この歳で指輪のひとつも持っていないなんてどうかしてる。

公開日: : 最終更新日:2018/06/11 ファッション, ミニマルライフ

レザーブレスレット

今朝、宝石の入ってない宝石箱、いや、アクセサリーケース、もとい、小物入れ?からブレスレットを引っ張り出していて、あれっと思ったのです。

指輪は、どこへ行ったんだろうと。

少ない、じゃなくて、皆無。指輪が、ない。

おかしくない?40年以上も生きてきたのに、指輪のひとつも持っていないなんて。

指輪のひとつも持っていないなんて、どうかしてる

手湿疹ケア1ヶ月

ダイヤだのルビーだのといった宝石がついたものがない、とかいうレベルの話じゃないのです。そもそも宝石には興味がないし。

大人のジュエリーは年齢を強調するアイテム論。

それ以前の問題で、指輪自体がない。

その昔はアクサセリー全般が大好きで、耳から首から手首から指から足首から、装着できるパーツには全てつけてやる勢いでジャラジャラさせておりました。服脱ぐよりアクサセリー外すほうが時間かかってんじゃないかってくらいに。

まあそれは若気の至り的too muchだとしても、その後もそれなりにアクセサリーとはいいお付き合いをしており、指輪だって今でも好きなのです。なのに、ひとつもないなんて。

確かにいつからかそう自由には指輪を楽しめない体になっておりました。

あれはいつ頃だったか。10年、いや、もっと前か。手指の炎症がどうしようもなくなり、指輪なんてとてもじゃないけど付けられんわいという状態になってから、すっかり疎遠になってしまった。

皮膚科で受けるパッチテストの結果 手湿疹の意外な原因。

現在は幸い症状も落ち着いているので、ちょっと指輪つけただけでどうこうなるとは考えにくいし、なんなら金属製以外の指輪を選べば良い。その手のリングならたくさん持ってたはず…なのに、ない。1コもない。

なんで? と、今日になって突然疑問が湧きました。だって、指輪って、そうやすやすと捨てるもんじゃなくない?

ずっと大切にしていたシルバーリングの行方

daikanyama34

そうは言っても自分がどんな指輪を持っていたかはあまり思い出せません。まあほとんどがおもちゃみたいなものだったから、さほど思い入れもなく、手洗いの際にどこかに置き忘れたり、なんとなく失くしたりして、どこかへやってしまったのでしょう。

あの指輪を除いては。

ひとつだけ、とても大切にしていた、いただきものの指輪があったんだ。あれ、どこにやったんだろう。

ちょっとゴツめのシルバーリング。古びた銀特有の鈍い光を眺めていると、胸がぎゅっと詰まるような、甘くて苦い若かりし日の思い出が蘇る…などといったエピソードがらみの代物ではなく、単に昔お手伝いしていたアクセサリー店のオーナーさんからいただいたもの。なんだけど、あれだけはデザインもとても気に入っていたし、指輪をつけなくなってからも大切に保管していた。

自らの意思で捨てたとは、思えない。長年使っていないのだから、どこかに置き忘れたとも考えにくい。

でも、記憶を辿ろうにももう、いつの時点から見当たらなくなっていたのかすら、思い出せないのです。

何度も何度も引っ越しを重ねる中で、誤ってうっかり処分してしまったのだろうか。

捨てる引越し、捨てない引越し。

それとも、大胆な物減らしをしたあの頃に、これまた間違って何かと一緒に捨ててしまったのだろうか。もしや実家にある?いや、さすがにそれはもうないか。

引っ越しから10年以上そのまま放置していたダンボールを開封する。

もしかしたら、いつかどこからかひょっこり出てくるかもしれないけれど、今は、手元に見当たらない。それでも不思議なもので、件のシルバーリングは、私の中で未だ確かな存在感を持っている。物体としての指輪は(多分)失くしてしまっても、概念としての指輪はくっきりとした輪郭を持ち、今も残っている。

なんでしょうね、これ。なんなんでしょうね、ものって。

 




関連記事

持たない暮らし。それでもこの秋欲しいもの。

By: Klearchos Kapoutsis[/caption] モノを持たない生活をしている

記事を読む

旅行鞄をスーツケースからトートバッグにチェンジ。

By: Andrei Dimofte[/caption] セブ島に到着して早2週間が経過しま

記事を読む

ミニマリストへの道。

究極はスーツケース1つで生きていくこと。 そんな理想を胸に自分の暮らしを徐々に改変している最中

記事を読む

11月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

11月は大きなものは捨てていませんが、それでもちょこまかと整理していたような。 改めて並べてみる

記事を読む

私服を制服化したい気持ちがわからなくもない。

私服を制服化するという考え方。ものを減らすとか断捨離とか少ない服でおしゃれにとか、その辺りの

記事を読む

「今の自分」に似合う服 パーソナルスタイリストの視点とは。

By: Jason Hargrove[/caption] 随分昔の話ですが、知り合いからとあるイ

記事を読む

買うべきか買わざるべきか、それが問題だ。

起動しなくなって大騒ぎしていたのは、昨年の秋。 ブログが書けなくなって秋 またまたMacBo

記事を読む

東京タワー

40代東京一人暮らし、早く引っ越ししてほしい。

1LDKなんて絶対反対断固拒否。私の部屋がないじゃないか。 そうひと暴れしてから早数ヶ

記事を読む

少ない服で着回す秋

去年の自分はもういない 秋のファッション計画 2016。

まだまだ油断はできないけれど雨が多くなんだか秋めいてきた今日この頃。 あれこれ他のこと

記事を読む

持たない生活、寒がりのくせに手薄な防寒。

超小型のセラミックファンヒーターを注文しました。というのも、先日友人と話していて 「おまえは寒

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

サンホワイト ワセリン
「最強クラス」を1週間使用した結果。

痛恨のstrongestステロイド処方から早1週間が経過。サ

天職と信じた仕事への情熱を失って。

天職への憧れを、誰しも少なからず持っているのではないか。でも

NY ホテルエジソン ツインルーム
サプリ飲み始め、初日の効果に驚く。

手湿疹対策として、ビオチンを飲み始めました。 ナチュラル志向

40代のファッション、服を変えるより簡単なやり口で。

ここ数年で、靴下を履くようになりました。まるで以前は裸足で野

ミニマルライフや、おしゃれよりも。

奥さん、8月です。ひどい、ひどいじゃないですか。暖かくなった

→もっと見る

PAGE TOP ↑