続けた先にある未来。

公開日: : 生き方と考え方, 英語

今朝駅前で素足に下駄履きの紳士を見かけました。

すごい。

この寒さで素足は無理だわーとぶるぶる震えながら鼻緒を見つめていた私ですが、まだエアコンは稼働していません。

去年の今頃よりも寒さが堪えていないのは単に気温がそこまで下がっていないからなのか、それとも冷え性改善計画が多少なりとも効果を発揮しているのか。

いずれにしても良い傾向ではあります。



やめたら元に戻ってしまう

By: Andrey

冷え性改善については特別なことは全くしておらず、相変わらず地味な対策に細々と取り組んでいるに過ぎません。

関連 本気の冷え性改善計画

体質改善は一日にしてならず。こうしてちょっとでも改善の兆しが見られると続ける甲斐があるってもんです。
が、せっかく改善してきたのをいい事に少々サボってしまい後退したことも。

それは、ストレッチ。

就寝前のストレッチをせっかく毎晩続けていたのにうっかりサボってそのまま寝てしまう事案が連続発生。今日の寒さも手伝ってか、今朝は腰がちょっとアヤシイ感じになってしまったのでした。

危ない危ない。
せっかくここまで効果を実感していたのに諦めてはいけない。気を引き締めて続けていこうと改めて誓ったのでした。

続けるって難しいけれど、正しい方法で続ければ必ず成果が出るのだとわかっただけでも心強いものです。

続ける経験を積み重ねたい

さて、続けるといえばやったり止めたりを繰り返している英語の勉強。

関連 40代になっても、懲りずにしつこく学び続ける。

元々愛用していたサイトがオンライン英会話と業務提携したことをきっかけにまた始めたわけですが、今日ふとサイトのカレンダーを見てみると

「連続学習日数 53日」

と表示されていました。

これ、例え1分でも単語問題をやればそれも1日とカウントされるので薄い内容の学習でいたずらに日数だけを積み重ねても意味はないのですが、それでも

「忘れずログインする」

だけでも結構大変なこと。
53日続けられたのはもうかなり前のことですが、あのまま途切れることなく習慣付けてやっていればもう少し早く英会話力を伸ばすことができたんだろうなあと考えたり、いやでもあの頃は何の目的もなくただ話せるようになりたいからやっていただけで、いずれにしても続かなかっただろうなと思ったり。

そもそも当時は心のどこかで

「いまさらちまちまこんなことしても話せるようにはならないんじゃないか」

と疑っていた節もあります。
きちんと努力を継続して何かを手に入れた経験があまりにも少なかったから、続けた先にある未来を想像できなかったんですね。結局は海外生活という強制手段によってやらざるを得ない状況になったわけですが。

やれやれ。
私のようなコツコツ継続が苦手な人間には特に、明確な目標や確固たる学びの理由が必要なのだと感じます。

が、英語に関してはそんな悠長なことも言っていられない事態に。ここへきて仕事で英語を必要とする場面が出てきたのです。
と言っても、私のようなカタコト話者が英語を使ってバリバリ日本で仕事できるわけもなく、単にクライアントの担当者が日本語の話せない外国人になりそうだ、というだけなんですが。

日本にいると英語を使う機会が殆どなく旅に出る時くらいしか勉強へのモチベーションが上がらなかったのですが、仕事絡みとなるとそうも言ってられません。まだどれくらい英語を使うことになるかはわからないけれど、これも何かの縁でしょう。素敵なきっかけを与えてくれてありがとうございました、という他ありません(ヤケクソ)。

とにかく根気がなく飽きっぽく、何事も続けられない私。それでも体質改善のために、将来のために、夢のために、小さな努力を積み重ねられる自分に少しづつでも近づいていきたい。そして小さな変化をちょこちょこと実感したい。

続けた先に「何か」があるとようやくわかってきたのは自分にとっては大きな、そして愉快な変化だと思っています。

 




関連記事

セブ島ジプニー

退屈な休暇の過ごし方。

今年は夏休みを取ろうと決めていました。 とは言ってもお勤めもしておらず時間の拘束もない

記事を読む

By: Ella Mullins

片付けられない私とファサーの心理学。

By: Ella Mullins[/caption] 最近眠れて眠れて仕方ない、のくだりで布

記事を読む

By: Leyram Odacrem

退屈な毎日、暇つぶしをしている暇はあるか。

By: Josh[/caption] 年明けに開かずの段ボールを整理したと書きました。

記事を読む

ny_dt_19

お金を貯めるのが趣味、数字が増えるのがただ面白い。

仕事の都合で久しぶりに女性誌を読みまくっているのですが、情報誌は当然のこととして、ファッショ

記事を読む

By: Lindsey Turner

捨てる、捨てない 記念のアレに未来のコレ。

By: Lindsey Turner[/caption] 引越し作業はあっという間に終了した

記事を読む

Pulitzer Hotel Barcelona3

毎日鏡を見て生きてきた人のすごさ。

仕事柄、文章を書く作業は比較的多い方だと思うのですが、ここのところ改めて文章について気になっ

記事を読む

bear

意外と簡単?プール付豪邸暮らし 人生観を変えるかもしれない「疑似体験」

プール付の豪邸で、のんびり過ごす。 憧れますよね。 でも、一般庶民にはそんな生活

記事を読む

モアルボアル チリバー

漠然とした不安の正体は。

平常心平常心。 そうつぶやきながら微笑むあの坊主は誰だったけ、一休さんか? なん

記事を読む

nerima22

逃げよ、生きよ。孤独は怖いか、苦しいか。

内向的な人間には参考になる部分が多いと思う。 こんなコメントを添えて知人が紹介していた

記事を読む

By: Yoshikazu TAKADA

世知辛い世の中を作っているのは誰だ。

By: woodleywonderworks[/caption] こう見えて今なお若い男性に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1905kakegawa_51
都田駅は「浜松の北欧」日本散歩・静岡県

静岡県のローカル鉄道、天竜浜名湖線散歩の続きです。 天竜

目玉焼き丼献立
休肝日ごはん 目玉焼き丼、にんじん葉のナムル献立。

炊きたてのごはんをどんぶりによそって、上手に焼いた目玉焼きをの

suginami_67
愚痴を聞くために呼び出される。

愚痴を聞いて下さい。 あまりにもあからさまなその要望に、

むね肉のにらだれ
むね肉のにらだれ、キャベツと卵のニョクマム和え献立。

鶏むね肉をいつものように蒸し鶏にして食べるつもりで帰宅。

1905kakegawa_29
天竜浜名湖鉄道に大興奮 日本散歩・静岡県

静岡県で天竜浜名湖線に乗ってきました。 静岡といえば、昨年の

→もっと見る

PAGE TOP ↑