セロリと豆腐の炒めもの、きのこと三つ葉のおひたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること

セロリと豆腐の炒めもの

イメージとしては、塩味の麻婆豆腐。

ひき肉と豆腐を辛く味付けした、というだけで麻婆さは皆無なのですが、あくまでイメージの話です。

そもそも「麻婆」ってなんだっけ?と気になり調べてみると、この料理の生みの親である女性にあばた(麻)があったことが由来となっている。

と、日本豆腐協会のサイトに書かれておりました。しらなんだ。

セロリと豆腐の炒めもの、きのこと三つ葉のおひたしで家飲み

セロリと豆腐の炒めもの、きのこと三つ葉のおひたし

  • オクラとわかめの味噌汁
  • ぬか漬け
  • きのこと三つ葉のおひたし
  • セロリと豆腐の炒めもの

オクラとわかめの味噌汁

オクラとわかめの味噌汁

大きめに切ったオクラとわかめの味噌汁。出汁はいりこ。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはゴーヤとにんじん、セロリの3種盛り。

きのこと三つ葉のおひたし

きのこと三つ葉のおひたし

ゆでた三つ葉とえのきを出汁割りしょうゆにひたして鰹節をのせたもの。

セロリと豆腐の炒めもの

セロリと豆腐の炒めもの

フライパンに油をひき、豚ひき肉と唐辛子を炒めて塩胡椒で味付けします。肉の色が変わったら水切りした豆腐を加え軽く崩しながら炒め、刻んだセロリを投入。酒、塩、胡椒、ごま油で味を整えたら完成。

この手の炒めものならば、加える香味野菜としてはねぎが定番な気がするけれど、セロリが余っていたので活用。セロリの独特の風味がアクセントになってなかなか悪くない仕上がりです。

何を飲むべきか少々迷う献立。迷った時は、いつもの純米酒でいきましょう。

日本酒にあうおつまみレシピ

しょうがやにんにく、ねぎ以外にも大葉や三つ葉、セロリ、せりあたりの香り野菜をよく使うのですが、実はみょうがはちょっと苦手。といってもここのところとんと食べていないので好みが変わっているかもしれないなあ。ふきのとうも昔はあんまり好きじゃなかったからね。

油揚げの蕗味噌チーズ焼き、豆腐と小松菜のすまし汁。

普段自分で調理するのは普通の店で普通に手に入る食材ばかりなので変わったものなどめったに登場しませんが、そんなに激しい好き嫌いはない、ばず。今のところ絶対に口にできない、食べられないものは多分パクチーだけではなかろうか。

 




関連記事

たぬき豆腐献立

たぬき豆腐、かぶの梅わさび和え献立。

あたたかい豆腐料理でいちばん手軽なのは、湯豆腐でしょうか。もしくは、温やっこ。 そのい

記事を読む

だし巻き染おろし、分葱と揚げのぬた 家飲みおつまみ。

キャベツがあるから今日は魚と一緒に蒸すか。 そう考えて魚に強い店に意気揚々と向かうも残

記事を読む

家飲み献立 11/19 手羽先とキャベツの蒸し焼き、しいたけと三つ葉の和え物他全5品。

寒くなってくると、野菜類が俄然頼もしくなってきますね。 近所の市場の八百屋さんはいい野

記事を読む

たらとわかめのしょうが蒸し献立

たらとわかめのしょうが蒸し、オレンジ白菜の梅おかか煮献立。

毎度おなじみ、フライパン蒸し料理です。 そして食材余りの関係で、またまた気持ち悪い色合

記事を読む

ピーマンとちくわのしょうゆ炒め

ピーマンとちくわのしょうゆ炒め、ブラウンえのきの梅和え献立。

ちくわ。久しぶりに登場しました。 こういうものって、たまにやたらと食べたくなる。「たま

記事を読む

わかめ炒め、茄子とししとうのしょうゆ煮で冷酒。

煮干し出汁欲がすっかり満たされた、などと言っていたのですが。やっぱりまだまだ収まらぬ煮干しへ

記事を読む

塩鶏献立

塩鶏とキャベツのしょうが蒸し、とうもろこしのしょうゆ炒めで家飲み。

塩漬けというのは偉いもんですね。 そもそもは保存を目的として発達した調理法なんでしょう

記事を読む

砂肝とねぎの塩炒め

砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き動かされる瞬間はありませんか。

記事を読む

焼きとうもろこし献立

もしも、名前が違ったら。

とにかくよく食べ物をいただく強運に恵まれていまして、先日は立派なゴールドラッシュを頂戴しま

記事を読む

ヤムウンセン献立

ヤムウンセン、トマトとひき肉のオムレツでタイ献立。

先日バンコクの思い出と再会したからでしょうか。 関連 あまりにもマイペースな人。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑