家飲みメニュー 鶏豆腐、キャベツの塩昆布和え。

公開日: : 家飯, 食べること

鶏豆腐

出汁を飲みながら酒を呑む。そんな汁重ねの季節がやってまいりました。出汁料理の筆頭といえば鍋料理ですが、椀に盛った汁物に燗を添えるのもまたいいもので。

寒いのは嫌だけど、寒い日に呑む酒は旨い。冬に美味しいものがなかったらと思うと気が遠くなりますね。

さて、今夜はワインにしようかなーと晩酌メニューを考えつつも脳裏に浮かぶは黄金の出汁。

野菜売り場で春菊を見かけてしまったら最後、これはもう鶏豆腐を作らざるを得ないのでした。

鶏豆腐で晩酌

鳥豆腐 献立

漬物盛り合わせ

漬物盛り合わせ

本日の漬物はにんじんと茄子の糠漬けに大根皮のポン酢漬けの盛り合わせ。
大根の皮は適当な長さに切って塩もみして水分が出たら絞ります。あとはポン酢に漬けておくだけの簡単漬物。煮物などで厚めに皮を剥いた時などはこうして漬けておけば材料に無駄が出ずに重宝します。

焼き油揚げ

焼き油揚げ

フライパンで両面カリッと焼いた油揚げ。醤油、酢、黒七味で和えたたっぷりのさらしネギをのせました。

キャベツの塩昆布和え

キャベツの塩昆布和え

ちぎったキャベツに塩昆布をのせてごま油を少々。このごま油は太白じゃなくて香り付きです。こういうの、いくらでも食べられちゃいますねえ。美味しい塩昆布さえあれば尚よし。

鶏豆腐

三州屋風鶏豆腐のレシピ

今季初の鶏豆腐。塩をすりこんで寝かしておいた鶏もも肉を酒、水、出汁昆布と共に鍋に入れ、弱火でじっくりゆっくり旨味を引き出します。鶏の出汁が出たら塩で味を整え豆腐、葱を順に入れ、最後に春菊をさっと煮て完成。この料理には春菊の香りが欠かせません。

あれ、なんかこうして並べてみるとまたまたタンパク質が多いような。

鶏豆腐はこのまま食べてもいいし、葱を入れたぽん酢で味を変えるのもまたよし。こういう料理にはやっぱり燗酒ですねえ。

一人暮らしの料理レシピ

冷え込んできたらやたらと登場するこの鶏豆腐、元ネタは銀座「三州屋」です。

関連 カキフライには瓶ビール。銀座 「三州屋」

お店のレシピでは鶏ガラスープを使っているそうな。

さて、鶏豆腐といえば春菊。
独特の風味と苦味があるので好き嫌いが分かれそうな春菊ですが、かなり好きな野菜です。ちょこっと入れるだけで鶏豆腐みたいにシンプルな料理にも俄然奥行きが出るからなんというか頼もしい野菜なのです。

三つ葉も好きだし、こういう系統の香り野菜は好みなんだろうなあ。
ただし、パクチー除く。

 






関連記事

家飲み献立 9/16 白葱の卵焼き、砂肝のポン酢漬け他全5品で晩酌。

昼過ぎ、都内も結構揺れましたね。帰国して以来一番大きな揺れだったような気がします。 私

記事を読む

酔鯨なつくじら純米吟醸

高知の酒 酔鯨 純米吟醸 なつくじら 原酒で晩酌 鰤とふだん草の酒蒸し、つけもの奴献立。

四国地方へやってまいりました。 と言っても既に愛媛は済んでいるので残るは3県。 関連

記事を読む

男山 純米生貯蔵 (北海道・旭川市)

北海道の酒 男山純米生貯蔵で晩酌 さんまの梅煮、柿の白和え。

酒類は持ち帰るのが重いこともあっていつもは通販で購入することが多いのですが。 先日近所の酒

記事を読む

モロヘイヤとトマトのスープ なすと春雨のバジル炒め

なすと春雨のバジル炒め、モロヘイヤとトマトのスープ献立。

先日コメントでも触れましたが、ネバネバぬるぬるしたものが好きです。 野菜ならオクラ、空

記事を読む

バケットグラタンとサラダ

生ハムとマッシュルームのバケットグラタン、ナッツサラダで白ワイン。

グラタンとサラダでワイン。 となれば当然グラタンがメインのように見えるけれど本日に限っ

記事を読む

白菜と油揚げの卵とじ、ベビーリーフのサラダ献立。

白菜と油揚げの卵とじ、ベビーリーフのサラダ献立。

普段は手に取らない食材も積極的に試しましょう。などと言っておきながらこの体たらく。 メ

記事を読む

一人暮らしの夜ご飯 8/9 塩豚のソテー。

あれっ?なんで?というような涼しい1日でしたね。 エアコンが苦手なので助かります。 が、西側

記事を読む

手羽元黒酢煮

手羽元黒酢煮、ピーマンの塩昆布和え献立。

先日久しぶりに黒酢を導入しまして。 関連 トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひたし献立

記事を読む

こんにゃく炒め献立

たたきこんにゃく炒め、豆苗の白和え献立。

皿を叩き割るストレス発散法があるらしい。そんな話を以前書きました。 関連 捨てて壊して

記事を読む

きくらげと豆苗の卵炒め

きくらげと豆苗の卵炒め、レタスと海苔のサラダで晩酌。

久しぶりに焼き海苔を買いました。 普通に好きな食材ではあるものの、近頃は白米をあまり食

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。
焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。

粕汁の具材といえば、鮭が王道ではないでしょうか。次点で、ぶり

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

→もっと見る

PAGE TOP ↑