ビールもワインも参戦のサンデーブランチ。

公開日: : 最終更新日:2014/08/27 シェアハウス, シェアハウスで料理, 家飯 , ,

140824b

お勤め人でもない癖に、日曜日はついつい自分を甘やかしてしまう私。
昼から美味しいお酒を呑むのって、最高の贅沢ですよね。

 

今日のブランチ

  • 手羽焼き
  • レタスサラダ
  • トマト
  • チーズ(エメンタール)
  • プロシュート
  • ローストナッツ
  • バケット

殆どが昨夜と同じメニュー
追加したのはシャキシャキレタスに塩、オリーブオイル、レモンを振っただけのサラダに、鶏手羽焼き。

140824b2

以前登場したもも焼きと同様に、手羽先に塩を振って冷たいフライパンに乗せてから弱火でじっくり焼くだけ。パリッと焼けた皮目にレモンを絞ってはふはふ頬張ると、ワインを準備していたのにもかかわらず、ビールもぷしゅっと開けてしまいました。

骨付き肉の野趣溢れる旨さっていいね。ああ、生きてるんだなあという感覚が湧く。だからこそ、命に感謝しながら、美味しく食べたい。

そうそう、昨日は常温にて楽しんだエメンタール。

140824b3

 

美味しいバケットに乗せてトーストして、とろりと溶けたところに胡椒、オリーブオイル、プロシュートを合わせたら、まさに天にも昇る旨さでした。

この後、ウィスキーとコーヒーのカクテルにショコラまで添えちゃって、さらにはシャワー浴びてすっきりするというフルコース。なんかひとりで贅沢しちゃってスミマセンねぇ、と誰に対してかわかりませんが謝りたいよな気分です。

なんて、そんなにたいしたことはしてないんですが、こうして幸せのハードルを自分軸で設定することができるだけで、毎日は俄然楽しくなるね。

さてと、贅沢なブランチの後はこの辺りを聴きながら読書して、あとは昼寝でもしようかな。

うん、完璧な日曜日だ。

みなさまも、素敵な休日を!

Metti una sera a cena (Uncut Version)
Cinevox (2010-08-08)
売り上げランキング: 143,350



関連記事

鹿児島の酒 薩州 正宗 純米吟醸で晩酌 ぶりの粕汁、焼きさつま揚げ献立。

本体は現在常夏の島にて軟禁状態にありますが、まだUPしていなかった晩酌記録をこの辺りで投下し

記事を読む

福寿・神戸カップ

兵庫の酒 福寿 神戸カップで晩酌 豚肉と豆苗のおろし和え、白菜のしょうがスープ。

2016年の日本酒ツアーは兵庫県からスタートです。 関連 勝手に日本酒全国ツアー

記事を読む

きくらげ卵炒め

豚肉ときくらげの卵炒め、ゴーヤの塩昆布和え献立。

きくらげと卵、豚肉を炒めたもの。木須肉(ムースーロー)ってやつですね。 こういう材料

記事を読む

わかめと卵の炒めもの

わかめと卵の炒めもの、わけぎのナンプラー和え献立。

うつわは好きだし興味もあるけれど、コレクション癖がない上に一人暮らしなので、さほど多くは持ち

記事を読む

おろし納豆献立

休肝日ごはん きのこの味噌汁、おろし納豆献立。

最近、休肝日ごはんがそれなりにたのしくなってきました。 ごはんと味噌汁の組み合わせとい

記事を読む

きのこスープ

ひとんちの食の不思議ときのこスープ。

旅行中は普段と生活サイクルが異なり、食事の内容も、時間も、量も変わるので、どうしても体が重く

記事を読む

肉団子とキャベツの煮もの献立

肉団子とキャベツの煮もの、茄子の酢醤油炒め献立。

そろそろ汁っぽいもの、温かいものを体が欲する季節がやってまいりました。 嫌ですね。

記事を読む

鳥豆腐

鳥豆腐で汁飲み晩酌。

今年最後の晩酌献立は、鳥豆腐です。 平素は「鶏豆腐」表記なのですが、今回は本家リスペク

記事を読む

三つ葉の卵とじ献立

三つ葉と揚げの卵とじ、根菜の酒粕味噌汁献立。

寒い。 言ったところで何の解決にもなりませんが、寒いですね。 寒い夜には当然、あ

記事を読む

さつまいもと豚肉のしょうが煮

さつまいもと豚肉のしょうが煮、豆苗と卵の炒めもの。

食料調達スタイルがまだ確立されていないこともあり、ここのところあまり季節感のない献立になるこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ステーキ献立
牛ロースおろしステーキ、レタスと海苔のサラダ献立

ステーキといえば肉を焼いたものを指す。しかし私のステーキとは

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつ

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

→もっと見る

PAGE TOP ↑