新潟の酒 菊水 純米吟醸ひやおろしで晩酌 茄子の辛味噌炒め、温奴。

公開日: : 最終更新日:2016/09/26 家飯, 食べること ,




菊水純米吟醸ひやおろし

最近ではスーパーでもいろんな日本酒が買えるようになっているけれど、やっぱり酒屋のほうがいろいろ見れて楽しいよね。

そう思って目に付いた酒屋に立ち寄ってみたら、そこはどうやら宅配便やクリーニングの取次やらがメイン業務になりつつあるようで、酒類の取り扱い数はさほど多くはありませんでした。老夫婦が経営する昔ながらの店なので、ネット販売もやってないだろうしなあ。が、せっかく入ったので1本購入して帰宅。

関連 勝手に日本酒全国ツアー 自宅で全国酒巡り

今回は新潟です。

菊水 純米吟醸ひやおろし(新潟県・新発田市)

菊水純米吟醸ひやおろし

またまた純米吟醸ひやおろし。瓶が爽やかでいいですね。
菊水というとスーパーで並んでいる缶酒を真っ先に思い浮かべますが。

参考 口火を切って、ロングセラー(菊水酒造)

1972年11月に生原酒を日本で初めて商品化した、元祖生酒である。

なるほど、パイオニアだったか。どこでも手軽に手に入る酒ってのもまたありがたいものです。

さて今回の酒、味わいは中口。香りが穏やかでひっかかりがない素直な酒なので食中酒にはなかなかいいのではないでしょうか。このクセのなさ、悪く言えば個性に欠けるんですが普段日本酒はあまり呑まないなあ、という人でも抵抗なく受け入れられそうな気がします。燗にしたらまた印象が変わるだろうけど、この軽快さはやっぱりちょっと冷やして呑むのが合いそうだなあ。

菊水 純米吟醸 ひやおろし データ

蔵元 菊水酒造(新潟県・新発田市)
種類 純米吟醸
精米歩合 55%
日本酒度  +3
酸度  1.35
アルコール度  15%

 

茄子の辛味噌炒めで家飲み

茄子の味噌炒め献立

  • 糠漬け
  • 葱と卵のスープ
  • キャベツの煮浸し
  • 温奴
  • 茄子の辛味噌炒め

糠漬け

糠漬け

本日の糠漬けは茄子、にんじん、キャベツ。食材かぶり甚だしいですが。

葱と卵のスープ

葱と卵のスープ

水溶き片栗粉で強めにとろみをつけた鶏ガラスープに葱と卵を入れてふんわりまとめたスープ。

キャベツの煮浸し

キャベツの煮浸し

昨日の鍋用に準備した出汁がやや多かったので少しよけてキャベツを煮ておきました。

温奴

温奴の水菜添え
さっと温めた豆腐にお湯をかけて絞った水菜を添えた温奴。鰹節とポン酢でいただきます。

茄子の辛味噌炒め

茄子の辛味噌炒め
味噌、醤油、酒、水を合わせてタレを作っておきます。フライパンに油を引き、乱切りにした茄子を入れて時々返しながら蓋をして蒸し焼きにして、柔らかくなったところで塩、胡椒、酒、片栗粉で下味をつけたおいた豚薄切り肉と唐辛子、生姜、ピーマンを加えて炒め合わせます。全体的に火が通ったら合わせておいた味噌タレを投入して水分を飛ばすように炒め煮にすれば完成。

茄子とピーマン、ってなんだか夏っぽいメニューですが、ご飯に合うおかずは酒にも合うってことで。

日本酒にあうおつまみレシピ

最近突然味噌が登場していますが、そうなんです、久しぶりに味噌を導入しました。
基本的に家で白米を食べないので味噌汁の登場機会が少ないことからずっと置いていなかったのですが、たまにはいいかな、と。しかも、珍しく麦味噌を選択。

本当は今日みたいな料理なら甜麺醤がいいんだけども、味噌も料理に合わせてあれこれ揃え始めるとキリがないってことでこれひとつを暫く使いまわします。炒め物にしたり焼き葱に添えたり、野菜や肉を漬けたりもできるし、おやつとして常備している素焼きアーモンドと和えてもいいつまみになるんですよねえ。

久しぶりの味噌、結局のところ味噌汁よりもつまみに使うパターンが多くなりそうな気配です。

 




関連記事

白ワインで家飲み 豚もも肉のソテーフレッシュトマトソース。

以前から週末はワインに合わせた料理になることがなぜか多かった我が家。 ここ暫くは月曜日

記事を読む

喜楽長辛口純米吟醸

滋賀の酒 喜楽長辛口純米吟醸で家飲み 油揚げの甘辛煮、豚肉の梅しそ和え。

愛知が飛んでしまっていますが、滋賀の酒があったのでとりあえず近畿へ突入。 関連 勝手に

記事を読む

かつおのたたき献立

かつおのたたき、白菜の塩昆布蒸し献立。

これくらいのサイズなら、どうにか戦えそうではある。そう判断して、かつおを柵で入手しました。

記事を読む

一人暮らしの夜ご飯 8/6 夏に嬉しい、火を使わないメニュー。

ふう。 全然降りませんねえ、東京。 各位、熱中症には十分お気をつけくださいませ。 今夜のメニュ

記事を読む

プーパッポンカリー 一人

一人でもプーパッポンカリーが食べたい!バンコク女性一人旅の食事 その2。

さて、前回の続きです。 参考 一人でもマッサマンカレーが食べたい!バンコク女性一人旅の

記事を読む

シンプルライフの成れの果て。

普段は朝と夜の1日2食体制を基本としていますが、誰かと一緒にとか、打ち合わせを兼ねて、なんて

記事を読む

たたきこんにゃくのしょうが焼き 献立

家飲み献立 3/21 たたきこんにゃくのしょうが炒め、三つ葉のサラダ。

さあ、どんどん夕食のメニューが怪しくなってきました。 極端に緑が多い色合いの悪さは毎度

記事を読む

一人暮らしの鍋料理 11/7 ひとりモツ鍋、柚子白菜で焼酎。

これからの季節、鍋確率が跳ね上がるよ! と、昨夜宣言したばかりですが今夜も鍋です。

記事を読む

大根葉と油揚げの炒め煮献立

大根葉と油揚げの炒め煮、きのこおろし献立。

大根は煮たり焼いたりおろしたり、どんな風に扱うのも好きです。 そして、大根葉も好きです

記事を読む

鶏出汁春雨

一人暮らしの夜ご飯 2/22 鶏出汁春雨、キャベツと海苔のサラダ。

なんと! 昨夜はものすごーく久しぶりに酒を抜きました。 前回酒を1滴も呑まなかったの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ大作戦2020。

「お腹ぶよぶよ大作戦」とは、これからお腹をぶよぶよにするぞという意気

→もっと見る

PAGE TOP ↑