一人で酒を飲むならば 一人飲みの店選び ’18SS。

公開日: : 最終更新日:2018/08/15 一人飲み, 食べること

ipod_code1

久しぶりに昼から泡をざぶざぶ飲もうよ。この季節、やっぱりテラス席がいいよねえ。

友人からそんな提案を受け、早速希望を叶えるべく店を検索し始める。

路上の簡易テーブル(土台はビールケースなど)で生が飲みたいとのリクエストならば自分の中に山ほどストックがあるけれど、テラスで泡となるとなんだかパッと店が出てこない。おしゃれ系飲みするならばエリア的には恵比寿とか代官山あたりが狙い目か、しかしあの辺りは管轄外だからな、最近めっきり疎いんだよね、などと我が引き出しの少なさを恥ながらの鬼検索。

しかし、ない。なかなかない。テラス席があるレストランやカフェは山ほどあるけれど、週末の昼、ランチのセットメニューではなくそれなりのアラカルトをオーダーできて、酒をがぶ飲みできて、時間を気にせずゆったりできる通し営業の店、となると結構難しいのでした。

一人で酒を飲むならば

hongkong-foods-49

ところで今年のゴールデンウィークはやたらと楽しく過ごせました。

アリババの休日とリア充の爆発。

楽しかった、と言ってもやったことといえば昼夜徘徊して酒を飲む程度だけれど、とにかく楽しかった。テラスで泡の店は出てこなくとも、天気のよい休日に一人いそいそ出かけたい店のリストにはいろんなタイプがズラリと並んでおり、そこから本日の気分にぴったりくるものをチョイスする技術も流石に身についてきました。

店選び。誰かと一緒の時であれば、私は案外こだわらない。

もちろんせっかく行くならいい店がいいし、美味しいものも食べたい。でも、友人らと時間を共にするならば、食事自体は主役には成り得なくて、メインは人であり会話。よって、ちょっとイマイチの店を引いちゃっても笑ってやり過ごせるし、ごめんね、今日は子供が一緒だからファミレスでもいい?とか言われても全く気にしません。満面の笑みでハンバーグを頬張る小さなお友達と一緒に過ごせるならむしろウェルカムであります。

が、一人の時は完全に酒と肴と自分の三つ巴なものですから、失敗は許されない。というか、失敗したくない。そして、私の主観によってしか店を選ばないので当然めちゃくちゃ偏りが出てくる。

ミニマリストのクローゼット公開、という記事が使えない理由。

突然ですが本日現在、私が一人で外食する際に店に対して求めている、こだわっているポイントを改めて棚卸ししてみようではありませんか。ちなみに飲酒を伴わない一人外食には全く興味がないので、以下は全て飲むことを前提とした思い切り個人的な意見です。

一人飲みの店選び

hongkong-foods-2

  • 家から近い
  • 通し営業である
  • ちょうど良いお通し
  • 料理の量が少なめ
  • 空いている時間がある
  • 距離を取ってもらえる
  • 外気が入る(季節限定)

家から近い

人との会食であれば電車に乗って出掛ける労力は決して惜しみませんが、一人なら近所がいい。近所の圧勝。どれくらい近所かと言うと、基本徒歩圏内であって欲しい。

わざわざ電車を乗り継いで目当ての店に行くのも、それはそれで楽しいものです。

東京散歩、23区のあちこちで飲む

だけど、それはお出かけ込みのお楽しみであって、純粋にフラッと飲みに出るだけならばハードルが高すぎる。私に電車は難しすぎる。行きはいいけど帰りがイヤ。寝るし。

以前兄さんも似たようなことを言っていて、当時はえー、もっと一緒にあちこち行こうよーとか思ったものだけど、今ではその気持ちがよくわかります。私も大人になったもんだ。

通し営業である

冒頭の店探しのくだりでも触れましたが、ランチでもディナーでもない空いている時間、具体的には14時、15時あたりに入って普通に飲める店がいい。

人気店であってもランチタイムを外したらすんなり入れることが多いし、お待ちが出てるのを気にしながらそわそわ飲むのも落ち着かないじゃないですか。まあ一人の時ってそんなにゆっくりしなくてちゃっちゃと飲んでさっさと店出ちゃうんですけども。

ちょうど良いお通し

最近は出さない店も多いがちょうどいいものが出ればすごく役立つ。でも、コンビニのお惣菜みたいな味つけのきんぴら辺りがお出ましになると心底がっかりする。それがお通し。

とりあえず野菜っ気を食べないと落ち着かない体質なもので、居酒屋であればこう、おひたしとかごま和えとか煮浸しあたりのシンプルな、でもちゃんと美味しい小鉢など出されると、それだけで野菜メニューがクリアできるという小さなよろこび。よいお通しがあれば、以降はスムーズに肉や魚系に手出しできるというものです。

料理の量が少なめ

一人飲み最大の難関は料理の分量。特に最近は量が入らなくなってきているものですから、一皿のボリュームがたっぷりあるサービス精神旺盛な店はチャレンジし辛いのが悲しいところです。串ものも2本縛りを課せられると以降オーダーの組み立てが難しくなる。最近はハーフサイズとか、お一人分の量お出ししますよ、なんてうれしいことを言ってくれる店も増えてきましたけどもね。

ところで目下の悩みは、近所の蕎麦屋のカツ煮が旨そうなこと。
ああ、あのカツ煮。今の時期ならビールでカツ煮だよなあ。でも、そうなると確実に蕎麦が入らない。お腹が張らないようにビールを日本酒に替えて頑張ったとしても、カツ煮の後にもり行くと味としては単調になっちゃうから、リズムを考慮するならどうしても野菜系を1品挟みたい。あの店で野菜選択肢はおしんこだけか。うーむ。

気がつけばこんなことばかり考えて生きています。

空いている時間がある

これも先ほどの通し営業と通じる要素で、確実に入れる店がいい。どんなにいい店でも並んでまでは飲みたくないし、予約必須の店には一人では行かない。通し営業じゃなくても、例えば16時オープンの店なんてのも狙い目ですね。開店時間に行けば確実に一周目に滑り込めるという安心感があるから。

程よい距離が取れる

一人で飲みに行ったらお店の人や他のお客さんと仲良くなれるかも?そんな新たな出会いやコミュニケーションを求めて酒場に出向くことはなく、純粋に酒が飲みたいだけの私。よって、初見で店の人からやたらめったら話しかけられたり体良く他のお客さんとマッチングさせられるのは苦手です。

もちろん、自然発生的な会話は大いにありだけど、たまに不自然なまでに構ってもらえてしまうお店があるので。いや、ご親切心はありがたいのですが、とりあえず、飲ませてください。毎度根暗ですみません。

外気が入る(季節限定)

昼飲みでも、夜飲みでも、風に吹かれて飲む酒ってのは格別ですね。

ただ、風に似合う酒の種類というものがあり、ウィスキーやら日本酒やらは室内で飲んだ方がいい気がするし、カクテルを飲むなら絶対に照明暗めの店のどっしりしたカウンターがいい。となれば、外気にあてる選択肢はビール、ワイン、チューハイあたりになるでしょうか。焼酎水割りでギリ。私は全く飲まないけれど、ホッピーも外気に似合うか。もちろん、季節限定ですよ。冬は外でなんか飲むものか。

店に求めるもの。まだまだありそうな気がするけれど、書けば書くほど気持ち悪くなっていきそうなので今回はこの辺で。

求めるものは、どんどん変わっていく

新橋ときそば

方向性は大きく変わらないものの、数年前に絶対条件として挙げていた「小瓶のある店」のプライオリティは下がった。というか、全くこだわらなくなっていました。

生より瓶が好きなのは相変わらずだけど、ビール飲みすぎるとつまみが入らなくなるゆえに小瓶推しだった頃を経て、最近では大瓶しかないならアテを減らせばいいじゃない、という考えになって参りました。いいか悪いかで言ったら、確実に悪い変化ですな。

などとだらだら書いてきましたが、そして以前も似たようなことを書いていますが、さらに冒頭では「店選びの技術は身についた」などと偉そうに述べましたが、もちろんハズレも引きます。大いに引きますとも。

ヤムウンセン、ひき肉とトマトの卵炒め献立。

でも最近は失敗したくないなりに、気になる店は果敢に新規開拓するようになりました。だってさ、1回失敗したらもう次からその店のことを考えなくて済むじゃないですか。ああ、あそこ行こうかな、行ってみたいけど外すのヤダな、というもじもじとした選択肢からさっくり外せるじゃないですか。

失敗からも、得るものはあるのだ。

話は戻って。結局友人とは麻布十番のピッツェリア「ストラーダ」にて昼からボトルで泡をじゃぶじゃぶ飲みました。

麻布十番PIZZA STRADA

生憎の雨でテラス席が使えなかったのは残念だったけど、ビスマルクはよかった。最近一人でもやたらピザ食べてる気がするなあ。気軽で旨いピッツェリア、増えたよねえ。

 




関連記事

わかめ卵炒め献立

わかめ卵炒め、大根サラダ献立。

晩ご飯に、お弁当のおかずに、そして酒のつまみに、困った時は卵頼み。 などと卵への多大な

記事を読む

にら玉献立

にら玉、新玉ねぎと釜上げえびの和えもの献立。

偏食に拍車がかかりそうです。 元々野菜至上主義者ではあったのですが、頼りにしていたご近

記事を読む

手羽先のローズマリー焼き

ワンプレートに白ワイン 手羽先と野菜のローズマリー焼きで昼酒。

先日ワインを飲んだ時に、つまみを一皿に盛ればよかったな、と思ったものですから。 関連

記事を読む

色あせた日常の底上げ、ポイントはふたつ。

大型連休も終了し、通常モードに戻りました。あーあ。 昨年のゴールデンウィークは特に何も

記事を読む

きのこスープ

ひとんちの食の不思議ときのこスープ。

旅行中は普段と生活サイクルが異なり、食事の内容も、時間も、量も変わるので、どうしても体が重く

記事を読む

ハリハリ鍋

家飲み献立 3/10 ハリハリ鍋。

東京はカラリと晴れています。 早朝から洗濯物を干して、ああ、今日も生きているなあと。

記事を読む

健康診断の心電図「洞性徐脈」って何?

別室に連れて行かれたのは、単なるオペレーションの変更によるものでした。 健康診断終了後

記事を読む

野菜たっぷり晩ご飯 9/24 鶏スープ春雨。

昨夜はなんとなく肉々しかった。 よって、本日は野菜多めで簡単なメニューにしよう、と決め

記事を読む

豚肉ときくらげの炒め物

豚ときくらげの卵炒め、トマトと三つ葉のサラダ。

小学校の時、初めての調理実習のメニューは「野菜炒め」だったような気がする。 「炒める」

記事を読む

豚しゃぶと菜の花の胡麻和え

家飲みメニュー 豚しゃぶと菜の花の胡麻和え、蕪の梅昆布サラダ。

蕪は魅力的だけれど難しい野菜。 きれいな葉付きの大根にはあまりお目にかかれないけれど、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑