あちらのお客様からです(スッ)。

公開日: : 最終更新日:2016/11/10 生き方と考え方

ドラマでよくあるバーでのシチュエーションについて友人と語っておりました。

バーカウンターで一人グラスを傾ける女性、1杯目のギムレットがそろそろ空くタイミングでさて次のオーダーをしようかそれとも、とマスターの背後に並んだボトルを眺めるともなく眺めているとそっと差し出される紅色のカクテル。

「あちらのお客様からです」

マスターが促す先に目をやれば、カウンターの端に座ったナイスミドルが右手のグラスを遠慮がちに差し出しエア乾杯の仕草。

キモいですね。

あちらのお客様からです(スッ)

cocktail2.min

キモい、とか言っちゃいましたが現実世界ではこういうオーダーがあった場合お店の方がやんわりと断るか予め女性側の了承を得た上でスッとやるもののようです。しかし思い返せば私、この経験あります。自分でオーダーしていないものが目の前に出てきて

「あちらのお客様からです」

と言われたことが。

まあ場所はバーじゃなく駅前の焼き鳥屋で、スッと出てきたのはカクテルじゃなくてレバーパテでしたが。そしてカウンターの端におられた「あちらのお客様」は見知らぬナイスミドルではなく知人の兄さんでしたが。

関連 勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円。

件のシチュエーションとは大きく異なるというかもはや原型すら留めていない気もしますが、まだオーダーしてないのに突然提供された大好物のレバーパテは殊の外嬉しく、さすが兄さんカッコイイわあと同席していた友人と歓喜の祝杯を上げたのでした。

さりげなさって難しい

奢るとか奢られるとかそういうこととは関係なくスマートかつ決して恩着せがましくない気遣いって実はかなり難しい。お店での振る舞い方にはやたら煩い反面同行者には気を遣えていなかったり「気の利く人の行動パターン30」みたいな自己啓発書に書かれてあるようなどうでもいいおせっかいをむやみやたらと繰り出したりと実は思いっきりトホホな状況なのにそれで悦に入ってしまう悲しさよ。けれど、その空回りの努力こそが愛すべき姿であったりするからさらに悩ましい。

と、ややこしいことばかり考えてしまう私は気遣いのキの字にも触れることなく今日も地蔵のごとく立ち尽くすのである。

「あちらのお客様からです(スッ)」

から飛躍してまたもや自分の不甲斐なさに着地してしまいましたが話を元に戻して、こういうシーンって割と誰でもドラマでよくあるアレと認識しているであろう定番シチュエーションですよね。でもどのドラマもしくは映画でこのシーンがみられるのかと問われれば具体的なタイトルがすぐには思い浮かばない謎定番。

実は我々の勝手なイメージで「よくあるアレ」と思い込んでいるだけで、実際のところは劇中でさほど頻繁に使われるシチュエーションでもないのかもしれないなあ。調べたことないからわからないけど、どうなんでしょ。




関連記事

30代、40代 大人のシェアハウス生活は本当に「地獄」なのか。

中年世代のシェアハウス利用について。おそらくかなりの編集、という名の脚色がなされているのでし

記事を読む

おひとりさま 孤独を美化して推奨するべからず。

いやほんとごめんなさい。そういうつもりじゃなかったんだってば。 誰からも責められちゃい

記事を読む

携帯電話やパソコンの画面を覗き込むのはマナー違反?

By: Steve Harris[/caption] 先日気分転換に外で作業をしようと某コー

記事を読む

儲け話を断れないのは性格だけの問題じゃない。

最近はめっきり無形商材なのですね。 友達から誘われて断れる? 「モノなしマルチ商法」若

記事を読む

足るを知る、が幸せのカギ?それでも私は贅沢がしたい。

By: Roderick Eime[/caption] 足るを知る者は富む、ということわざが

記事を読む

47歳からのニューヨーク留学 夢と現実と厳しさと。

先日ちらっと触れた本、読み終わりました。 白髪のロングヘアが与える印象。 「9番

記事を読む

40代、50代の望まない転職・再就職事情。

友人がこの度転職することになりました。 私より少し年上なのでまもなく50代にさしかかる

記事を読む

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図

2年ほど前に話題になっていた「ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図」を

記事を読む

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は毎年結構楽しみにしているし。そ

記事を読む

生活系YouTuberおじさん、おばさんに思うこと。

天気がイマイチよくないし、特に出かける用事もない。で、1日中ゴロゴロだらだらと過ごしていた

記事を読む

Comment

  1. kyoko より:

    これ、経験あります。
    びっくりしましたけど、安心できるお店であったのと、一度それを試してみたかったんだって、というお店からの解説のもと、そんなおひともおるんですね、と頂きました。ギムレットだった記憶。

    個人的には、西部劇よろしく、カウンターにウイスキー滑らせるのが憧れで、やらせてもらったことがあります。

    ドラマや映画は、日常にふくらし粉いれたものでしょうから、やはり絶対数は少なくとも、脈々とあると出来事なんだと思います。

    • crispy-life より:

      kyokoさん

      おお!経験者来る、カッコイイ!

      >一度それを試してみたかったんだって

      そうそう、友達ともこんな話になったのでした、一回やってみたいor目撃してみたいよね、と。このシーンが見られるのはお客さんとお店との信頼関係がしっかりしているお店、ということになりそうですね。

      事実は小説より奇なりと言いますし、ドラマ的なシーン、そしてその上を行く驚きの場面も日常にあるにはあるのでしょう。いやはや、勉強になりました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑