セロリと豆腐の炒めもの、きのこと三つ葉のおひたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること

セロリと豆腐の炒めもの

イメージとしては、塩味の麻婆豆腐。

ひき肉と豆腐を辛く味付けした、というだけで麻婆さは皆無なのですが、あくまでイメージの話です。

そもそも「麻婆」ってなんだっけ?と気になり調べてみると、この料理の生みの親である女性にあばた(麻)があったことが由来となっている。

と、日本豆腐協会のサイトに書かれておりました。しらなんだ。

セロリと豆腐の炒めもの、きのこと三つ葉のおひたしで家飲み

セロリと豆腐の炒めもの、きのこと三つ葉のおひたし

  • オクラとわかめの味噌汁
  • ぬか漬け
  • きのこと三つ葉のおひたし
  • セロリと豆腐の炒めもの

オクラとわかめの味噌汁

オクラとわかめの味噌汁

大きめに切ったオクラとわかめの味噌汁。出汁はいりこ。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはゴーヤとにんじん、セロリの3種盛り。

きのこと三つ葉のおひたし

きのこと三つ葉のおひたし

ゆでた三つ葉とえのきを出汁割りしょうゆにひたして鰹節をのせたもの。

セロリと豆腐の炒めもの

セロリと豆腐の炒めもの

フライパンに油をひき、豚ひき肉と唐辛子を炒めて塩胡椒で味付けします。肉の色が変わったら水切りした豆腐を加え軽く崩しながら炒め、刻んだセロリを投入。酒、塩、胡椒、ごま油で味を整えたら完成。

この手の炒めものならば、加える香味野菜としてはねぎが定番な気がするけれど、セロリが余っていたので活用。セロリの独特の風味がアクセントになってなかなか悪くない仕上がりです。

何を飲むべきか少々迷う献立。迷った時は、いつもの純米酒でいきましょう。

日本酒にあうおつまみレシピ

しょうがやにんにく、ねぎ以外にも大葉や三つ葉、セロリ、せりあたりの香り野菜をよく使うのですが、実はみょうがはちょっと苦手。といってもここのところとんと食べていないので好みが変わっているかもしれないなあ。ふきのとうも昔はあんまり好きじゃなかったからね。

油揚げの蕗味噌チーズ焼き、豆腐と小松菜のすまし汁。

普段自分で調理するのは普通の店で普通に手に入る食材ばかりなので変わったものなどめったに登場しませんが、そんなに激しい好き嫌いはない、ばず。今のところ絶対に口にできない、食べられないものは多分パクチーだけではなかろうか。

 




関連記事

パクチーが食べられない日本人がタイで暮らせるのか?

食の好みは年齢とともに変わるけれど、中には一向に食べられるようになる気配が訪れないものがあり

記事を読む

豚と小松菜の梅冷しゃぶ

豚と小松菜の梅冷しゃぶ、ピーマン奴で晩酌。

I'm back. 恥ずかしながら、帰ってまいりました。 あんなことを言っておきなが

記事を読む

さんま水煮缶のサラダ

秋刀魚と玉ねぎのサラダ、切昆布の煮物でひとり晩酌。

さてと、今日は魚にしようかなあ。 そう考えて駅前のスーパーへ。 が、残念ながらお

記事を読む

台湾一周鉄道駅弁一人旅 その7. 花蓮駅 花東特蔬便當。

台湾を鉄道で一周しながら各地の駅弁を食べてみるのもなかなか楽しそう。 そんな思いつきが今回の台

記事を読む

鳥豆腐献立

鶏豆腐、蕪の温サラダ献立。

冬の定番鶏豆腐。この冬2度目の登場です。 関連 宮崎の酒 千徳清酒カップで晩酌 鶏豆腐

記事を読む

ひとりぜいたく晩酌帖

自著が絶版になります。

口頭ではすでに説明を受けていたのだけれど、正式な書面が届いたのは昨日のこと。 が、今確

記事を読む

油揚げと豆苗の卵とじ

油揚げと豆苗の卵とじ、えのきとしょうがのスープ献立。

子供の頃、たまご丼が大好きでした。 親子丼でも他人丼でもなく、たまご丼。といってもはた

記事を読む

トマトと卵の炒めもの献立

トマトと卵の炒めもの、豆苗のおひたしで家飲み。

帰りが遅くなった日の晩御飯は通常時以上にさっさと用意したくなります。 準備が面倒、とい

記事を読む

砂肝ポン酢漬け

セロリと卵の炒めもの、砂肝のポン酢漬け献立。

なんらかの野菜ひとつと卵を炒める。お手軽かついいつまみになるのでこの手口はさんざん使い倒して

記事を読む

梅納豆おろしうどん

休肝日のメニュー 梅納豆おろしうどん。

休肝日、とか言ってますが、休ませたいのは肝臓じゃなくて腰。ぎっくり腰のおかげで久しぶりに4日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

40代のファッション、服を変えるより簡単なやり口で。

ここ数年で、靴下を履くようになりました。まるで以前は裸足で野

ミニマルライフや、おしゃれよりも。

奥さん、8月です。ひどい、ひどいじゃないですか。暖かくなった

ナチュラル志向とは無関係に、サプリを摂らない。

「4年ぶり・アンカウンタブ登板」の皮膚科受診から、2週間が経

少ない服 七分袖からの脱却と、チームV加入。

好きなわけでも、似合うわけでもないのになぜかやたらと豊富に取

おばさん愛用コスメはごま油とニベア。

By: Justus Blümer 最近、愛用化粧品について質

→もっと見る

PAGE TOP ↑