素焼きアーモンド。

すみません、嘘つきました。 正しくは「おつまみに素焼きアーモンド」です。 随分前

記事を読む

家飲み献立 11/22 たら豆腐とぬる燗で晩酌。

「たら」って、ひらがなで書くとなんかわけわかんないですね。 鱈、です。魚の鱈。 にお

記事を読む

春雨炒め

野菜と春雨の炒め煮、ザーサイと葱の和えもの献立。

普段なら肉類を投入しそうなメニューですが、なんとなく今週は肉抜き気分ゆえに具は野菜のみ、の春

記事を読む

賀茂鶴特製ゴールド大吟醸

広島の酒 特製ゴールド賀茂鶴 大吟醸 まぐろカマの塩焼きで晩酌。

近畿地方が終了し、さらにコマを進めます。 ツアー開始序盤になぜか島根は済ませてしまったので

記事を読む

豚ロースの柚子味噌焼き

豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、青菜ときのこの柚子味噌和え献立

記事を読む

焼ききのこ、おかわかめと納豆の梅和え献立。

「はなびらたけ」なる見慣れないきのこを入手しました。きのこ全般大好きなきのこ食いですが、こ

記事を読む

家呑み献立 9/2 さばの水煮とちょこちょこ小鉢。

  うーん…。 スカッと晴れたけど、やっぱりもう30度超えはないのかしら。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑