いわしの塩焼き、ほうれん草のサラダで赤ワイン。

公開日: : 家飯, 食べること ,




イワシの塩焼き

つい先日も同じメニューを食べたところなんですが。

いわしの塩焼きじゃがいも添え、和ハーブサラダ献立。

あまりに旨かったのと、次は赤ワインに合わせてみたいと考えたのとで、短いスパンでの再登場となりました。

今回は赤ワインを意識して、そのまま丸まま焼きますよ。

いわしの塩焼きじゃがいも添え、ほうれん草とベーコンのサラダで家飲み

180810_ienomi_8

  • ほうれん草とベーコンのサラダ
  • いわしの塩焼きじゃがいも添え

ほうれん草とベーコンのサラダ

ほうれん草とベーコンのサラダ

ざく切りにしたサラダほうれん草と刻んだくるみを胡椒とレモンで和え、うつわに盛ります。オリーブオイルを熱したフライパンで細切りにしたベーコンを炒め、カリッとしたらほうれん草にオイルごとかけます。パルメザンチーズを振って。

いわしの塩焼きじゃがいも添え

いわしの塩焼きじゃがいも添え

生のいわしに塩を振ってしばらくおき、水分を拭き取って粗塩を振って丸焼きに。うつわに盛って、蒸したじゃがいもを添えてみじん切りにしたパセリを振り、オリーブオイルをまわしかけます。食べる時にはレモンをギュッと絞って。

しかし、いわしの塩焼きという簡単すぎる料理がこんなにも旨く、そしてワインに合うなんて。

さらにはお手頃さも素晴らしいですからね。いわしとじゃがいもとレモンなんて、1人前の材料費百数十円でしょう。それなのにこの満足度、頼もしい。いわし偉い、ビバ大衆魚。

ワインを飲む日のおつまみ

さて、前回は腹を掻っ捌いてから焼きましたが、今回は丸ごと丸のまま。肝の風味と苦味が赤ワインによく合います。前回白に合わせたのもよかったし、これは迷うところですね。うれしい迷い。

と言っても、肝はそんなガツガツ食べません。気持ちだけ、香りだけ、ってことで。いえ、別に何を恐れているのでもありませんよ。

人生のど真ん中を失うということ。

とにかくすっかり気に入ったいわしの塩焼きwithワイン。今後も定番のメニューになりそうです。

欲を言えば炭火焼で仕上げたいところですが、まあこればっかりは家の作り的に叶わないので仕方なし。でも、お庭やベランダに七輪持ち出して魚焼いてる人を見ると、心底羨ましいです。もうじき、さんまの季節だしさ。

 




関連記事

切り昆布の煮もの

切り昆布の煮もの、青菜のおろし和え献立。

久しぶりに切り昆布を手にとる。 昆布の煮ものっていいですね。何せ、出汁を取らなくていい

記事を読む

潮汁

潮汁、えのきあんかけ豆腐献立。

ここのところ真っ当な和献立が続いていて、それなりに満足度が高かったのですが久々にやってしまい

記事を読む

きくらげと豆苗の卵炒め

きくらげと豆苗の卵炒め、レタスと海苔のサラダで晩酌。

久しぶりに焼き海苔を買いました。 普通に好きな食材ではあるものの、近頃は白米をあまり食

記事を読む

姫路城

世界遺産、万燈祭、アーモンドトースト 姫路は侮り難い街だった。

お出かけ系ポスト連打の今日この頃。 スペインの旅記録がまだまだ途中ですが、ちょっと場所を変

記事を読む

鰤の柚子胡椒焼き

ぬか床を1ヶ月間放置した結果。

ぬか床を長期間放置していました。期間は約1ヶ月。 もともと冷蔵庫で漬けるタイプのぬか床

記事を読む

ねぎと揚げの味噌炒め

ねぎと油揚げの味噌炒め、ぬか漬けとしらすのおろし和え献立。

家にあるものだけで完成する「飲めるつまみ」って、案外多い。 近頃の地味献立連打で益々そ

記事を読む

砂ずりのガーリックソテー

砂肝のにんにく炒め、蕪の煮浸し。

いやー、春っぽい。 出掛けに上着はいらないかな、と思ったものの帰り寒いのがイヤで結局着

記事を読む

じゃがいもと白ネギのアンチョビグラタンで白ワイン。

焼酎をあんまり飲まなくなったので、ここのところの晩酌はほとんどが日本酒。たまにワイン、夏にな

記事を読む

家飲み献立 11/21 VIRONのレトロドールにヴァッケビアンケで赤白ワイン。

ボジョレーとは無関係にワインを飲もうと決めた金曜日。 東京駅近くにいたので、前から試してみ

記事を読む

豚しゃぶと菜の花の胡麻和え

家飲みメニュー 豚しゃぶと菜の花の胡麻和え、蕪の梅昆布サラダ。

蕪は魅力的だけれど難しい野菜。 きれいな葉付きの大根にはあまりお目にかかれないけれど、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

砂肝とわけぎの炒めもの、三つ葉ときのこのおひたし献立。
砂肝とわけぎの炒めもの、三つ葉ときのこのおひたし献立。

砂肝って、冷凍できるんですね。 まあ、普通に考えたら肉だし、鶏だ

枝垂れ桜
これが最後の仕事になると思います。

早朝いつものカフェに行くと、さすがに営業時間短縮とのことで、閉まって

大事に扱われるのが、やたらうれしい。

少し前のことになりますが、初めてUberEatsを利用してみました。

自覚なき疲れを軽視しないで。

奥さん、4月です。 早くに桜も咲いたというのに、浮かれて花見もで

ミニマリスト主婦の冷蔵庫
持たない暮らしの備蓄。黒くて大きいあれがある。

日頃からストックを持たない人間にはなかなか難しい状態となってまいり

→もっと見る

PAGE TOP ↑