この歳で指輪のひとつも持っていないなんてどうかしてる。

公開日: : 最終更新日:2018/06/11 ファッション, ミニマルライフ

レザーブレスレット

今朝、宝石の入ってない宝石箱、いや、アクセサリーケース、もとい、小物入れ?からブレスレットを引っ張り出していて、あれっと思ったのです。

指輪は、どこへ行ったんだろうと。

少ない、じゃなくて、皆無。指輪が、ない。

おかしくない?40年以上も生きてきたのに、指輪のひとつも持っていないなんて。

指輪のひとつも持っていないなんて、どうかしてる

手湿疹ケア1ヶ月

ダイヤだのルビーだのといった宝石がついたものがない、とかいうレベルの話じゃないのです。そもそも宝石には興味がないし。

大人のジュエリーは年齢を強調するアイテム論。

それ以前の問題で、指輪自体がない。

その昔はアクサセリー全般が大好きで、耳から首から手首から指から足首から、装着できるパーツには全てつけてやる勢いでジャラジャラさせておりました。服脱ぐよりアクサセリー外すほうが時間かかってんじゃないかってくらいに。

まあそれは若気の至り的too muchだとしても、その後もそれなりにアクセサリーとはいいお付き合いをしており、指輪だって今でも好きなのです。なのに、ひとつもないなんて。

確かにいつからかそう自由には指輪を楽しめない体になっておりました。

あれはいつ頃だったか。10年、いや、もっと前か。手指の炎症がどうしようもなくなり、指輪なんてとてもじゃないけど付けられんわいという状態になってから、すっかり疎遠になってしまった。

皮膚科で受けるパッチテストの結果 手湿疹の意外な原因。

現在は幸い症状も落ち着いているので、ちょっと指輪つけただけでどうこうなるとは考えにくいし、なんなら金属製以外の指輪を選べば良い。その手のリングならたくさん持ってたはず…なのに、ない。1コもない。

なんで? と、今日になって突然疑問が湧きました。だって、指輪って、そうやすやすと捨てるもんじゃなくない?

ずっと大切にしていたシルバーリングの行方

daikanyama34

そうは言っても自分がどんな指輪を持っていたかはあまり思い出せません。まあほとんどがおもちゃみたいなものだったから、さほど思い入れもなく、手洗いの際にどこかに置き忘れたり、なんとなく失くしたりして、どこかへやってしまったのでしょう。

あの指輪を除いては。

ひとつだけ、とても大切にしていた、いただきものの指輪があったんだ。あれ、どこにやったんだろう。

ちょっとゴツめのシルバーリング。古びた銀特有の鈍い光を眺めていると、胸がぎゅっと詰まるような、甘くて苦い若かりし日の思い出が蘇る…などといったエピソードがらみの代物ではなく、単に昔お手伝いしていたアクセサリー店のオーナーさんからいただいたもの。なんだけど、あれだけはデザインもとても気に入っていたし、指輪をつけなくなってからも大切に保管していた。

自らの意思で捨てたとは、思えない。長年使っていないのだから、どこかに置き忘れたとも考えにくい。

でも、記憶を辿ろうにももう、いつの時点から見当たらなくなっていたのかすら、思い出せないのです。

何度も何度も引っ越しを重ねる中で、誤ってうっかり処分してしまったのだろうか。

捨てる引越し、捨てない引越し。

それとも、大胆な物減らしをしたあの頃に、これまた間違って何かと一緒に捨ててしまったのだろうか。もしや実家にある?いや、さすがにそれはもうないか。

引っ越しから10年以上そのまま放置していたダンボールを開封する。

もしかしたら、いつかどこからかひょっこり出てくるかもしれないけれど、今は、手元に見当たらない。それでも不思議なもので、件のシルバーリングは、私の中で未だ確かな存在感を持っている。物体としての指輪は(多分)失くしてしまっても、概念としての指輪はくっきりとした輪郭を持ち、今も残っている。

なんでしょうね、これ。なんなんでしょうね、ものって。

 




関連記事

「あの頃の私症候群」が今の自分をダメにする。

先日、着たい、使いたいと思えるファッションアイテムが変わってきたかもしれない、と書きました。

記事を読む

いつもの服でつくるこなれた感じのコーディネイト。

By: francois karm[/caption] 今回の旅は旅用の新しいアイテムを増や

記事を読む

服を減らし始めたファッショニスタたち。

  先日友人がSNSにUPしたポストに少々驚きました。 「今年こそはモ

記事を読む

小さな暮らしも素敵だけど、大きな家ってやっぱりいいよね。

By: Shubert Ciencia[/caption] 子供の頃から「大きな家」に住むの

記事を読む

見習うべきは、ていねいな暮らしなんかじゃない。

「ていねいな暮らし」なる表現がものすごく苦手なのは、自分がその対極に位置する人間だからという

記事を読む

モノを減らせば時間の余裕ができる。その時間をどう使う?

改めて書きます、といったまま書くのを忘れていたことがありました。 参考 モノを持たない

記事を読む

才能に頼らない方法 正しさとパッションの間で。

多少時間に余裕があるので、ここぞとばかりにインプット作業に勤しむこの頃。先週は文章作成に関する本を立

記事を読む

どうせ捨てるなら、何も持たないほうがいい。

来る夏が不安になるほどにとんでもなく日当たりのいいベランダで湯たんぽを乾かす。 関連

記事を読む

ロルバーンノート 使い方

優柔不断な女の片付け。

「crispyさんの顔を見るの、すごく久しぶりな気がします!」 今まで話したことのない運送会社

記事を読む

部屋を片付けたい香り、混沌とさせたい香り。

愛用しているフレグランスミストを切らしてしまいました。 関連 気になる部屋の匂いを消す

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑