セロリ卵、わかめ温奴。

公開日: : 最終更新日:2016/09/19 シェアハウスで料理, 家飯, 食べること ,

セロリ卵

1年以上ぶりの休肝日を経て、通常モードの家呑み。

1日酒を抜いたら体がラク、とか目覚めがすっきり、とか聞くけれど、あんまり実感できないのは普段からあまり深酒しないからでしょうか。

家でこちょこちょつまみを用意してゆったり呑むのはもはや趣味の一環。

若い頃のように無茶な呑み方はもうできないし、数々の失態を思い出すともうしたくないし、酒は百薬の長と言うし(いい風に解釈)、これからもうまく付き合っていきたいものです。

今夜の家飲みおつまみメニュー

セロリ卵 献立

  • たらことじゃがいもの和え物
  • キャベツと海苔のサラダ
  • わかめ温奴
  • 葱と蒸し鶏のごま油和え
  • セロリ卵

たらことじゃがいもの和え物

たらことじゃがいもの和え物 レシピ

茹でて軽くつぶしたじゃがいもを温かいうちにほぐしたたらことオリーブオイルで和えます。大葉の千切りを添えて。

キャベツと海苔のサラダ

キャベツと海苔のサラダ

こちらは先日の残り物

わかめ温奴

わかめ温奴 レシピ

昆布だしでさっと温めた豆腐とわかめをシンプルにポン酢でいただきます。

葱と蒸し鶏のごま油和え

葱と蒸し鶏のごま油和え レシピ

ストックしていた蒸し鶏を小さく手で裂いておきます。茹でて4cm長さの切った葱を塩とごま油で和えたら蒸し鶏と合わせて仕上げに黒胡椒を。蒸し鶏に塩味がついているので葱の味付けは薄めに。

セロリ卵

セロリ卵 レシピ

溶き卵に塩と酒で味をつけ、ざく切りにしたセロリ葉を加えてあわせておきます。フライパンに油を引き卵液を流し入れて固まったら大きめの塊にわけ、中火でじっくり焼いたら完成。いつもは葱で作ることの多い卵焼きですが、セロリ葉もよく合います。

なんだかんだ残っていたストック食材を総ざらえした感じの食卓。
毎度のごとく地味だけど、赤・青・黄と色合いのバランスがよかったのでなかなか満足です。

一人暮らしの晩酌つまみ

カレーとかシチューをどかんと作って食べ続けるというやり方があまり得意ではないので(冷蔵庫ないし)基本的に料理の大量作り置きはしないのですが、全てを一食分づつ作るのはさすがに非効率。
煮物なんかは一旦冷ますと味が染みるという利点もあるし、週に一度くらいは毎日食べられる飽きのこない惣菜を作っておくと捗ります。
煮物の他には漬物、茹でた葉野菜、蒸し鶏、塩豚などが一人暮らしにも使い勝手のいいストック食材ですかね。

ただ、張り切ってあれこれ作りすぎてダメにしちゃうと本末転倒なので、予め用意しておくとしても1~2品かなあ。
生の食材をダメにするのも無駄だけど、自分で作ったものを腐らせるのはかけた手間と時間の分だけさらにショックだもんね。




関連記事

キャベツの塩昆布炒め

肉団子とかぶの味噌汁、キャベツ塩昆布炒め献立。

野菜を塩昆布で和える。いまや定番の酒のつまみですね。 手羽元黒酢煮、ピーマンの塩昆布和

記事を読む

春の晩酌レシピ 鶏もも肉と水菜の酒蒸し、蕗味噌。

お、ふきのとうが出てる。 いつもの八百屋にパトロールに出るとふきのとうが目立つところに

記事を読む

家呑み献立 9/10 雨の夜、久しぶりに芋を煮る。

  うーん、ピンが全然こない…そろそろGX100の限界か。 近日中に修理に

記事を読む

きのこの卵とじ

きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃがいもとたらをさっと煮たものと

記事を読む

カヴァで家飲み 白菜ステーキ、アボカドのグラタン。

そろそろ冷やすかな。 1本だけ残っていたカヴァを夕方頃にそっと冷蔵庫にオン。冷たい泡で

記事を読む

さつまいもときのこのグラタン

ワインで家飲み さつまいもときのこのグラタン。

グラタンとワインの組み合わせって結構好きです。 グラタンはいろんな具で作れる便利な料理

記事を読む

マッシュルームサラダ

新玉ねぎの卵炒め、マッシュルームサラダ献立。

どうしてもサラダにして食べたくて、おかしな品揃えに。 生ハムとマッシュルームのバケット

記事を読む

鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し献立

キャベツと鶏のしょうが蒸し、菜の花の辛子和え献立。

長旅を終えて自宅に戻りました。 家飯好きではあってもしばらく自炊をしないでいると途端に

記事を読む

家飲み一人鍋 1/13 白菜と春雨のうま煮鍋、温奴。

最近、以前にも増して「早寝早起き」を心がけています。 できれば22:00までに就寝するスタ

記事を読む

イカと豆腐の煮付け、もやしとささみのスープ。

そろそろ鮮魚売り場をチェックするのにそわそわする季節。 が、残念ながら昨日は頃合いの獲

記事を読む

Comment

  1. 酔子 より:

    こんにちは、crispy-lifeさん

    温奴!いいでですね!!
    ここ数日暖かいですが、夜は冷えますしねぇ
    湯どうふ、とまではいかない…ほんのりあったかいとうふが恋しいときがあるんで
    そういうときにピッタリ、もってこいだと思いました~♪

    食材や残りものをうっかりダメにすると、

    ショックですね。。
    凹みますね。。

    自己嫌悪&罪悪感でいっぱいになります。。。。

    • crispy-life より:

      酔子さん

      こんにちは。

      そうなんです、食べ物をダメにするのって苦手なんですよね…。使わなくなったものをばっさばっさと捨てるのとはまた別問題というか。おかげで内容量の多い食品やおとりよせはなかなかできません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくま

→もっと見る

PAGE TOP ↑