菜の花とまぐろのごま和え、焼きさつま揚げで家飲み。

公開日: : 最終更新日:2018/11/14 家飯, 食べること ,

菜の花とまぐろのごま和え

残り物総動員といった感のある献立。

さつまあげ、まぐろ、豆腐、なんかタンパク質多いですね。

実は最初はさつま揚げをセンター位置に据えたバージョンで撮影していたのですがどうにもまぐろ+菜の花の華やかコンビが迫り出してくるのでおとなしくセンターに昇格させて撮り直したのです。

さつま揚げも十分メインを張れる力量は持っているんですけどね。

菜の花とまぐろのごま和え、焼きさつま揚げ献立

菜の花とまぐろのごま和え献立

  • 豆腐と青梗菜の味噌汁
  • 白菜サラダ
  • 焼きさつま揚げ
  • 菜の花とまぐろのごま和え

豆腐と青梗菜の味噌汁

青梗菜と豆腐の味噌汁

本日の味噌汁は豆腐に青梗菜。青梗菜はどちらかといえば中華寄りのスープに使うことが多くて味噌汁にすることはないのだけど余っていたもので。出汁はいりこ出汁です。

白菜サラダ

白菜サラダ

横方向に切って水にさらした白菜に塩昆布、かつお節、ごまを乗せ、オリーブオイルとポン酢で調味した毎度お馴染み白菜サラダ。白菜は中心部分の甘くて柔らかい部分を使うのがポイント。くったり柔らかく煮たのも抜群ですが、生の白菜もしゃくしゃく旨いです。

焼きさつま揚げ

焼きさつま揚げ

さつま揚げをフライパンでこんがり焼いただけ。たっぷりのさらしネギとおろししょうがを添えて醤油で。

菜の花とまぐろのごま和え

菜の花とまぐろのごま和え

まぐろの赤身と菜の花をすりゴマ、しょうゆ、ごま油で和えたもの。

残り物のまぐろがづけっぽくなって美味しいのだけど、菜の花はおひたしにしてからまぐろと合わせたほうがよかったな、と食べてから思いました。色合いは文句なしに美しいですね、さすがセンター奪取しただけのことはあります。

日本酒にあうおつまみレシピ

久しぶりにさつま揚げなんぞを購入したら思いのほか量があって連日食べる羽目になってしまいました。が、煮ると焼くとでは気分が変わるってもんでこれはこれでいい酒のつまみ。さつま揚げとか油揚げとか厚揚げあたりをただ焼いてしょうが醤油でいただくのは簡単で間違いないという点で日本酒のつまみとして本当に優秀ですよね。偉い。

などとクイーンまぐろを差し置いてさつま揚げを褒め称えているのはセンター陥落の慰めというわけではありません。

 




関連記事

チキンソテー ワイン

ワインで家飲み 鶏もも肉のソテー、小松菜のオイル蒸し。

今日はアレが食べたいだのコレが呑みたいだの、食べることに気が回るのは元気な証拠。 と常

記事を読む

沖縄の酒 黎明

沖縄の酒 黎明 本醸造で晩酌 ソーキと大根のスープ煮、れんこんの黒酢炒め献立。

約2年に渡り続けてきた日本全国酒巡り、いよいよ完結です。 関連 勝手に日本酒全国ツアー

記事を読む

さつまいものにんにく焼き

さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活を送っているもので、季節の変わ

記事を読む

家飲み献立 10/22 肉じゃが(豚)他全5品で晩酌。

ひえー、寒い。 ここ数日ちょっと気温が高かったので油断していましたが、さむーい。 今

記事を読む

白菜とツナのうま煮

白菜とツナのうま煮、蒸し鶏とピーマンの塩昆布和え献立。

毎日の晩酌で並べているのは「名もないつまみ」ばかりです。 「筑前煮」とか「ビーフコロッ

記事を読む

原了郭 黒七味 詰め替え

原了郭の黒七味を銀座で調達。

先日銀座でふと思い出し、いそいそとデパ地下へ。 私の数少ない愛用調味料である黒七味が切

記事を読む

家飲み献立 11/10 鯖と白菜の煮物他全5品で晩酌。

いやあー、今日は暖かかったですね。久しぶりにごついアウターなしで薄手のパーカーだけで外出でき

記事を読む

豚薄切り肉レシピ

晩酌献立 9/30 蕪の葉と豚肉の生姜ポン酢和え、きのこと豆腐のスープ。

無駄に葉野菜が好きなのですが、安く出ているとついつい手に取ってしまうのが蕪。 葉と本体

記事を読む

家飲み献立 10/21 豚と白菜のかさね蒸し、ニラだれ温奴など。

私の趣味のひとつにご近所店舗パトロールというのがあります。 これは帰り道に点在しているスー

記事を読む

豚の梅しそ蒸し献立

豚肉の梅しそ蒸し、蕪と揚げの味噌汁献立。

これは大葉が余るかもしれない。 家を空ける時点で食材をきれいさっぱり使い切らないと気が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑