40過ぎたら年考えて服を着ろ、の理由。

公開日: : 最終更新日:2018/08/27 ファッション, 生き方と考え方

skirt2

先日、某webメディアに掲載されていた40代の女性が着てはいけないTシャツ云々の記事が轟々と燃えていました。

Twitterのタイムラインをざっと眺めただけでも本件に関してかなり多くの方が言及されていたので、そこそこ話題になっていたのでは。しかし論争がまたまた愉快な方向に伸びていてよかった。

100年の恋も冷める、がっかりファッション。

単に苦言を呈するだけでなく、話の矛先を笑いに変えていく姿勢、本当に好き。



40過ぎたら年考えて服を着ろ、の理由。

skirt

さて当該記事の内容は、よくあるタイプの40代女性に対する辛口ファッション指南。あれはダメ、これはイタい、などと40女が決してやってはならぬ系呪いフレーズのオンパレードで埋め尽くされており、ではどうすればいいのかというポジティブな提案が一切なかった点に違和感を抱いた方が多かった模様です。

巷で度々勃発するこの手の論争。最近では、鞄ネタも近い内容でしたね。

使い勝手全振りトート 女の価値は鞄でわかる。

男性発信か女性発信かという違いはあるものの、ダメダメダメよの呪いという意味では同胞。

さて、ここからはわたくしの完全なる憶測ですが。

件のシリーズは担当ライターが持ち込んだ企画ではなく、「40代のNGファッションについて辛口で書いて欲しい」という編集サイドからのリクエストによるものではないでしょうか。

いや、持ち込みかもしれませんが、いずれにせよ編集サイドがOKを出している時点で、この記事が媒体的に非常に好ましいものであったのは確かかと思われます。

なぜ好ましいかといえばそりゃ、アクセスが稼げるから。

私のファッション、もしかしてイタい?

春の初めのコーディネイト

この手のサイトはどんな記事がよく読まれるか、どんなネタを投下すべきかを綿密に計算した上でコンテンツを作成しているはずなので、40代のNGファッションシリーズも当然、アクセス狙いの確信犯であることは明らかです。

ということは、やっぱり多いんですよ。

「40過ぎてこんな服着てていい?私のファッション、もしかしてイタい?」

なんて、ふと不安になって、ついつい検索かけちゃう40代女性が。

ただ好きなだけではもうダメなのかも、もっと年考えないとヤバい?と、自分の選択に自信を持てない人が。

決められない理由と優柔不断を治す方法。

ファッションに100点満点の正解なんてないけれど、「好きな服を着たいように着る」は、おそらく90点くらいの正解。それは、誰でもわかっていること。ビジネスやフォーマルな場でのマナーとしての装いルールを別とすれば、ファッションなんて所詮趣味の範疇ですからね。

シンプルなファッションはつまらない。

ああそれなのに。わかっちゃいるのに、好きな服を堂々と着る自信のある人は実は少なくて、みんな時々不安になって、第三者目線を得るべくその筋の方々の意見や一般論を求めてうっかり検索してしまう。そしてヒットした呪いの記事を読んで、ええい、やかましいわ!と反発する。

人の弱みにつけこむだけの薄っぺらい記事を読んでしまった自分に呆れた後は、さっきまでの悩みはすっかり吹っ切れて、好きな服を着たいように纏い、颯爽と出かけていくのだ。

40代の痛いファッション。

年齢を気にするあまり、好きな服も着られなくて何がロックか!そう堂々とできる自信のある人は、案外少ない。でも、あれもダメ、これもダメ、と個人の好みや自分らしさの追及よりおばさんらしさこそを優先せよの集中砲火を受けて初めて、ああうるさいめんどくさい、もうどうでもいいわ、好きなもの着るわ!となる。

そう考えれば、この手の呪い記事ってのも、案外我々の生活に役立ってるのかもしれません。なんて、これまた都合よく解釈しすぎですかね。毎度能天気ですみません。

あの方とのお付き合いすら、都合よく・夏。

 




関連記事

moalboal_2016_34

誰だって、いつでもいちばん欲しいもの。

今回のセブ島滞在では多くのセブっ子と話す機会があったので、ネタになるかなという軽い気持ちで会

記事を読む

By: Lord Jim

盛らない生き方。

By: David[/caption] 先日いただいたご質問にお答えする記事を書きました。

記事を読む

東京タワー

40代東京一人暮らし、早く引っ越ししてほしい。

1LDKなんて絶対反対断固拒否。私の部屋がないじゃないか。 そうひと暴れしてから早数ヶ

記事を読む

By: Vincent Anderlucci

今日捨てたもの 冬に向けての衣替え。

By: Vincent Anderlucci[/caption] 明日からいよいよ12月で冬

記事を読む

少ない服で着回す秋

去年の自分はもういない 秋のファッション計画 2016。

まだまだ油断はできないけれど雨が多くなんだか秋めいてきた今日この頃。 あれこれ他のこと

記事を読む

suginami_45

満たされない毎日の過ごし方。

先日は久しぶりに酒を抜きました。 フィリピン滞在中は酒が飲めない環境だったもので、飲む

記事を読む

デニムワイドパンツの着こなし

ワイドデニムの秋 カジュアルを手抜きにしない方法。

By: Scott Robinson[/caption] 急に寒くなってオタオタしております

記事を読む

By: Joe Shlabotnik

モノがあったら幸せなのに。モノがなければ幸せなのに。

来月久しぶりに日本を離れる、と書きました。 参考 最低限の英語。 期間は約40日

記事を読む

By: Team Dalog

続・2015年の運勢を占う。

By: Team Dalog[/caption] おっと、年末の挨拶を済ませたのにまた出てき

記事を読む

By: chrisada

履かない靴は、売る?処分? それでもまだ持ち続けている。

By: J. Triepke[/caption] 日が長くなったな、と気づく今日この頃。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

焼きかぶ
冬限定の定番道具、これでよかった。

またうっかりかぶを買ってしまった。 一粒で二度おいしいお

ny_dt_39
なければないで済んだのに、手放せなくなるものがある。

師走に入り初の平日、6時外出。 これは、いよいよか。開幕

きのこと白菜の味噌汁 ぬか漬け 白菜サラダ さんま梅煮
さんまの梅煮、白菜サラダ献立。

ブログの更新頻度が幾分ゆるやかになったので、どうにも写真がたま

ny_dt_44
人生100年時代、会社を辞めたおじさんおばさんはどこにいるのか。

奥さん、師走です。 今月で2019年も終了なんですってね

白菜とツナのうま煮
白菜とツナのうま煮、蒸し鶏とピーマンの塩昆布和え献立。

毎日の晩酌で並べているのは「名もないつまみ」ばかりです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑