40過ぎたら年考えて服を着ろ、の理由。

公開日: : 最終更新日:2018/08/27 ファッション, 生き方と考え方

skirt2

先日、某webメディアに掲載されていた40代の女性が着てはいけないTシャツ云々の記事が轟々と燃えていました。

Twitterのタイムラインをざっと眺めただけでも本件に関してかなり多くの方が言及されていたので、そこそこ話題になっていたのでは。しかし論争がまたまた愉快な方向に伸びていてよかった。

100年の恋も冷める、がっかりファッション。

単に苦言を呈するだけでなく、話の矛先を笑いに変えていく姿勢、本当に好き。

40過ぎたら年考えて服を着ろ、の理由。

skirt

さて当該記事の内容は、よくあるタイプの40代女性に対する辛口ファッション指南。あれはダメ、これはイタい、などと40女が決してやってはならぬ系呪いフレーズのオンパレードで埋め尽くされており、ではどうすればいいのかというポジティブな提案が一切なかった点に違和感を抱いた方が多かった模様です。

巷で度々勃発するこの手の論争。最近では、鞄ネタも近い内容でしたね。

使い勝手全振りトート 女の価値は鞄でわかる。

男性発信か女性発信かという違いはあるものの、ダメダメダメよの呪いという意味では同胞。

さて、ここからはわたくしの完全なる憶測ですが。

件のシリーズは担当ライターが持ち込んだ企画ではなく、「40代のNGファッションについて辛口で書いて欲しい」という編集サイドからのリクエストによるものではないでしょうか。

いや、持ち込みかもしれませんが、いずれにせよ編集サイドがOKを出している時点で、この記事が媒体的に非常に好ましいものであったのは確かかと思われます。

なぜ好ましいかといえばそりゃ、アクセスが稼げるから。

私のファッション、もしかしてイタい?

春の初めのコーディネイト

この手のサイトはどんな記事がよく読まれるか、どんなネタを投下すべきかを綿密に計算した上でコンテンツを作成しているはずなので、40代のNGファッションシリーズも当然、アクセス狙いの確信犯であることは明らかです。

ということは、やっぱり多いんですよ。

「40過ぎてこんな服着てていい?私のファッション、もしかしてイタい?」

なんて、ふと不安になって、ついつい検索かけちゃう40代女性が。

ただ好きなだけではもうダメなのかも、もっと年考えないとヤバい?と、自分の選択に自信を持てない人が。

決められない理由と優柔不断を治す方法。

ファッションに100点満点の正解なんてないけれど、「好きな服を着たいように着る」は、おそらく90点くらいの正解。それは、誰でもわかっていること。ビジネスやフォーマルな場でのマナーとしての装いルールを別とすれば、ファッションなんて所詮趣味の範疇ですからね。

シンプルなファッションはつまらない。

ああそれなのに。わかっちゃいるのに、好きな服を堂々と着る自信のある人は実は少なくて、みんな時々不安になって、第三者目線を得るべくその筋の方々の意見や一般論を求めてうっかり検索してしまう。そしてヒットした呪いの記事を読んで、ええい、やかましいわ!と反発する。

人の弱みにつけこむだけの薄っぺらい記事を読んでしまった自分に呆れた後は、さっきまでの悩みはすっかり吹っ切れて、好きな服を着たいように纏い、颯爽と出かけていくのだ。

40代の痛いファッション。

年齢を気にするあまり、好きな服も着られなくて何がロックか!そう堂々とできる自信のある人は、案外少ない。でも、あれもダメ、これもダメ、と個人の好みや自分らしさの追及よりおばさんらしさこそを優先せよの集中砲火を受けて初めて、ああうるさいめんどくさい、もうどうでもいいわ、好きなもの着るわ!となる。

そう考えれば、この手の呪い記事ってのも、案外我々の生活に役立ってるのかもしれません。なんて、これまた都合よく解釈しすぎですかね。毎度能天気ですみません。

あの方とのお付き合いすら、都合よく・夏。

 




関連記事

手湿疹ケア1ヶ月

軽い鞄、汚れた女疑惑のその後。

購入してからまだ2ヶ月しか経っていないのにどういうこと? もしかして私はベトネベートハンドな

記事を読む

行き方を他人に委ねて生きている。

一人でタクシーに乗るのがあまり好きではないので極力使わない派なのですが、行き先によってはそう

記事を読む

ストール

少ない服の着まわし、失われた季節感。

まさか7月にジャケットを引っ張り出す羽目になろうとは。 東京はここしばらく、やけに肌寒い朝

記事を読む

美魔女とマニアと身軽な人生。

By: Jenn Durfey[/caption] 白髪問題について散々書いていますが。

記事を読む

あちらのお客様からです(スッ)。

By: Gavin St. Ours[/caption] ドラマでよくあるバーでのシチュエー

記事を読む

疲れやストレスが原因で歯が痛むことはあるのか。

歯が痛い。 先週だったでしょうか、久しぶりにそんな感覚がやってきました。 歯科通

記事を読む

秋・2週間の旅の荷物 ナイロントートひとつでまかなえるか。

約2週間の旅の荷物。 冬場は難しいとしても、今の時期ならば普段使いのナイロントートで十

記事を読む

モノがあったら幸せなのに。モノがなければ幸せなのに。

来月久しぶりに日本を離れる、と書きました。 参考 最低限の英語。 期間は約40日

記事を読む

40代の服選び。もう楽な服しか着たくない!

雑誌「クロワッサン」の最新号がファッション特集です。 テーマは「シックでおしゃれは譲れないけど

記事を読む

積み重ね、積み減らす。2019年やることリスト。

今年の目標を紙に書き出して壁に貼り付けておく。そんな受験生方式を取り入れて、早3年目となりま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑