40過ぎたら年考えて服を着ろ、の理由。

公開日: : 最終更新日:2018/08/27 ファッション, 生き方と考え方

skirt2

先日、某webメディアに掲載されていた40代の女性が着てはいけないTシャツ云々の記事が轟々と燃えていました。

Twitterのタイムラインをざっと眺めただけでも本件に関してかなり多くの方が言及されていたので、そこそこ話題になっていたのでは。しかし論争がまたまた愉快な方向に伸びていてよかった。

100年の恋も冷める、がっかりファッション。

単に苦言を呈するだけでなく、話の矛先を笑いに変えていく姿勢、本当に好き。

40過ぎたら年考えて服を着ろ、の理由。

skirt

さて当該記事の内容は、よくあるタイプの40代女性に対する辛口ファッション指南。あれはダメ、これはイタい、などと40女が決してやってはならぬ系呪いフレーズのオンパレードで埋め尽くされており、ではどうすればいいのかというポジティブな提案が一切なかった点に違和感を抱いた方が多かった模様です。

巷で度々勃発するこの手の論争。最近では、鞄ネタも近い内容でしたね。

使い勝手全振りトート 女の価値は鞄でわかる。

男性発信か女性発信かという違いはあるものの、ダメダメダメよの呪いという意味では同胞。

さて、ここからはわたくしの完全なる憶測ですが。

件のシリーズは担当ライターが持ち込んだ企画ではなく、「40代のNGファッションについて辛口で書いて欲しい」という編集サイドからのリクエストによるものではないでしょうか。

いや、持ち込みかもしれませんが、いずれにせよ編集サイドがOKを出している時点で、この記事が媒体的に非常に好ましいものであったのは確かかと思われます。

なぜ好ましいかといえばそりゃ、アクセスが稼げるから。

私のファッション、もしかしてイタい?

春の初めのコーディネイト

この手のサイトはどんな記事がよく読まれるか、どんなネタを投下すべきかを綿密に計算した上でコンテンツを作成しているはずなので、40代のNGファッションシリーズも当然、アクセス狙いの確信犯であることは明らかです。

ということは、やっぱり多いんですよ。

「40過ぎてこんな服着てていい?私のファッション、もしかしてイタい?」

なんて、ふと不安になって、ついつい検索かけちゃう40代女性が。

ただ好きなだけではもうダメなのかも、もっと年考えないとヤバい?と、自分の選択に自信を持てない人が。

決められない理由と優柔不断を治す方法。

ファッションに100点満点の正解なんてないけれど、「好きな服を着たいように着る」は、おそらく90点くらいの正解。それは、誰でもわかっていること。ビジネスやフォーマルな場でのマナーとしての装いルールを別とすれば、ファッションなんて所詮趣味の範疇ですからね。

シンプルなファッションはつまらない。

ああそれなのに。わかっちゃいるのに、好きな服を堂々と着る自信のある人は実は少なくて、みんな時々不安になって、第三者目線を得るべくその筋の方々の意見や一般論を求めてうっかり検索してしまう。そしてヒットした呪いの記事を読んで、ええい、やかましいわ!と反発する。

人の弱みにつけこむだけの薄っぺらい記事を読んでしまった自分に呆れた後は、さっきまでの悩みはすっかり吹っ切れて、好きな服を着たいように纏い、颯爽と出かけていくのだ。

40代の痛いファッション。

年齢を気にするあまり、好きな服も着られなくて何がロックか!そう堂々とできる自信のある人は、案外少ない。でも、あれもダメ、これもダメ、と個人の好みや自分らしさの追及よりおばさんらしさこそを優先せよの集中砲火を受けて初めて、ああうるさいめんどくさい、もうどうでもいいわ、好きなもの着るわ!となる。

そう考えれば、この手の呪い記事ってのも、案外我々の生活に役立ってるのかもしれません。なんて、これまた都合よく解釈しすぎですかね。毎度能天気ですみません。

あの方とのお付き合いすら、都合よく・夏。

 




関連記事

EMILIO PUCCIのボストンをご近所使いに。

服はかなり減ったものの、鞄と靴がまだまだ多い気がするこの頃。 靴は少々妥協して持ってい

記事を読む

作業効率、環境づくり。動けなくなって改めて考えたこと。

By: Thomas Duesing[/caption] 腰の痛みに翻弄された今週。

記事を読む

あまりにもマイペースな人。

「Hi,crispy do u remember me?」 週末の夜に届いた短いメール

記事を読む

秋ファッション、おばさんも出したいところは出せばいい。

週末、出かけようとして突然の気温低下に悩む。 なんだなんだ、急に寒くなっちゃって、寂し

記事を読む

5年以上同じ靴ばかり履き続けている女。

5年以上同じ靴を履き続けている女。それは、私です。ギョサンの便利さについてねちねち書き連ね

記事を読む

ハゲをハゲと罵っても構わないというロジック。

次は、高輪ゲートウェイ。高輪ゲートウェイでございます。 アナウンスで新駅が開業していた

記事を読む

自由きままに生きることの不自由さ。

By: Lauren McKinnon[/caption] 自由とは、辞書によれば 「

記事を読む

70歳のライフプランシート。

By: Anthony Easton[/caption] 月曜日にふと気がついて検索してみたら、

記事を読む

生ラディッシュ

食べることが楽しみ、は虚しいか。

By: Ken Hawkins[/caption] 先日SNSにポストされる写真の傾向に関す

記事を読む

自分で仕事を作る方法、副業、複業、週末起業。

By: markus spiske[/caption] それなりの規模のきちんとした企業にお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑