焼きにんじん、蒸し鶏とねぎのサラダ献立。

公開日: : 家飯, 食べること

焼きにんじん献立

日々の晩酌記録をつけるようになってから、ようやくにんじんの千両役者っぷりに気がついた私。

にんじんを使ったおつまみ

その昔はにんじんなんてカレーに入れる野菜程度にしか考えておらず、メインに据えるには難しい食材だと思い込んでいたのに、今ではすっかり頼れる存在。

今夜も焼きにんじんでよろこんで酒を飲むのです。

焼きにんじん、蒸し鶏とねぎのサラダで晩酌

焼き人参献立

  • 長芋の味噌汁
  • 紅芯大根の漬もの
  • 蒸し鶏とねぎのサラダ
  • 焼きにんじん

長芋の味噌汁

長芋の味噌汁

ごろっと大きな輪切りいした長芋と油揚げの味噌汁。出汁は昆布と鰹、青味は豆苗です。

蒸し鶏とねぎのサラダ

蒸し鶏とねぎのサラダ

塩を揉み込み酒を振りかけて蒸した鶏むね肉を冷まして細かく割きます。4cm長さに切った小ねぎとむね肉をごま油、しょうゆ、酢、すりごまを合わせたドレッシングで和えたら完成。

焼きにんじん

焼きにんじん

大きめに切ったにんじんにオリーブオイルをまぶしてフライパンにのせ、潰したにんにくと一緒に両面に焦げ目がつく程度に焼きます。焼きあがったらうつわに盛り付け、粗塩と胡椒を振るだけ。

汁椀にドカンと浮かぶ長芋に、大胆な割りのにんじん。長芋はほっくりと柔らかく、一方のにんじんは芯にやや固さが残る程度の焼き具合なのでその食感はまるで違うけれど、とにかく野菜をむしゃむしゃ頬張るやけに野生的な晩酌となりました。にしても、根菜食べ過ぎか。

日本酒にあうおつまみレシピ

今日の小発見は、長芋の味噌汁。普通の味噌汁なので味は想像通りそのまんま、なんのひねりもないけれど、写真を撮っていて大きい輪切りってのはなかなかフォトジェニックだなあと気付いた次第。

煮えやすさ、食べやすさを考えれば一口大サイズの圧勝ではあるものの、そもそも生でも食べられる上に火の通りが早い素材だし、歯触りも儚く、ほろりとしている。よって、大型サイズでも苦にならない。ベランダで伸びていた豆苗のもしゃもしゃした感じも相まった、ほんのりと雑煮っぽい目出度さの香る面白い見た目に満足です。

【再生栽培豆苗】油揚げと豆苗の卵とじ、えのきとしょうがのスープ献立。

うつわの種類も多くなく、使う食材の幅も、料理自体のレパートリーもそう多くはないというのに、なぜか日々撮影を続けている。この習慣を活かすべく、たまには切り方や盛り方を熟考してみるのもいいですね。毎日できる、地味なお遊び。

 




関連記事

鶏じゃが

家飲みメニュー 鶏じゃが、つるむらさきのおひたし。

近所でダウンジャケットを着用している女性を見かけて、さすがにまだ早くない?なんて思ったら外国人の

記事を読む

塩手羽とキャベツのスープ煮

塩手羽とキャベツのスープ煮、なすの黒酢炒め献立。

塩漬け肉の結果が、こちらです。 手羽先のナンプラー漬け焼き、えのき梅おろし献立。

記事を読む

ニラの卵炒め献立

にらの卵炒め、蕗味噌献立。

どちらかといえば苦手な部類に入ると思い込んでいたふきのとう。2年前、久しぶりに作った蕗味噌が

記事を読む

なすとひき肉の塩炒め

なすとひき肉の塩炒め、トマトと豆腐のスープ献立。

わたくし徒歩フェチなものですから、休日とはいえ家から一歩も出ないなんてことはまずありません。

記事を読む

鶏ゆず白菜献立

鶏ゆず白菜、塩昆布ねぎ奴献立。

いつもの八百屋でゆずを見つけ、思わず手に取りました。 ゆず、すだち、レモン、ライム、シ

記事を読む

新じゃがと新たまねぎの温サラダ献立

新じゃがと新たまねぎの温サラダ、酒粕鶏団子汁献立。

何度か野菜を漬けた味噌と酒粕の漬け床。 関連 鯖納豆、酒粕漬け献立。 下漬けした

記事を読む

塩鮭の粕汁、卵とキャベツのしょうゆ炒め献立。

冬の存在意義。それは、汁っぽい料理をアテに酒を飲む、いわゆる「汁飲み」が滅法捗ることである。

記事を読む

大根葉と卵の炒めもの献立

大根葉の卵炒め、大根と厚揚げの煮もの献立。

大量生産した大根葉炒め塩味バージョンを今日は卵炒めにしていただきます。 大量生産といっ

記事を読む

さば水煮缶レシピ

鯖納豆、さつまいもと半熟卵の温サラダ献立。

最近、書店に行くと魚の水煮缶レシピ本をよく見かけます。 水煮缶、流行っているのでしょう

記事を読む

一人晩酌 9/4 鶏もも肉のウスターソース焼き、小松菜に煮浸し。

午後になると毎日 「今日は何で呑もうかなあ…」 と、冷蔵庫の中身を反芻しながら考

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑