ビールもワインも参戦のサンデーブランチ。

公開日: : 最終更新日:2014/08/27 シェアハウス, シェアハウスで料理, 家飯 , ,

140824b

お勤め人でもない癖に、日曜日はついつい自分を甘やかしてしまう私。
昼から美味しいお酒を呑むのって、最高の贅沢ですよね。

 

今日のブランチ

  • 手羽焼き
  • レタスサラダ
  • トマト
  • チーズ(エメンタール)
  • プロシュート
  • ローストナッツ
  • バケット

殆どが昨夜と同じメニュー
追加したのはシャキシャキレタスに塩、オリーブオイル、レモンを振っただけのサラダに、鶏手羽焼き。

140824b2

以前登場したもも焼きと同様に、手羽先に塩を振って冷たいフライパンに乗せてから弱火でじっくり焼くだけ。パリッと焼けた皮目にレモンを絞ってはふはふ頬張ると、ワインを準備していたのにもかかわらず、ビールもぷしゅっと開けてしまいました。

骨付き肉の野趣溢れる旨さっていいね。ああ、生きてるんだなあという感覚が湧く。だからこそ、命に感謝しながら、美味しく食べたい。

そうそう、昨日は常温にて楽しんだエメンタール。

140824b3

 

美味しいバケットに乗せてトーストして、とろりと溶けたところに胡椒、オリーブオイル、プロシュートを合わせたら、まさに天にも昇る旨さでした。

この後、ウィスキーとコーヒーのカクテルにショコラまで添えちゃって、さらにはシャワー浴びてすっきりするというフルコース。なんかひとりで贅沢しちゃってスミマセンねぇ、と誰に対してかわかりませんが謝りたいよな気分です。

なんて、そんなにたいしたことはしてないんですが、こうして幸せのハードルを自分軸で設定することができるだけで、毎日は俄然楽しくなるね。

さてと、贅沢なブランチの後はこの辺りを聴きながら読書して、あとは昼寝でもしようかな。

うん、完璧な日曜日だ。

みなさまも、素敵な休日を!

Metti una sera a cena (Uncut Version)
Cinevox (2010-08-08)
売り上げランキング: 143,350



関連記事

蕪と豚肉の味噌炒め献立

蕪と豚肉の味噌炒め、えのきのスープ献立。

ありがたき蕪が売られていたのでありがたく購入いたしました。 蕪とか葉付き大根は1度で2

記事を読む

肉豆腐、なすと三つ葉のサラダで家飲み。

帰宅途中のスーパーで、とりあえず豚薄切り肉を買ったものの、迷う。 普段は買い物した時点

記事を読む

豚肉の肉じゃが献立。

ひえー、寒い。 ここ数日ちょっと気温が高かったので油断していましたが、さむーい。 今夜は何も買

記事を読む

鶏もも肉と水菜のフライパン蒸し、えのき梅豆腐献立。

水菜がある、鶏もも肉も余っている。となると自動的にこのメニューかしら。 毎度おなじみ肉

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエで赤ワイン。

もうそろそろ本格的に春がやってくるけれど、そういやこの冬食べてなかったな。 とふと思い

記事を読む

ぶりと青菜の酒蒸し献立

ぶりと青菜の酒蒸し献立。

実はこの日、売り場にはぶりカマもあったのです。 しかも、半額。ごっそり身のついた大ぶ

記事を読む

卵とわかめのスープ ぬか漬け 小松菜のおひたし 焼き油揚げの酢醤油かけ

焼き油揚げの酢醤油かけ、小松菜のおひたし献立。

すご過ぎないものの力とは。 たまにものすごくおいしいものが食べたくなって、はて、おいし

記事を読む

家呑み献立 9/2 さばの水煮とちょこちょこ小鉢。

  うーん…。 スカッと晴れたけど、やっぱりもう30度超えはないのかしら。

記事を読む

葱爆羊肉

葱爆羊肉、大根のサラダ献立。

ずっとチャレンジしたいと考えていた羊肉料理、ようやく作りました。 普段自宅で調理する肉

記事を読む

潮汁

潮汁、えのきあんかけ豆腐献立。

ここのところ真っ当な和献立が続いていて、それなりに満足度が高かったのですが久々にやってしまい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑